日本海にまた北のミサイルが着弾した。覇権国家アメリカでは“CNN”にラリアットする男が大統領だ。いつの世もリスクはつきものだが、いよいよニッポンもきな臭くなってきた。そんな時代に我が家の家計を、資産をどう守るか。苦難を乗り越え今に至る、隣の中国の「不動産投資」やインドの「金投資」から知恵をいざ、学ばん。AERA 2017年7月17日号では「中国とインドのお金を守る方法」を大特集。

*  *  *
 日本人の資産運用は保守的。現預金ばかりで、リスク資産を嫌う。そう言われてきたが、何を隠そう日本は世界一のFX(外国為替証拠金取引)大国だ。

 少ない元手で25倍までレバレッジ(取引倍率)を利かせられるハイリスク・ハイリターンの代表格のFX。その国内での取引額は2016年度、4900兆円。前年度の5500兆円からは1割近く減ったが、それでもGDP(国内総生産)の約10倍だ。

 6月半ばの平日夕方。都内のFXセミナーをのぞいてみると、40人近くが真剣な表情でパソコン画面をのぞき込んでいた。00年代半ばの円安局面でFXが大ブームとなった頃、海外メディアから「ミセスワタナベ」と称されただけに、てっきり女性が多いのかと思いきや、参加者の多くはサラリーマン風。外為どっとコムのFX口座開設者を対象に15年から16年にかけて行われたアンケートでも、回答者の85%は男性だった。

 外為どっとコム総研の神田卓也調査部長によると、仕事を終えた夕方からデイトレードしている30〜50代のサラリーマン、というのがミセスワタナベの実像のようだ。ここ1、2年、円高に振れたこともあり、彼らの勝率は下がり気味。特に昨年は英国のEU離脱決定、トランプ政権誕生のいずれの局面でも予想がはずれたことから、年間の収益率をプラスにできた人は3割程度だった模様だ。

 神田さん曰く、FX取引で生き残る人の特色は、「レバレッジをかけすぎないあきらめ上手」。予想がはずれたらすぐに損切りするのがコツだという。

 一方、ハイリスク・ハイリターンの新顔といえば、仮想通貨ビットコイン。1日で2〜3割も価格が変動するなど値動きが荒く、6月には過去最高の3千ドルを突破した。この市場でも存在感を増しているのは日本人。その多くがFXからの流入組だと言われる。

 彼らにとって、激しい価格変動こそ儲けるチャンス。ビットコインはこれまで、人民元に先安感を抱く中国人が資産防衛のために大量購入していたが、中国当局による規制強化をきっかけに、中国人が一斉に手を引いた。そこに日本人が新たな主役として躍り出てきた格好だ。

 背景には4月に日本で改正資金決済法が施行され、仮想通貨が正式に決済手段として認定されたこともある。7月からは購入時の消費税も非課税になったことで、ビットコインが決済手段として普及する可能性も高まっている。

 メジャーな存在となって価格は安定するのか、乱高下が続くのか、見方は分かれる。ハイリスク・ハイリターン好きにはたまらないだろうが、「投機」ではなく「投資」対象と考えるには、まだまだ危うい状態が続きそうだ。

(編集部・石臥薫子)

※AERA 2017年7月17日号