千葉県匝瑳(そうさ)市に約3年前に移住した高坂勝(こうさか まさる)さん(51)はダウンシフターだ。ダウンシフターとは、減収を前提に生活を見直し、自分にとって意義のある暮らし方を実現する人たちのこと。大手百貨店を30歳で退職し、居酒屋勤務を経て、移住後は市内の田んぼで都市生活者に無農薬米の栽培体験を提供するNPO法人(SOSA Project)の理事や、自分の生活を軸としたスローライフ論を教える大学の非常勤講師などで収入を得ている。そんな彼に影響されて千葉県の「チョイ田舎」に移住し、暮らしを見直す人たちもいる。AERA 2021年9月27日号から。

*  *  *

 平日は神奈川県の自宅、週末は匝瑳市という2拠点生活で、仕事のストレスが心身に大きなダメージを与えていることに気づいた人もいる。

 非正規の公務員として働く赤星波(なみ)さん(53)の匝瑳での住まいは、交際中の岩間公伸(きみのぶ)さん(57)が暮らす築49年の3DKの木造住宅だ。約500平方メートルの畑付きで家賃は1万円。岩間さんはデザイナーで、高坂さんとの出会いをきっかけに千葉県船橋市から移住した。地域の会報紙の制作や、庭師仕事などで生計を立てている。

 赤星さんは生活の変化をこう話す。

「平日はPCと向き合う距離30センチの世界ですが、高い建物がない匝瑳に来ると田畑や山をぐるりと見渡せます。遠近感がまるで違う世界を知れたことで、今まで気にしなかった都市生活への違和感がふくらんでいきました」

 赤星さんが高坂さんらが運営する田んぼで米作りを始めたのは3年前。その頃に岩間さんとの交際が始まり、2拠点生活を選択した。のどかな匝瑳から神奈川へ戻る途中、山肌が無造作に削られて林立する分譲住宅や、無機的な高層ビル群への嫌悪感がふくらんだ。

 職場ではPCの前に座りっぱなしで目薬が手放せず、疲れやすいのは加齢のせいかなと長い間思い込んでいた。

「2拠点生活を始めた当初は1泊、最近は2泊と畑仕事の日数を増やすことで少しずつ元気になっていきました。体力があって元気だった頃の自分に戻りつつあります」

■年収は100万円減でも体力と健康には代えがたい

 7月下旬は畑のナスやキュウリが収穫期を迎え、味噌汁やぬか漬けにしても追いつかないほどだという。

「どんどん大きくなる野菜の生命力を目の当たりにして、採れたてのものを食べていると、自分の体もエネルギーをもらえている気がします」

 赤星さんは朗らかに話した。その傍らには手乗り文鳥ならぬ、膝乗りニワトリのいとちゃん(メス2歳)がいる。

 前出の「SOSA Project」のグループLINEには地元農家と移住者が参加し、不要になった子供服や自動車、採れすぎた野菜や、日雇い仕事などの情報が掲載され、移住者たちの生活を下支えしている。赤星さんはいとちゃんをそこで見つけ、飼うことに決めた。

「最初は戸外のニワトリ小屋で世話をするつもりだったんですが、とてもなついたので家飼いをすることにしました。お天気のいい日に居間で横になって、樹々の緑を背景に、いとちゃんを眺めていると癒やされます」(赤星さん)

 転職して週5日から4日勤務になり、年収は約100万円減ったが、取り戻した体力と健康には代えがたいという。

 今回、移住した人々に話を聞いてみて、三つの共通点に気づいた。

 まず、大都市暮らしの頃より物欲が減ったこと。欲しいものを尋ねると、「今の住環境を改善するために、ホームセンターで買える道具類がほしい」と口々に話していた。

 コロナ禍にあっても、どこかのんびりした表情で、すこやかに笑う人たちだったことも共通していた。もちろん、のどかな自然環境も大きいのだろうが、高坂さんに理由を尋ねてみた。

「米や野菜を育てるのは自然相手で、計画通りにいかないことが前提。一方で想像以上の恵みや喜びを、自然が与えてくれることもある。だから、いい意味で諦め上手になります。のんびり構えて失敗も楽しめるんです」

 都市生活者はお金でモノやサービスを買った束の間は自分の思い通りになった気分になれますが、と彼は続けた。

「恋愛も家庭も会社での人間関係も、思い通りにはなかなかいかない。そのギャップがストレスになって悩んでいる人が多い気がします。その前提の違いが、意外と大きいのかもしれません」

 選択肢が一つしかないと思うと、真面目な人ほど自分を追いつめてしまう。

 都市型労働を抜け、ダウンシフトという選択をした人たちがいる。それ以外の選択肢も当然あるだろう。もしも仕事を失っても、それが頭の片隅にあればきっと大丈夫だ。(ライター・荒川龍)

※AERA 2021年9月27日号より抜粋