少子高齢化、沿線人口の減少、学校の統廃合、道路インフラ整備によるマイカー社会……。いずれも、日本のローカル線が抱える悩みの種である。特に第三セクターの鉄道は、国鉄(およびJR)が「将来の収益を見込めない」と判断した路線なので、当然ながら利用者の減少がはっきりと現れている。

 これを食い止める方法は「沿線外から客を呼び込んで利用してもらう」ことに尽きる。そこで、NPO法人や行政と組んだビジネス戦略で「長良川ブランド」を打ち出し、流域の観光エリア化に貢献してきた長良川鉄道(本社・岐阜県関市)の坂本桂二専務にお話を伺った。



*  *  *
■沿線外の利用者を増やす観光列車

 沿線外の利用者を増やすアイデアとして、全国各地に登場しているのが観光列車である。しかし、「ただ造ればよい」というわけではない。投資額に見合った収益を考えなければならないし、その前には予算や、一般車両の数とのバランスも考えなければならない。そして、持続可能な効果をもたらすためには明確なコンセプトやターゲットが欠かせない。

 例えばJR東日本では「のってたのしい列車」として、古民家風車両の「おいこっと」や利き酒列車「越乃Shu*Kura」などを投入し、列車ごとに独自性の高いブランディングに成功している。

 また、JR九州ではD&S(デザイン&ストーリー)列車というカテゴリーで「ゆふいんの森」のような斬新なデザインの車両をオンリーワンで造り上げたり、「指宿のたまて箱」のような「煙をイメージさせるミスト」の仕掛けに代表されるストーリーを設けたりして成功を果たしている。こういった列車はいずれも「乗ることを目的として遠方からでも行きたい」という気持ちにさせ、多くの乗客でにぎわっている。

■観光列車「ながら」への道

 長良川鉄道では、観光に主眼を置いた列車を2010年代初頭から走らせていた。その名も「ゆら〜り眺めて清流列車」。ちょっと失礼な言い方かもしれないが、車窓の美しさという「沿線の自然」だけを売りにしてビュースポットで徐行する列車で、一般型車両での運転だった(現在も継続中)。

 とはいえ、この列車は結構な人気を得ていて週末を中心に満席になることも少なくないそうだ。特別な料金が必要ない列車として仕立てて、それなりに成功している。しかし、筆者自身も乗車して感じたことだが「いい景色だった」という感想しか残らないのが実情だった。

 そんな中、観光列車の構想が持ち上がる。もちろん、「遠くからのお客さんに乗って楽しんでいただきたい」というストレートな思いはあったに違いないが、それよりももっと大きな視点での益を図っての観光列車構想だったという。

 長良川鉄道専務の坂本桂二氏は、「胸を張って自分の故郷を誇れるように、鉄道を通じて貢献したかった」と観光列車を投入した意図を語る。故郷を出ていった人たちが、「わが故郷にはこんなすてきな観光列車が走っている」と誇りに思った地元愛を周囲に発信してくれれば、関係人口、交流人口の増加をもたらしてくれるかもしれない。さらに純粋に列車に乗りに来た人は、長良川鉄道に加え、この地域の良さを知ってくれるだろう……という発想である。

 しかし、ただでさえ毎年赤字が避けられない実情の中で、向こう見ずにプロジェクトを立ち上げて、さらに大きな負債を抱えて経営を圧迫することは許されない。

「この構想に大きな力を注いでくれたのが、水戸岡鋭治さんなのです」

 水戸岡鋭治氏とは、JR九州で数々の鉄道車両や駅舎などを手掛けた鉄道デザインの第一人者。クルーズトレイン「ななつ星in九州」はその集大成とも言える列車である。一方で、地方ローカル線の厳しい経営状況や取り巻く環境をよく理解している。

「車両の改造だけでなく、車内で提供する料理なども含んだトータルプロデュースを請け負ってくれました」

■2両編成の「ながら」の登場

「全部まとめて6000万円でお願いします」。これが観光列車「ながら」にかけられる予算だった。2両編成の改造+プロデュースの費用として高いと感じるかもしれないが、JR西日本の2両編成の観光列車「みすゞ潮彩」は8000万円、同じく「花嫁のれん」はそれを上回る改造費と言われており、6000万円というのはかなり抑えた予算なのである。

「こちらの予算に応えてくれた水戸岡さんの、ローカル線を応援する熱い思いを感じました」

 この金額のうち、総務省の地域経済循環創造事業交付金が70%(4200万円)で、残る1800万円は借入金である。決して小さな金額ではないので、当初は5年計画で返済することを目標としたそうだ。

 こうして既存のナガラ300形ディーゼルカー2両を改造した「ながら」が完成し、2016年4月27日に運転を開始した。1号車は「森号」で、中央にテーブルを配したボックス席とカウンター席、ソファー席が38席並ぶ。2号車は「鮎号」で、簡易個室的にカーテンで仕切ることができるテーブル席とカウンター席が25席ある。

「『ながら』の主なターゲットはシニア女性層です」と坂本専務。いわば「鉄旅女子会」というところだろう。“水戸岡ブランド”のネームバリューもあり、「九州まで行けないけれど、ここで乗れるなら乗りたい」という客や、2号車「鮎号」で提供される12,000円のランチプランを、「これまで頑張ってきたご褒美」としてプチ贅沢を楽しむ人も多いという。

 東海地方が観光列車の空白地帯だったこともあり、高い乗車率を順調に維持することができた。そこには、提携を結んでいる台湾からの観光客や、美濃和紙に魅力を感じて訪れる欧米の観光客などのインバウンド需要も追い風となったに違いない。その結果、なんと初年度で2万人もの利用があり、2000万円の収入があったというのだ。

「当初は5年かけて返済する予定の金額を、1年での完済が可能なほど好評でした」

 観光列車「ながら」の大成功は、結果として地域に潤いをもたらすことにもつながったと言われている。ある調査によると、日帰り旅行者が訪れることで地域に1人当たり約5000円の消費があるといい、「ながら」導入に伴う誘客によって沿線にもたらす経済効果は、鉄道収益だけではとても計れないほど大きかった。

「数年前までは長良川鉄道の存続価値が疑問視されることもありましたが、その風向きが大きく変わったと感じています」

 坂本専務は「ながら」の成功に手応えを感じていた。

■第三の「ながら」を投入したワケ

 こうして2両編成の「ながら」の登場は長良川鉄道にも沿線地域にも明るい光をもたらす結果になったが、もどかしい部分もあった。

「1号車『森号』でのビュープランは食事を楽しむ車両じゃないんです。もう一方の2号車『鮎号』のランチプランはお値段が張りますので、地元の人が利用したいと思ってもなかなか手が出ないと言われて残念に思っていたんです。『ながらに乗って景色と食事をもっと気軽に楽しめたらいいのに』という声に何とか応えたかったというのがきっかけですね。」

 そこで、3号車「川風号」の登場へと動くわけだが、すでに長良川鉄道の現役車両11両のうち2両は「ながら」に改造され、余剰車両はほぼ無いに等しかった。

「予算が限られているため、県からの補助金1000万円に会社負担400万円、さらにクラウドファンディングを活用して100万円を調達し、合計1500万円での企画として水戸岡さんに再びプロデュースをお願いしました」

 ポイントは、通常運転の列車にも対応できるよう、ロングシート&取り外し可能テーブルの内装としたことで、必要に応じて通学などの輸送にも使用できる。肝心の乗車プランは、「お弁当プラン」と「ほろ酔いプラン」が用意され、6000円で利用できる。これならファミリーユースや少人数グループでも気軽に利用できそうだ。

「日本料理の『瓢麓苑(ひょうろくえん)』によるお弁当は高級感たっぷりで大変好評です。『ながら』には手が届かないと思われていたお客さまにも利用して頂いております」

 多くの支援を得てクラウドファンディングは目標を大きく上回ったため、車両の改造費用のうち会社負担分を抑えることができ、結果として初年度でペイできたそうだ。つまり応援されて登場し、より多くの人々に愛される列車になった「第三のながら」なのである。

 こうして「地元を誇れる列車」「地元を潤す列車」「ファミリーや団体で利用しやすい列車」といったいくつもの目標を達成し、社会貢献を果たした長良川鉄道だが、今年の春からは全く異なるコンセプトの観光列車も走らせている。

■清流に目もくれない観光列車

 その列車とは「ながてつチャギントン」号。イギリスの鉄道アニメ「チャギントン」のラッピングを施した列車で、小学生以下の子どもと親のペアで申し込む観光列車である。車内は畳敷きで、GPSを使った仕掛けもあるという。

「ラッピングも結構工夫してありましてね、窓の部分に明るい日差しが差し込むと、キャラクターが窓から中を覗き込んでいるように見えて楽しんでもらえるんですよ」とおっしゃる坂本専務の言葉からわかるように、「ながら」とは真逆の、「絶景車窓をそっちのけで楽しむ列車」といえる。

 この列車は、ターゲットが非常に明解なので「親子の絆」、「親子の思い出作り」が主な目的になるのだろう。しかし、この列車の社会貢献は一運行あたり30人の乗車定員よりずっと大きなものになっている。

「事前に運転日が知らされているので、沿線ではおじいちゃんが孫を連れて見に来ていたり、お母さんと子どもが駅で手を振ったりと、『会話する機会と話題をくれた』と喜ばれています」

 観光列車単体で見ると、返済の見通しがしっかり立てられ、好調な状態が続いているが、豪雨災害にたびたび見舞われたり、沿線人口の減少に歯止めがかからないなど、全体で見ると経営環境は引き続き厳しい。それでも長良川鉄道のチャレンジは続いている。(文/松原一己)

○プロフィール
松原一己(まつばら・かずみ)大阪府枚方市出身。デザイン表札やステッカー制作を手がける日本海ファクトリー代表。趣味で行っていたトレインマークのトレースが高じて、ウェブサイト「愛称別トレインマーク事典」を運営する。著書に『特急マーク図鑑』(天夢人)、『特急・急行 トレインマーク図鑑』(双葉社・共著)。