犬のお手入れグッズが豊富に取り揃えられている100円ショップ「DAISO(ダイソー)」。
今回は、筆者が「ダイソー」で販売されている『犬猫用歯ブラシ』を購入し、愛犬の歯磨きタイムで使用してみました! ここでは、その体験談をご紹介します。

「ダイソー」の『犬猫用歯ブラシ』とは?


こちらが「ダイソー」の『犬猫用歯ブラシ』です。犬用の歯ブラシが100円(税別)というだけでも、かなりお得だなーと思ったのですが、なんと2個入り!!! 単純な筆者は、使う前から満足度が上がりました(笑)

『犬猫用歯ブラシ』は、人差し指を上の画像のように差し込んで使用します(サックタイプ)。そのため、歯磨き中に万が一愛犬に噛まれても、“痛くない”というのが特長のひとつといえるでしょう。

ただ、超小型犬に使うなら少し大きいかな〜という印象も。実際、2匹いる筆者の愛犬のうち、口が小さいチワワにはうまく使用できませんでした……(うちのコは特に歯が小さいこともあり)。
そこで今回は、もぅ1匹の愛犬ミニチュア・ダックスフンドの歯磨きタイムに使用してみることに――。

さっそく歯ブラシスタート♪


↑ミニチュア・ダックスフンドには、バッチリ使えました♪

いつもは、毛足の短い歯ブラシを使っているので、はじめは使い方に少々戸惑いましたが、慣れれば全然問題ありませんでした! 使ってみて、良いなーと感じたのは、歯周ポケットの中にしっかりとブラシが入るという点。また、ブラシが比較的やわらかめなのも、犬への刺激が少なくて良いですね。

前歯よりも奥歯を磨くときのほうが、こちらの歯ブラシは使いやすかったです! 奥歯は見えにくいので磨きにくかったのですが、こちらは人差し指と歯ブラシが一体化しているような使用感があって、見えにくい奥歯もスルスルと磨くことができました。

使い分けして、今より上手なオーラルケアを♪


↑いつも使っているのが、オレンジ色の歯ブラシです。

先ほどもお話した通り、奥歯は「ダイソー」の歯ブラシの方が使いやすかったのですが、前歯はいつもの歯ブラシの方が磨きやすく、愛犬も嫌がりませんでした。これまで“歯ブラシは1本で十分”だと思っていましたが、使い分けして歯磨きしてあげれば、今より上手にオーラルケアができるようになるかもしれませんね!歯周病は犬がかかりやすい病気のひとつなので、しっかりと歯磨きをして予防してあげたいですよね。ぜひ、みなさんも「ダイソー」の『犬猫用歯ブラシ』を試してみてはいかがでしょうか?