短期集中連載「起業は巡る」の第2シリーズがスタート。今回登場するのは、フェムテックで女性の悩みの解消をめざす「フェルマータ」の杉本亜美奈(33)だ。AERA 2021年11月29日号の記事の3回目。

*  *  *

 ミスルトウは様々な勉強会を催している。アミナが帰国した後のある日、フェムテックの勉強会に、飲み友達の中村寛子(ヒロコ)が顔を出した。アミナがリービンの会社で働いている時、ヒロコが取材に来て、そこで2人は意気投合した。勉強会が終わるとヒロコが聞いた。

「アミナ、今度のゴールデンウィークはどうすんの?」

「ん? 一人合宿」

「何それ」

「フェムテックの会社を作ろうと思ってて。どっかにこもって事業計画を考える」

「へえ、面白そう。私も行くわ」

 2人は東京・広尾の図書館にあるワーキングルームを借り、そこにこもった。海外のフェムテック企業の動向から女性ホルモンの研究論文に至るまで関連する文献を片っ端から読みあさる。英エディンバラ・ネピア大学でマーケティングを専攻したヒロコも英語はお手のものだ。

 ヒロコの父は大手ディベロッパーを早期退職し、コインランドリーの経営を始めた人だ。ヒロコに留学を勧めたのも父だ。大学を卒業後、ロンドンの人材会社で1年ほど働き、その会社が日本に支社を作ることになり、そのサポートで日本に戻った。その後、デジタルマーケティングのカンファレンスを主催する会社でアルバイトを始め、やがて正社員になった。

 生理の重いヒロコは低用量ピルを処方してもらっていたが、クリニックは平日の朝9時から夕方5時までしか開いていない。そのため、有給休暇を取ってピルをもらいに行っていた。

「なんか違うよなあ」

 日本での働き方に違和感を持つヒロコは15年、女性のエンパワーメントなどをテーマにビジネスカンファレンスを企画する会社を設立した。そんなヒロコにとって、アミナが立ち上げるというフェムテックの会社は、まさに「ドンピシャ」だった。

■立ちふさがる霞が関

 19年10月、フェルマータが産声をあげる。2カ月後の12月、3人目のキーパーソンが戦列に加わった。

 近藤佳奈(カナ)。イラストや漫画を通じて嗜好(しこう)が近い人たちと交流するSNSを提供するピクシブに新卒で入った。新規事業の立ち上げや企画営業を担当した後、15年にはディー・エヌ・エー(DeNA)に移籍。動画配信サービスの「SHOWROOM」に配属されたが、この事業が独立したため、そこで4年半ほど働いた。

 カナがフェルマータに移る決断をしたのは、アミナとヒロコが絶妙のコンビに見えたからだ。カナは言う。

「公衆衛生のスペシャリストのアミナは、地球を俯瞰(ふかん)する視点で世の中を変える人。ヒロコは、半径2メートルにいる自分のお母さんやお姉さんがどうすれば幸せになるかを真剣に考える人。そのコンビネーションがいいんです」

 アミナとヒロコは、カナを「仕事師」と呼ぶ。ピクシブを振り出しに数々のベンチャーで実務をこなしてきたカナの経験値は高い。アミナとヒロコはそんなカナをリスペクトし、「カナがいなければフェルマータは回らない」と口をそろえる。

 アミナにはまだ突破しなければならない壁がいくつもある。それは19年夏の出来事だ。

「前例がないので、市場ができたらまた来てください」

 東京・霞が関の厚生労働省を訪れたアミナは、官僚に門前払いされた。この日、アミナが持っていったのは吸収ショーツ。生理用ナプキンは「医薬部外品」、タンポンは「医療機器」と認定されているが、吸収ショーツは「雑品」扱いなので、生理用品の代替品のように売ることができない。広告宣伝で「生理の期間を快適に過ごせます」とうたうことも許されない。

「実績のないものは認可できない」

 これが霞が関の論理である。認可がなければ市場の拡大は遅々として進まない。このあたりが「とりあえずやってみて、問題があれば考えよう」という米国などとの差だ。日本で新型コロナウイルスのワクチン開発が大きく遅れた原因も、そこにある。フェムテックの分野で言えば、潤滑ジェルや子宮脱を防ぐ機器など海外では保険収載が認められている製品も、日本ではまだ承認されていない。

 アミナは頭の堅い官僚に辟易(へきえき)したが、野田聖子の言葉を思い出した。

「法律を作るのが政治家。法律にのっとって実務を遂行するのが行政。彼らにゴールを見せて動かすのが民間の役割」

 日本のフェムテック市場が2兆円規模になれば、霞が関も動くだろう。まずは吸収ショーツを全国の女性に、生理用品として普及させる。

■タブーが変わる日まで

 10月22日からの3日間。フェルマータは東京・六本木でフェムテック商品の展示・体験をするイベント「フェムテック・フェス 2021」を開いた。世界6地域、27カ国、157社もの製品を集めて展示した。

「生理前になると子どもたちにイライラ」「今妊娠したいと思っていないけど、今後妊娠できるか不安」。そんな女性の悩みを書いた白いバルーンが浮かぶ会場を訪れた来場者は、海外製の製品を手に取り、従業員の説明を楽しげに聞いていた。

「私たちの仕事ってさあ、タブーをワクワクに変えることだよね?」

 3人でおしゃべりをしていた時、カナがそうつぶやくと、2人は「それだ!」とひざをたたいた。

「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」

 それが会社のビジョンになった。3人の進撃はまだ始まったばかりだ。(敬称略)(ジャーナリスト・大西康之)

※AERA 2021年11月29日号より抜粋