愛犬の血糖値が正常なのかどうか、飼い主さんは日頃から気にしてあげているでしょうか? この記事では犬の血糖値について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬の正常な血糖値は?


——犬の正常な血糖値とはどれくらいですか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「空腹時の犬の血糖値は60〜100mg/dlです。愛犬の血糖値を知りたいと思ったときには、血液検査で測定できます」

犬の血糖値が異常なときに考えられる原因は?

——血糖値に異常があるとき、どのような原因が考えられますか?

獣医師:
「血糖値が高い場合と低い場合で、それぞれ原因を見ていきましょう」

犬の血糖値が高い原因

獣医師:
「血糖値が高いときには、糖尿病の可能性が考えられます。糖尿病は、膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンが不足することで起こります。インスリンは血糖値を下げる働きがあり、不足すると糖尿病になり高血糖の状態が続き、さまざまな症状を呈するようになります。

また、副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患に伴い、高血糖になることもあります。

糖尿病だけを発症しているのか、他の病気を併発しているのか、しっかりと検査で鑑別して治療をすすめなければ、病態を改善することはできません。

糖尿病の場合は血糖値をはかり、血糖値を下げる働きのあるインスリン製剤を注射します」

犬の血糖値が低い原因

獣医師:
「低血糖は、生後3カ月ぐらいまでの子犬に起こることが多いです。原因は、食欲不振、ストレス、下痢、寒さ、先天性の病気などで、十分な栄養(糖分)がとれないことで血糖値が下がると起こります。

低血糖は命に関わるため、一刻を争います。症状がみられたら、直ちに糖分の補給を行います」

糖尿病の犬にみられる症状は?

——糖尿病になると、どのような症状がみられるようになりますか?
獣医師:
「たとえば…

肥満、また削痩(糖尿病の初期は肥満、末期は削痩します)多飲多尿がみられる食欲旺盛なのに痩せてくるシニア期に入って、なんとなく元気がないといった特徴がみられるほかに、プードル、ダックス、テリア、シュナウザーなど、これらの犬種は糖尿病になりやすいといわれています」

愛犬の血糖値を正常なものにするために意識したいことは?


——愛犬が正常な血糖値を維持するために、どのようなことを心がけるとよいでしょうか?

獣医師:
「シニアになったら、定期的に血液検査や尿検査などの健康診断を受けましょう。

また、肥満または痩せてくる、食欲旺盛または食欲不振、多飲多尿など、『シニアになったからかな?』と思うような症状に、病気が隠れていることがありますので、注意が必要です。

気になることがあれば、かかりつけ医に相談し、適切な検査を受けるように心がけましょう」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/sorami