全国屈指の歓楽街である新宿区歌舞伎町の地下に、一風変わったすし店がオープンした。店名は「へい らっしゃい」。大将はなんと、現役ホストだ。カウンター越しにやわらかな笑みを見せ、こだわりの握りで客をもてなす。



「14年間ホストをやってきて、培ってきたコミュニケーション能力、ホスピタリティーを何かに生かしたいと思ったんです」

 そう話すのは、大将のSHUNさん。白い調理衣の下から、鮮やかなピンクのバラがのぞく。ホストクラブ「SMAPPA! HANS AXEL VON FERSEN」の代表だ。

「お任せで握ることもできますよ。メニューには書いてないんですが、今日から入ったイサキがおすすめです。食べられないネタはありますか?」

 さすがの心配りだ。

 シックな空間で、ホールスタッフも話しかけやすい。メニューも金額が明記されている。チャージ料は22時まで無料、22時以降500円。

 早速、お任せでお願いしてみた。横長の黒皿で出てきた最初の一貫は、イカ。塩とスダチが添えられ、シャリを包み込むように握られている。口に入れた瞬間に爽やかなスダチが広がり、弾力のあるイカをゆっくりと味わう。塩のアクセントが効き、かむほどにこみ上げる感想はただ一言――「おいしい!」。イケメン大将が「ありがとうございます」とほほえむ。

 続けて出てきたのはマコガレイ。上にエンガワを載せたスタイルは、中国・上海で食べたすしを参考にしたという。女性に人気の甘エビ、大きくて存在感のあるホタテ、万能ネギとショウガのペーストとともにさっぱりと味わえるアジなどもいただいた。

 通常は軍艦巻きで出てくるウニやイクラは、海苔(のり)が気になる女性のために、シャリの上に盛った形で出し、スプーンで食べられるようにもしている。これぞ、もてなしの精神。何より、どのすしもおいしい。

「素材がいいので、それを生かしたい。食べたお客様に『おいしい!』と言ってもらえた瞬間に、楽しさを感じますね」

 シャリは山形県産のササニシキを使い、甘めに作っている。「女の子が好きかな、と思って。コシヒカリはコメらしい主張が強いけど、ササニシキは主張が少なくて、スッと味わえる」と、こだわりを明かす。

「それぞれのすしの食べ方も、いずれはお客様の好みに合わせて提供できるようにしたい。まだまだ試行錯誤中です」


 「へい らっしゃい」が入るのは、映画館「TOHOシネマズ新宿」から目と鼻の先にある地下スペース。昨年10月、ホストクラブ6店舗などを展開する「Smappa!Group」は、この空間に「意図的に多様性(ダイバーシティ)を作る」というテーマでジャンルの異なる店舗を並べようと、構想を練った。焼き鳥、焼き肉などとともにすしが候補に挙がり、議論を経てSHUNさんを大将とするすし店の開店が決まった。現在は、同グループのバー2店と肩を並べて営業している。

 親戚が下町ですし店を営んでいることもあって、小さい頃からすしが大好き。すし職人は決して“夢”ではなかったが、「もし料理の道に入るなら、すし職人になりたい」と思い描いていた。18歳でホストの世界に入ってからも、その思いは絶えなかったという。

 すしを握った経験は一切なかったが、店の立ち上げが決まってから、その親戚の店で半年間修行。2カ月間のプレオープン期間を経て、2日にグランドオープンを迎えた。現在も親戚のもとに通い、仕込みやメニューについて学んでいるという。

「修行させてほしいと頼んだ時、親戚には喜ばれました。いかに大変か、わかってはいましたが、実際にやってみてなおわかった。グループには、Wワークを受け入れてもらえて感謝しています」

 店名は、シブがき隊の大ヒット曲「スシ食いねェ!」の合いの手からとった。主役である客を輝かせ、引き立たせるホストは、合いの手と同じ存在。遊び場の少ない女性たちに合いの手、そして愛の手を差し伸べたい、という思いが込められている。

 握りは一貫300円から。営業日は不定期で、ツイッターで告知している。おおむね火曜から土曜までのいずれかで、時間帯は19〜21時と0〜2時。間の21〜24時はホストとして働く。握り手はSHUNさん一人のため、勤務シフトもまだ試行錯誤中だ。

「後輩には、一つのロールモデルを見せられてると思う。ホストとすし屋、どちらもやりきる背中を見せていかなきゃいけない」

  仕入れや仕込みにも時間を割くWワークだが、本人の言葉は力強い。

「女性一人でも、気軽にふらっと来てもらえるすし屋がゴール。おいしいものを食べて楽しんでほしい。自分がすし屋をやっていることで、ホストに対するイメージを少しでも変えられれば、兼業でやる意味がある。『こんな感じのホストなら行ってみよう』と思ってもらえたら、うれしいですね」(本誌・緒方麦)

※週刊朝日オンライン限定記事