つみたてNISAやiDeCoで積み立てる投資信託はアメリカの株に投資する「米国株式(S&P500)」や、世界中の株に投資する「全世界株式」が人気だが、運用期間がたっぷり取れるなら「新興国株式」の投資信託も候補に。選び方のポイントをプロに取材した。

■新興国株式を買うなら「20%程度」に

 中国、台湾に多く投資する新興国株の投資信託(以下、投信)。かつてはブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカに投資する「BRICS」の投信が売れた時代もあった。

 ニッセイ基礎研究所の前山裕亮さんはいう。

「新興国の株式に関してはプロの年金運用などでもウェートを増やしていません。あくまで資産の一部、トッピング的な位置づけで投資するのは良いでしょう。ただ、全世界株式の投信を買えば、少しは中国、台湾などの新興国に投資することになります」

 新興国株式の投信の資産配分を見ると、かなり偏っている。台湾セミコンダクター、テンセント、アリババ、韓国のサムスン電子の4社でポートフォリオの20%近くを占めているものが大半だ。

 長年、世界の株式市場を見続けてきたSMBC日興証券の山本憲将さんがリーマン・ショック時を振り返りつつ、アドバイスをくれた。

「2008年のリーマン・ショック前後は米国株以上に中国株が堅調で、MSCIのインデックスでも新興国が全世界株式のパフォーマンスを上回っている時期がありました。

 新興国の成長力を享受したいなら、全世界株式投信に入っている程度の比率では、物足りないかもしれません。

 若い方が中核資産とは別に、新興国株式の投信をつみたてるのは悪くない選択です。ただし、リスクも考えて20%程度までの無理のない範囲で」

■小型株含むFTSEか韓国入りのMSCI

 さて、いざ新興国株式の投信を選ぶときに見るべき点は? 全世界株式や先進国株式と同じく、新興国株式の指標も「MSCI」と「FTSE」の2種類がある。

 シェアの高い「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」は新興国27カ国、1406銘柄に投資。韓国を新興国に含めているのが特徴だ。

 一方、「FTSEエマージング・インデックス」が対象にしているのは24カ国。小型株までフォローしているので銘柄数は1860銘柄である。

 メジャーなMSCIを指標とした新興国株式の投信で、信託報酬の低さもあり人気なのは「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」。三菱UFJ国際投信のもので、信託報酬(年間コスト)は0.187%である。

 そしてFTSEの指数に連動するほうの代表格は「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」。こちらの信託報酬は0.176%と、やはり格安である。

 新興国株式の投信は、「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」か「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」の2択となるだろう。

 では、この2本で迷ったら? 信託報酬が安いのはSBI・新興国株式。純資産総額が多いのはeMAXIS Slim新興国株式。肝心のリターンに大差はないので、決め手に欠ける。

 大きな差は、韓国の株が入っているかいないか。eMAXIS Slim新興国株式には韓国株が入っており、SBI・新興国株式には入っていない。よって、韓国の成長も享受したいかどうかで選べばいいだろう。

 最近はクレジットカードのポイントで投信を買えるネット証券が登場している。楽天証券は楽天カードで投資信託を積み立てると1%のポイントがもらえる。SBI証券は三井住友カードで0.5%(2021年12月10日までは最大3%)だ。

 なお、アエラ増刊「AERA Money 2021秋号」では、つみたてNISAで買える「新興国株式」の投信全10本を、規模/コスト/リターン/運用効率/リスクの5項目で忖度なしに100点満点で独自採点。そのランキング結果を公表している。

◎山本憲将(やまもと・のりまさ)/SMBC日興証券 アセットマネジメント・保険マーケティング部長。1994年にSMBC日興証券(当時の社名は日興證券)入社。「場立ち」がいた頃の証券取引所を知る、この道27年の大ベテラン

(編集・文/綾小路麗香、伊藤 忍)

※『AERA Money 2021秋号』から抜粋