経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。

*  *  *
『21世紀の資本』。皆さんはこの書名をご記憶だろう。フランスの経済学者、トマ・ピケティの著作だ。2014年から15年にかけて、世界中で大ベストセラーとなった。日本でも、14年末に訳本が出るや、たちまちベストセラーにランクインした。

 筆者は、この本の姉妹編のタイトルを思いついてしまった。「21世紀の労働」である。

『21世紀の資本』は、膨大な歴史的データを踏まえつつ、21世紀における資本の運動原理を解明しようとしている。21世紀の資本は、国境を越える。その越境的凶暴性をどう封じ込めるか。そこがピケティ本の焦点だ。

 これに対して、「21世紀の労働」は越境するカネに翻弄されるヒトの姿に注目したい。なぜなら、今日、労働を巡る状況がそれこそグローバルな広がりをもっておかしくなっているからだ。

 多くの先進諸国で、失業率が低下している。日本では、盛んに人手不足問題が取り沙汰されるような状況だ。ところがそうした中で、賃金は上がらない。賃金上昇なき雇用拡大。この怪奇現象が、あちこちで論者たちを悩ませている。日本でも、アメリカでも、イギリスでも。

 労働市場は、総じて売り手市場化しつつある。売り手市場なら、売り手側がハッピーになるはずだ。だが、労働者という名の売り手たちは、多くの場合においてハッピーじゃない。ハッピーじゃないどころか、過労死で命を失ったりしている。幸福感なき雇用拡大だ。

 21世紀の労働は、なぜ、その価値が上がらないのか。なぜ、幸せになることができないのか。このように列記してみれば、二つの問題の因果関係は明らかだ。価値が上がらないから幸せになれない。そういうことになる。

 21世紀の労働は、なぜその価値が上がらないのか。それは、21世紀の資本が、本来は21世紀の労働に帰属すべき価値を吸い取ってしまうからなのだと思う。21世紀型搾取の構図だ。

 この21世紀型搾取の構図の中に、近頃流行りの「シェアリング・エコノミー」や「柔軟で多様な働き方」や「高度プロフェッショナル制度」などが、不気味なだまし絵のようにはめ込まれている。そのように見えてきた。21世紀の労働が、危うい。

※AERA 2017年7月24日号