SBI証券をメインに販売されている投資信託「SBI・V」シリーズに、発売数カ月で個人が殺到している。信託報酬が格安で、中身もシンプル。3種類あるが、それぞれの違いは? 普通の投信とも少し運用内容が異なるようだ。

■個別株ではなくETFをまるっと入れた投信

 ネット証券最大手のSBI証券が今年6月29日から運用を開始した米国株のインデックス型投資信託(以下、投信)「SBI・V」シリーズ。ラインアップは信託報酬が0.1%前後に設定された超低コストの投信3本だ。

 そのうち「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」は、純資産総額が約3000億円の人気投信「SBI・バンガードS&P500インデックス・ファンド」を名称変更したものである。

 S&P500の投信というと、普通は米国の代表的な指数「S&P500」に採用された500の企業の株を買うが、SBI・Vシリーズは違う。米国上場の「バンガード・S&P500 ETF」(ティッカー<日本株でいうと証券コード>はVOO)が、まるっと入っているのだ。

 基準価額は普通のS&P500投信と同じような動き方をするが、株を直接買い付けるのではなくETFが入っている、という点は知っておきたい。

■米国上場の株「全部入り」に高配当も登場  

 さて、今回、新たに募集をはじめ、設定初日で81億円も集めたのが「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」。こちらの中身は米国のほぼすべての株式に連動する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」(VTI)だ。

 8月31日現在で純資産総額は206億円まで伸び、9月下旬には240億円台に乗せた。勢いが止まらない。

 もう一本は「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」。中身は「バンガード・米国高配当株式ETF」(VYM)だ。

 米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースやジョンソン・エンド・ジョンソンなど、米国を代表する優良企業で市場平均より配当が高い約400銘柄が実質的な投資先である。「全米株式」と「米国高配当株式」の2本は、SBI証券専用の投信だ。

■3本の「中身」の違いは? 

 S&P500、全米株式、米国高配当株式の3本の投信の中身はETFということで、それぞれのETFの10年間の推移を調査した。すると、値動きはほとんど同じだった。

 3本とも米国株が「モト」なので当然といえば当然なのだが、少しでも違いが知りたい。SBI証券マーケティング部の藤代竣介さんに違いを教わった。

「確かに3本のETFはほぼ同じ値動きですが、2020年3月のコロナ・ショック以降は、IT企業の株が勢いよく上昇。その恩恵を受けやすいS&P500のVOOや全米株式のVTIが、米国高配当株式のVYMを上回りました。

 しかし2021年の1年間だけで見ると、アフターコロナの経済再開を期待した相場で、高配当株式のVYMが一番好調でした」

■中身のETFを直接買えばよいのでは?

 米国ETFは個人でも購入可能で、この3本はSBI証券で買える。SBI・Vシリーズの投信で買うよりも、中身のETFを直接買ったほうが、投信の信託報酬にあたる「経費率」も低くなる。わざわざ投信の形にする意味は?

「VOO、VTI、VYMは分配金を年4回受け取れますが、分配金をそのまま再投資したいニーズがあります。ETFでこれを行うには、自分で新たに買い付けなければなりません。SBI・Vの投信なら自動的に再投資されますから、手間なしで複利運用ができます。

 また、ETFを買う前に円をドルに替える必要があり、ネット証券では1ドル当たり片道25銭(住信SBIネット銀行経由は4銭)の為替手数料がかかりますが、投信なら日本円で買えるので為替手数料も不要です」

 米国ETFで支払われる分配金には米国で10%、日本で20.315%と、合計で約30%(正確には28.2%)の税金がかかる。米国の課税分を取り戻すには外国税額控除の確定申告が必要だ。

「投信なら運用中の分配金の税金は米国分の10%だけ。税引き後の分配金は自動的に再投資されるので、さらに効率がアップします」

■トータルコストで見るとSBI・V投信に軍配 

 先ほど米国ETFと投信では経費率で米国ETFのほうが安くなると書いたが、経理率とは運用中にかかるコストのことを指す。

 実は米国ETFを買う際には、経費以外に売買手数料(買うときと売るときに発生)と為替手数料(円をドルに替えるときに発生)もかかる。

 投信なら、売買手数料も為替手数料もかからない。つまり「買うときから売るときまで、全体のコスト」を比較すると、投信のほうが安くなる。コスト面では「米国ETFを買い付けるSBI・Vの投信」の勝ちだ。

 結論。効率的な運用を目指し、コストを安くすませたいならSBI・Vシリーズ。ただ、老後に「元本を取り崩さず」に分配金だけを受け取りたい人は米国ETFも悪くない。用途に応じて使い分けよう。

◎藤代竣介(ふじしろ・しゅんすけ)/SBI証券 マーケティング部。投資信託関連業務に従事、2021年3月より現職。運用会社での勤務経験あり

(編集・文/綾小路麗香、伊藤 忍)

※『AERA Money 2021秋号』から抜粋