「この本を書くにあたりいろいろな人と話をしていて、日本人は想像以上に空気を読むことに気を使っていることがわかりました」そう話すのは、『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。』(朝日新聞出版刊)の著者である柳沼佐千子さんです。



 仕事をスムーズに運ぶためには、空気を読み、周囲の人を不快にしないことが、社会人として当然備えるべき能力だと思われています。でも、一生懸命空気を読んだからといって、それだけで営業成績があがったり、苦手なあの人との関係が改善したりするとは限りません。それどころか、ちゃんと空気を読めているだろうかという不安から気持ちをすり減らし、疲れを感じている人も少なくないでしょう。

「でも、空気を読まなかったら、それこそイタイ人と思われるのではないか」。そんな不安を、柳沼さんは一刀両断に切り捨てます。

 子どものころから人付き合いが苦手で、社会人になってもなお人間関係に悩みを抱えていたという柳沼さん。そんな状況をどうにかしたいという思いから、コミュニケーションをはじめ、心理学や脳科学の勉強を重ねました。そして、自ら実験台となり、試行錯誤を繰り返しました。こうしてわかったのが、「相手が好意を抱くかどうかは空気を読む、読まないに関係ない」ということでした。

 脳科学の研究によると、人が相手に対して印象を持つのに要する時間はわずかに0.1秒。そこには理性が入り込む余地はなく、ぱっと見で好きか嫌いのスイッチが入ります。つまり、空気を読む間もないほどのあっという間に判断が下されているのです。むしろ、空気を読んでいたら、「好き」のスイッチを入れるチャンスを逃してしまいます。

 そして、本人は自分がスイッチを入れたことに気づかないので、意識的に切り替えることもなく、一度入ったスイッチはそのままになることがほとんどです。だから、もし会った瞬間に相手に「好き」のスイッチを入れさせることができれば、多くの場合、ずっと好意的に見てもらうことができるのです。それぐらい、第一印象は強烈なインパクトを与えるものなのです。

 では、どうやったら「好き」のスイッチを入れさせることができるのでしょうか。柳沼さんはその答えを脳の特徴から導きだしました。


 それは、「脳は目立った変化がないと反応しない」というものです。相手に良い印象を与えるには、笑顔で接することが欠かせません。それは誰もがわかっていることでしょう。しかし、思うような手応えを得られていないという人は、相手に「好き」のスイッチを入れさせるほどインパクトのある笑顔ができていないのだと柳沼さんは指摘します。本人は笑顔を浮かべているつもりでも、相手の脳が反応しなければ意味がありません。

 そのため、笑顔は「やりすぎ」ぐらいでちょうどいいのだと柳沼さんはいいます。私たちは自分の笑顔を、普段、鏡で見ないのでわかりませんが、中途半端な笑顔は相手から見ると笑顔ではありません。かえって「なんとなく感じが悪い」と思わせてしまうこともあり、逆効果。顔を合わせたら一瞬でパッと「わかりやすい」笑顔をつくり、相手の脳に「笑顔を向けられている」「なんか惹かれるなぁ」と印象づけることが好感に繋がるポイントなのです。会ってすぐのタイミングの笑顔が最大の効果を発揮するので、相手の気分や性格、場の雰囲気などを気にする必要はないわけです。

 しかも、極論すると、笑顔に必要なのは気持ちではなく、形状記憶のように表情を一瞬で笑顔の「フォーム」をつくる瞬発力だと柳沼さんは説きます。スポーツ選手が練習を繰り返すうちに体がフォームを覚えるように、一瞬で人を魅了する笑顔も何度もやっていくうちに表情筋が「記憶」して自然につくれるようになるというのです。「それじゃあ“つくり笑顔”じゃないですか」という指摘には、「笑顔をつくれば、感情は後からついてきますよ!」とにこやかに答えるそうです。これは科学的にも証明されているとのこと。

 空気を読まないこの方法を柳沼さんが指導した企業の多くが、研修後ほどなくして営業や販売、顧客満足度などの成績を伸ばしています。また、職場の雰囲気がよくなったという声や、「ギスギスしていた家庭内の雰囲気が改善した」「恋人と喧嘩しても素直に仲直りができるようになった」「反抗期の子どもが自分の気持ちを話してくれるようになった」などプライベートでも役立っているという声が多数寄せられているといいます。

 空気を読まないほうが、むしろ好かれる。試してみたら、毎日が変わるかもしれません。