いよいよ始動した携帯各社の値下げプラン。本当にお得なのはどの会社なのか。2年間使った場合の負担額をシミュレーションした結果、見えたものは。AERA 2021年3月29日号から。



*  *  *
 昨年末、NTTドコモが大幅値下げプラン「ahamo(アハモ)」を発表したことに端を発した携帯電話各社の新プランが、3月からいよいよ始まった。大手各社や格安スマホ事業者はahamo対抗で大幅な値下げを実現しており、新生活のスタート時期ということもあわせて、新しい携帯電話会社やプランを検討するいい機会と言えそうだ。

■3年で7割の値下げに

 では一体どのプランを選べばいいのか。主要な通信会社のプランを2年間使った場合の負担総額を比較した。データ通信の使用量は人によって大きく異なるので、あまり使わない人からたっぷり使う人まで、4パターンに分けてシミュレーションした。

 まず大手3キャリアの新プランを見てみよう。3月26日開始のドコモの「ahamo」、23日開始のKDDI(au)の「povo(ポヴォ)」、17日開始のソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」はいずれも20ギガバイト(GB)まで高速通信が利用できるオンライン契約専用のプランだ。

 ahamoは月額2700円、povoとLINEMOは2480円(いずれも税別)で、これは3年前に比べれば7割程度も安い水準。他にもっと安いサービスもあるが、今大手3社を使っている人にとっては「契約を変えたら自宅や職場で電波が届かなくなった」といったことが起きず、安心して乗り換えられる。

 ahamoが他の2サービスより高く見えるのは、ahamoのみ1回5分以内の通話定額がセットになっており、ほか2プランはオプション扱いのため。LINEMOは通話オプション500円が1年間無料のキャンペーンを実施している。

 これら三つの新プランで気を付けたいのは、3プランともデータ通信の上限が20GBまでと大きいこと。携帯大手契約者の4割ほどが20GB以上の契約をしているが、実際に20GB以上を利用している人はわずか1割程度に過ぎないという。大半の人にとって、20GBは「多すぎる」のだ。

 そもそも5年ほど前は、総務省は「国民の大半が小容量プランを利用している」として、携帯各社にデータ通信量が少ないプランの値下げを要請していた。ただ、現時点では大手3社の新プランは既存の小容量プランよりも安いという「逆転現象」が起きており、小容量プランのままでいるよりも新プランにしたほうが価格面では得といういびつな状態にある。

 KDDI(au)とソフトバンクは、UQモバイルとワイモバイルという両社のサブブランドで、小容量プランの値下げを実施している。UQは3GBで1480円、ワイモバイルも3GBで1980円と新プランほど多くのデータを使わない人をサブブランドで取り込む戦略だ。UQとワイモバイルは、後述する格安スマホ事業者が時間や場所によっては通信速度が遅くなるのと違い、通信品質が大手並みなのも特筆すべき点で、「あまりデータ通信を使わない」という人は、こちらも選択肢だ。

 一つ注意したいのは、新プランやサブブランドに乗り換えると、「@docomo.ne.jp」など携帯電話会社名が入った「キャリアメール」が使えなくなる点だ。すでに「Gmail」などのメールサービスが普及しており、キャリアメールが使えないことはあまりデメリットにならないようにも思えるが、実は意外な落とし穴が。オンラインの様々なサービスで、メールアドレスをIDとして登録している人は多く、アドレスが変わることで思わぬサービスが使えなくなる可能性がある。

■4月7日までなら安い

 料金プラン比較ですぐに気付くのが、楽天モバイルの安さだ。データをたくさん使う人から使わない人まで、どのパターンでも今回比較した中で最安値。まさに、「使っても使わなくても安い!」とテレビCMで強調している通りに見える。

 安さの理由は、4月7日までに契約すれば1年間はデータ通信は完全に無料で、音声通話も専用アプリを使えば無料というキャンペーンだ。さらに契約から1年経った後も1GBまでは0円、1〜3GBは980円、3〜20GBは1980円、20GB超は無制限で2980円と、大手3社の新プランを意識して更に安く設定されている。

 ただ、安さの半面、注意点や懸念も多い。

 まずは、大手3社に比べて基地局の整備が進んでいないことによる通信品質の低さだ。楽天モバイルを使う30代の男性会社員は「成田空港のターミナルビルなど広いビルや高層ビルではつながりにくい。驚いたのが楽天本社がある東急田園都市線の二子玉川駅で全然つながらなかったことだ」とぼやいた上で、「やはり楽天モバイルだけを使うのは厳しい。大手の回線と並行して使わないと、通信が途切れる恐れがあるのは心配だ」と話した。

 楽天モバイルは今年の夏には人口カバー率96%まで基地局整備を進めると表明しており、12日に発表した日本郵政や米ウォルマートなどから受ける出資金2400億円を基地局整備に投じると強調。懸念される通信品質の改善に全力を注ぐ考えだ。

 もう一つ、大手3社から楽天に乗り換える際には、大半の人は2年契約の解約金が必要となることも注意点だ。ちょうど2年契約の更新時期であれば不要だが、それ以外の場合でも解約金を低く抑える方法がある。

 KDDIとソフトバンクは19年から、2年契約の自動更新がなく解約金も従来の9500円から1千円以下にした新たな2年契約プランを提供している。3月中にこの新たな2年契約プランに変更して、4月に入ってから楽天に乗り換えるという「裏ワザ」を使えば、解約金は最低限に抑えられる。ただ、ドコモからの乗り換えには依然として9500円が必要だ。

■小容量なら格安事業者

 大手各社にお株を奪われた形になっているのが、これまで値下げを引っ張ってきた格安スマホ事業者だ。各社ともahamoに押される形で値下げに踏み切っており、特に小容量プランに注力している事業者が多い。

 ソニー系のnuroモバイルは4月1日から、3GBで720円というUQの半分以下のプランを開始する。格安スマホの老舗IIJmioも、2GBで780円のプランを4月1日から開始する。

 格安スマホは、利用者が多い時間帯に通信速度が落ちるなど回線品質では大手各社より劣っているとされるが、メリットもある。端末とのセット割引が法規制の対象外となっている事業者が多いため、以前の大手3社のように新しいスマホをセットで安く購入することも可能だ。データ通信をさほど使わず、iPhoneなどの最新機種にこだわらない人にとっては有力な選択肢になる。

 今回のドコモのahamoを発端とした値下げをめぐっては、NTTと総務省の接待報道以降、「携帯料金値下げの代わりにドコモの子会社化を認めてほしい」という密約を両者が結んでいたのではという声も業界内で聞かれる。ただ、どういう経緯をたどった値下げだとしても、消費者としてはその恩恵にあずからない手はないだろう。デメリットや落とし穴に気をつけながら、自分に最適の料金プランを模索することが重要だ。(ライター・平土令)

※AERA 2021年3月29日号