雨が多く、梅雨に逆戻りしたかの空模様が続いています。普段なら鉛色の空にため息をつくところですが、マロたんとお散歩するにはちょうどいい日差し。気温。そして、風が心地よい。

なんか白くない?


曇り空の下で見るマロたん。あれ?こんなに白かったけ?お顔が白くなったと感じることはあったけれど、なんか全体的に白っぽい。あれれ?こんな色だっけ?

マロたん5歳当時


参考までに5歳のマロたん。毛の色だけでなく、毛に勢いがあるし、表情も引き締まっています。目元がきりっとかっこいい。正直、若さってすばらしいって思っちゃいました。だけど。

今のマロたんがいちばん


10歳のマロたんのほうが何倍も愛しいです。もちろん5歳のときも可愛くてたまらなかったけれど、こんなにも穏やかな笑顔を向けてくれる今のマロたんが愛しくてたまりません。

可愛いは正義


顔だけではなく、やっぱり全身が白っぽくなりました。でも、この色もミルクティーぽくって可愛いと思います。マロたんと暮らし始めて10年。毎日100回ぐらいは「可愛い」と思っているかもしれません。

まだまだこれから


雨が降りそうなので帰宅を急かす飼い主を横目に「まだ風に吹かれていたいの」と自由なマロたん。イヤイヤさん姿もベテランの貫禄が出ています。もう10歳、まだ10歳。

前に進もう


10歳とは言え、まだ老いを感じたことはなかったのですが、この日ははっとしました。なんて書くと、先輩わんこの飼い主さんに「10歳はまだ若い!」とアドバイスをいただくので、しんみりしている場合ではありません。

幸せは待っているだけでは来ない


時の流れに身を任せつつ、抗えるところはとことん抗っていこうと思います。たとえ全身がまっしろになったとしても、マロたんへの愛情が変わることは絶対にないし、少しでも毎日が楽しいものになるよう、幸せになる努力を続けます。