米国株人気に押されて目立たない日本株だが、株主優待付き銘柄は根強い人気。食べ物や飲み物が定期的に送られてくる企業の株を保有すれば、株価の値上がりを楽しみに待ちつつ年に原則2回、配当ももらえる。AERA 2022年6月6日号の記事は、注目の銘柄をピックアップ。

*  *  *

 5月から6月は3月決算企業の株主優待が続々と送られてくる時期。巷では米国株の投資信託が大流行だが、優待株は“お得感”が大好きな日本人に根強い人気である。

 株主優待とは、株を買うと企業からお中元やお歳暮のように「わが社の株主でいてくれてありがとう」と、モノやサービス券などが送られてくる制度だ。東証に上場している3822銘柄中、1423銘柄が株主優待制度を実施している(2022年5月23日現在)。海外では「優待にコストと手間をかける暇があれば配当を出せ」という風潮が強く、根付いていない。

「優待株への投資が好きな人は多いです。楽しみつつ長期投資をできる点が最大のメリット」(GMOフィナンシャルホールディングスの村田真里恵さん)

 優待をもらうには、まずお目当ての企業の「権利確定月」を調べる。ネット証券では権利確定月ごとに検索できる機能があるので簡単にわかる。そして権利確定月の月末から数えて2営業日前(権利付き最終日)までに株を買えばいい。いったん買って株主になれば、その株を保有している限り、そして企業が優待を廃止しない限りは定期的にモノやサービス券が送られてくる。優待が届くのは、たいてい権利確定月から2〜3カ月後。

「何日までに買わねば」と正確な日付を気にする必要はなし。人気の優待だと、権利付き最終日に向けて株価が上がってしまうケースもあるからだ。「6月権利確定の優待株なら6月第3週くらいまでに買えば、そこから優待がもらえるのね」とユルい感じで投資すれば問題ない。また、うっかり権利付き最終日を過ぎて株を買ったとしても、その次(半年後または翌年度)から優待はもらえる。

■優待利回りで探せる

 優待株を選ぶときにチェックすべき点は、まず配当利回りと優待利回り。配当は年に2回、現金振り込みか「郵便振替支払通知書」の形でもらえる。お小遣いのようでうれしい。優待利回りは、1年分の優待を金額換算して株価で割ったものだ。

「GMOクリック証券の検索ツールでは、優待利回りの高い順に並べ替えもできます。個別銘柄の情報欄には優待利回りが記載されていないので『優待』の条件で検索した画面からチェックしてみてください」

 配当利回り、優待利回りは高ければいいというものではない。業績が悪く、株価が下がっているため相対的に利回りが高くなっている場合もあるからだ。特に業績が赤字なのに配当や優待を出し続けている企業は要注意。長期保有のつもりで買うのはいいが、その企業が倒産してしまったら、投資したお金はほぼゼロになり、戻ってこない。

■赤字、無配企業に注意

 下記の10銘柄は、経営面にも不安がなく、安心して長期保有できそうなもの。優待利回りで見るとフジオフードグループ本社の4.46%、すかいらーくホールディングスの2.58%が目立つ。実はもっと高いものも存在しているが、欲張ってはいけない。こうした銘柄を持っていれば、今日はCoCo壱番屋で優待ランチ、明日は串カツ田中で優待飲み、日曜日はくら寿司で家族そろって優待ディナー……など素敵な優待ライフを満喫できる。キリンホールディングスを持っていれば定期的にビールがもらえるし、伊藤園なら緑茶や青汁など健康的なドリンクのセットが。あらゆるものの値上げが進む今、こっそりインフレ対策……のつもりで優待株を買っておけば家計が助かる。食事券や食べ物・飲み物だけでなく、家電量販店の買い物券がもらえるビックカメラ(優待利回り2.72%)や日用品が通販ですぐ届くアスクル(同2.75%)の割引券など、買い物系優待にも注目したい。

 初心者が業績の良しあしをしっかり判断するのは難しいが、最低限チェックすべき点は?

「銘柄名をクリックすれば、当社に限らずどこのネット証券でも業績に関する情報が見られます。『経常利益』『純利益』などの項目で赤字が続いていないか。無配(配当を出さない)になっていないか確認を」

 最近は「株を1年以上保有している人だけに株主優待をあげます」などの“継続保有”を条件とする企業も増えている。なぜか。極端な例になるが、権利付き最終日の1日だけ株を保有し、翌日に売却しても優待はもらえるからだ。1日保有のつもりで大量の銘柄を売買する猛者もいる。制度としては可能なので、こうした行為を非難はしないが、品のいい話ではない。企業側もたった1日の保有で優待を“タダ取り”されることを阻止すべく長期保有優遇制度を導入しているというわけだ。継続保有銘柄は今後も増えるだろう。(ジャーナリスト・向井翔太、編集部・中島晶子)

【食べ物】

フジオフードグループ本社

コード:2752

株価:1344円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:13万4400円

優待利回り:4.46%

配当利回り:0.18%

権利確定月:6月末、12月末

100株以上の保有で半期ごとに3千円分の食事券。「まいどおおきに食堂」などの店舗で使える。保有株数に応じて増額。自社プライベートブランド商品も選べる。

■リンガーハット

コード:8200

株価:2230円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:22万3000円

優待利回り:1.34%

配当利回り:0.35%

権利確定月:2月末、8月末

100株以上の保有で半期ごとに1650円分の優待券。「リンガーハット」「濱かつ」などで利用可。保有株数により増額(300株で3850円分など)。長期保有優遇制度あり。

■すかいらーくホールディングス

コード:3197

株価:1541円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:15万4100円

優待利回り:2.58%

配当利回り:0.38%

権利確定月:6月末、12月末

100株以上の保有で半期ごとに2千円分の優待カード。保有株数に応じて増額(300株で5千円分、500株で8千円分など)。「すかいらーく」グループの店舗で利用可。

■串カツ田中ホールディングス

コード:3547

株価:1676円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:16万7600円

優待利回り:1.16%

配当利回り:0.59%

権利確定月:11月末

100株以上の保有で2千円分の食事券。「串カツ田中」や新業態ブランド「鳥玉」で利用可。保有株数に応じて増額(300株で4千円分など)。串カツはテイクアウトOK。

■壱番屋

コード:7630

株価:4910円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:49万1000円

優待利回り:0.4%

配当利回り:1.62%

権利確定月:2月末、8月末

100株以上の保有で半期ごとに1千円分の食事券。「カレーハウスCoCo壱番屋」などで利用可。保有株数に応じて増額(200株で2千円分など)。優待券の代わりにカレーセットも選べる。

■くら寿司

コード:2695

株価:2931円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:29万3100円

優待利回り:0.85%

配当利回り:0.68%

権利確定月:4月末

100株以上の保有で2500円分の優待割引券。「くら寿司」などで使える。保有株数に応じて増額(200株で5千円分など)。優待券を電子チケットで受け取れば2500円分増額。

【カフェ】

■コメダホールディングス

コード:3543

株価:2212円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:22万1200円

優待利回り:0.89%

配当利回り:2.35%

権利確定月:2月末、8月末

100株以上の保有で株主用プリペイドカードが発行され、半期ごとに1千円分チャージ。長期保有優遇制度あり。「コメダ珈琲店」でコーヒーと「シロノワール」をどうぞ。

※一部、利用できない店舗があります

■ドトール・日レスホールディングス

コード:3087

株価:1514円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:15万1400円

優待利回り:0.66%

配当利回り:1.84%

権利確定月:2月末

100株以上保有で1千円分の優待カード。ドトールグループの各業態で利用可。保有株数に応じて増額(300株で3千円分など)。直火焙煎コーヒーにジャーマンドックで一息。

【飲み物】

キリンホールディングス

コード:2503

株価:1919円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:19万1900円

優待利回り:0.52%

配当利回り:3.38%

権利確定月:12月末

100株以上の保有で1千円相当、1千株以上保有で3千円相当の自社製品。ビールのセットやキリンビバレッジの清涼飲料セット、ワイン、プラズマ乳酸菌サプリなどから選べる。

■伊藤園

コード:2593

株価:5660円

優待がもらえる売買単位:100株

優待がもらえる投資金額:56万6000円

優待利回り:0.26%

配当利回り:0.70%

権利確定月:4月末

100株以上の保有で1500円相当、1千株以上の保有で3千円相当の自社製品。緑茶、ウーロン茶、青汁などがぎっしり。保有株数に応じた自社製品割引購入制度も。

※データは2022年5月19日現在、株価は同日終値。原則として配当利回りは今期予想。優待利回りはGMOクリック証券の優待検索で調べたものを掲載、小数点3位以下は切り捨て。

※AERA 2022年6月6日号