3月8日は国際女性デー。いまだに女性差別を実感するニュースは後を絶たない。性差にとらわれず「自分らしく生きる」ことを改めて考えた。

*  *  *
 2017年にSNS上でのコミュニケーションサービスを手掛ける「プールサイド」を起業した関口舞さん(28)は、自分自身が「女の子だから」という呪縛に過剰にとらわれてきたのかもしれないと感じている。

「関口さんって気が弱そうだけれど、起業って大変ですよ。大丈夫ですか」

 新卒で入社した会社を半年で辞め、一つ目の会社を起業し、初めて資金調達をしたときのこと。ある投資家にそう声をかけられた。先輩起業家に「繊細そうだね」と言われたこともある。

「悔しかったし、見た目で判断された、と思いました。『起業家』という軸だと私は不安に思われるのか、と思った」(関口さん)

 その頃から、なるべくスカートをはかないようにした。しっかりとした人に見られるよう、できるだけ強そうなパンツスーツで。メイクも控えめにした。

「20代前半だったこともあり、見た目や年齢、性別でバカにされるのではないか、と必要以上に構えていたように思います。『起業家は女っぽい感じでは認めてもらえない』という先入観に私自身がとらわれていました」(同)

 変われたのは、必死に仕事をするうちに、自身が手掛けるサービスは、常に人の気持ちを考えている自分だからこそ生まれたものだと気づけたから。強く見せようと違う自分を演出する必要はないとわかった。

 PRの観点から主にスタートアップを支援する「シプード」共同代表の舩木真由美さん(40)は仕事柄、多くの女性起業家と関わってきた。日本の女性たちのなかにある変化を感じている。

 一つは、良い意味で女性が貪欲になっている、ということ。「家族や子どものために」が先に出て自分の意思は後回しという傾向がかつては見られたが、「自分のために」という考えが顕著になっているという。ネットなどを通して、世界中のロールモデルを探せるようになり、“世界基準”の女性の活躍が身近になっていることも大きいと分析する。

 もう一つは、若い女性たちの多くが、働き続けることを前提に若いうちからキャリアプランを持っている、ということだ。

「20代のうちに子どもを持ちたいのだけれど、どうですか? 30代はどう生きたらいいですか?といった相談をよく受けます。25歳くらいまでには、将来を具体的に描いているように見えます」(舩木さん)

 若い頃からキャリアプランを持つという傾向は、近年、教育現場でも重要視されるようになっている。

 東京都品川区の品川女子学院はライフデザイン教育の先進校として知られている。高校2年生の家庭科の授業を覗くと、助産師の小笠原千恵さんが生徒の質問に答え、出産経験者の話を聞いた後、グループに分かれ「子どもを産むか産まないかは、誰が決めるのか」をテーマに話し合っていた。

 生徒からは「いちばん大変な思いをする女性が決定権を持つべき」「パートナーとよく話し合って決めたい」などの意見が出された。

「答えを求めているわけではありません。出産をテーマに、将来の自分を考えるきっかけにしてほしい」(小笠原さん)

 同校のライフデザイン教育の柱が、28歳になったときに社会で活躍する女性の育成を目指す「28プロジェクト」だ。大学を卒業し、社会人の自分を想定したプログラムを多く実践。例えば中学3年生では企業とコラボし商品開発を行う。高校1、2年生はクラス単位で「起業体験プログラム」にも取り組む。

 プログラムでは、実際の起業のやり方に沿って会社登記など、株式会社を設立する手順を学ぶ。社長、会計など役割分担を決め、事業計画を立案。保護者や協力企業担当者に向けて、資金獲得のプレゼンテーションを行い、文化祭で商品化した品物を販売する。生徒たちはこれらの体験をすることで、社会で活躍するイメージを具体的にもつことができる。

 また、女性リーダー育成の一環として、課題解決型の授業CBL(Challenge Based Learning)も行っている。身近な課題を見つけ、グループで話し合い解決策を探る。

 昨年、東京医科大学の不正入試が発覚した際には、「いまだに女性差別があるのか!」と憤ったグループが、“身近な男女差別”として家事格差をテーマに取り上げた。保護者にアンケートを取り、啓発するウェブサイトを立ち上げたり、家事を細かく分類したシールを貼って、家事分担を見える化したシートを作成したりした。

 広報部長の平川悟教諭は言う。

「本校はグループ活動が多彩で、リーダーを務める実践的な機会がいろいろと設けられており、中高時代を通じて自然とリーダーの資質が養われていると思います」

 何をするのもすべて女子。女子校の環境そのものが、リーダー教育の場にもなっているのだろう。

「女の子だから」。こんな呪縛が、女性たちが一歩踏み出す勇気を奪っていた時代はもう終わった。女性だから、男性だから、そんなしがらみにとらわれず、誰でも自分らしく生きていいのだ。(ライター・古谷ゆう子、柿崎明子)

※AERA 2019年3月11日号より抜粋