経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します。

*  *  *
 プロ野球もオールスターを迎えて、いよいよ折り返し。

 今年もお陰様で広島カープが首位を突っ走っております。カープファンなので贔屓目に見てしまうかもしれませんが、このチーム、ビジネスにおいても本当に多くの教訓を与えてくれるのです。

 今、大活躍の「タナキクマル」(1番田中広輔、2番菊池涼介、3番丸佳浩)の不動の3人は、平成元年、2年生まれの同級生という若さ(菊池は早生まれ)。サードのレギュラーを取りつつある安部友裕、昨年最多勝の野村祐輔(この2人は誕生日も同じで生まれた病院まで一緒!)も元年生まれ。要するに主力選手が27、28歳。そりゃ、夏場でもばてません。このまま突っ走る確率は大きいでしょう。

 将来の主力と見込んだ野村謙二郎前監督は、早くから彼らをレギュラーに固定しました。今やゴールデングラブ級の彼らですが、12球団ワーストの失策も記録しています。なんでこんな奴らを使うのか、という非難が殺到し、野村監督無能説もたくさん出ました。しかし、マツダスタジアムにおいては、選手をなじる声は一つもなかったのです。エラーをしてもバカヤローという罵声ではなく、「がんばれ、次は大丈夫だ!」という応援の声しか飛ばない。選手もその声援で育っているから、マツダスタジアムにおける勝率は70%を超えるすごい数字になるわけです。

 ここで我々が考えねばならない点は二つあります。指揮官が将来を見据えて若返りという決断をする。そしてそれを我慢強く見守るファンの存在がチームを強くするということです。会社でいえば経営者が決断した思い切った若返り策を株主がどれだけ信頼して見守れるかが成功のカギを握っていると言えましょう。

 実は、成功している多くの企業はこうした株主との関係を築いています。失敗する企業は、経営者が株主の声を恐れて思い切った若返りなどの決断が遅れるケースが極めて多い。野球でも同じですよね。何億円も払って他球団からフリーエージェント(FA)でおっさんばっかり取って、それでも勝てなくて下位に沈むというケース(どことはいいませんよ笑)。

 経営者ができる唯一のことは、自分を時代に合わせるのではなく、時代を捉えられる新しい力の登用を躊躇なく決断することなのです。

※AERA 2017年7月24日号