つみたてNISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)で投資信託を積み立てる人が増えた。そんな中、「次に来る金融商品」として話題になっているのが東証ETFだ。

 ETF(Exchange Traded Fund)を和訳すると、上場投資信託。東京証券取引所(東証)や、米国のニューヨーク証券取引所などに上場している投資信託である。

 東証ならトヨタ自動車やソニーグループ、ニューヨーク証券取引所ならP&Gやマクドナルドといった個別株と同様、ETFは証券取引所に上場している。そして「東証ETF」とは、東証に上場しているETFのことを指す。

 個別株の株価が動くのと同じように、東証ETFの値段も取引時間中に動く。ちなみに、通常の投資信託の値段の更新は1日1回だ。

 買い方も個別株と変わらない。個別株と同じように4ケタの数字の証券コードがついており、買いたい口数を指定して証券会社で売買できる。値段を指定して買う「指値(さしね)注文」や、値段はいくらでもいいから買う「成行(なりゆき)注文」もできる。

 売買手数料も個別株と同じ。SBI証券や楽天証券、auカブコム証券では1日の約定(やくじょう)代金100万円以下、松井証券では同50万円以下なら無料で取引できる。

 個別株と異なるのは、購入後、ETFの保有中に信託報酬という運用コストが発生する点。これは運用をプロに任せる意味で支払うお金だ。信託報酬の水準は東証ETFの種類によって異なるが、年0.1%以下とリーズナブルなものもある。

 さて、東証に上場している投資信託というと「中身は日本株……?」と思われそうだが、それだけではない。もちろん日本株が組み入れられたものが多いが、米国の「S&P500」や「先進国株式」に連動する東証ETFもある。通常の投資信託でも人気の海外指数だ。

 ナスダック100、NYダウなど米国のメジャーな指数も一通りそろう。米国以外では欧州、インドなどの株式が組み入れられたものも。国内外の債券、国内外のリート(不動産投資信託)、金(ゴールド)も東証ETFで買える。

 東証ETFを身近に感じる例を紹介しよう。通常の投資信託「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」をご存じだろうか。つみたてNISAで純資産総額トップの人気を誇るが、この東証ETF版が「MAXIS米国株式(S&P500)」(2558)である。

 実はこの二つ、中身は同じものである。「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」(通常の投資信託)でも、「MAXIS米国株式(S&P500)」(東証ETF)でも、まったく同じ運用をしているのだ。入り口は異なるが、同じ建物に入るイメージだ。

 eMAXIS Slim米国株式と、MAXIS米国株式の大きな違いは「分配金がもらえるか、もらえないか」にある。

 eMAXIS Slim米国株式は、ファンド内で分配金が出ても投資家には支払われず、再投資に回る。効率よくお金を増やすためだ。一方、東証ETFのMAXIS米国株式は分配金が出る。

 純粋に<お金を増やす>という目的ならeMAXIS Slim米国株式に軍配が上がるのだが、東証ETFは<お金を増やしつつ、分配金ももらう>ことを目的に買いたい。定期的にもらえる分配金が、老後や早期リタイア後の暮らしの助けになるからだ。

 たとえばあるETFを1000万円持っていて、分配金利回りが2%なら、年20万円(税引き前)の分配金がもらえる。1カ月あたり約1万7000円はちょっとした小遣いになる。

 現在、東証ETFは266本あるが(2022年7月8日現在)、おすすめはどれだろう。ビギナーにも買いやすく、長期保有のつもりで毎月こつこつ買い増したいものを11本、選んだ。

 順番に、カウントダウン方式で紹介していく。

※ここから紹介する東証ETFのデータは2022年7月11日現在のもので、価格は市場終値。分配金利回りは直近1年分の合計と同年7月8日現在の基準価額から算出しています。 

◆11位 NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信<2515>

価格/1252.5円 売買単位/10口 信託報酬(税込み、以下同)/0.187% 分配金利回り/2.42%

→日本を除く先進国の不動産に投資できる。ここ2年、価格はゆるやかに成長している。信託報酬もリートのETFにしてはリーズナブル。2%台の分配金利回りがうれしい。家賃をもらう感覚で。なお、不動産のETFはメインではなくサブとして保有したい。

◆10位 iシェアーズ 米国リート ETF<1659>

価格/2731円 売買単位/1口 信託報酬/0.22% 分配金利回り/2.66%

→こちらは「米国の」不動産に投資できる。こちらも11位の「外国REIT」と同様、ゆるやかな価格成長。1口約3000円と手頃な価格で買える。信託報酬も合格ライン。分配金利回りも3%近くと良好。

◆9位 MAXISナスダック100上場投信<2631>

価格/1万1810円 売買単位/1口 信託報酬/0.22% 分配金利回り/0.28%

→米国IT関連株の宝箱的指数「ナスダック100」に連動。通常の投資信託でナスダック100のインデックス型を買うと信託報酬は最安0.4%台だが、こちらは0.22%と安い。成長株が多いため分配金利回りは低いが、そもそもナスダック100は値上がり重視で買うべき対象。値動きがやや激しいので、少なめの口数で試そう。

◆8位 上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり<2562>

価格/2661円 売買単位/10口 信託報酬/0.33% 分配金利回り/1.26%

→有名な「NYダウ」指数に連動。「為替ヘッジあり」なので、円安・円高の影響を受けない。NYダウの中身はブルーチップと呼ばれる米国の優良企業30社。信託報酬が0.33%と、やや高め。

◆7位 NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(為替ヘッジなし)<1546>

価格/4万2020円 売買単位/1口 信託報酬/0.33% 分配金利回り/0.72%

→8位と同じくNYダウ採用の30銘柄に投資できる。こちらは「為替ヘッジなし」のタイプ。せっかく米国に投資するのなら、このETFに限らず「為替ヘッジなし」を推したい。2022年のように円安が進行すると円換算では儲かることになり、インフレ対策にもなる。その逆も当然あるが、為替のリスクはとってよいと私(桶井 道)は考えている。

◆6位 上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本<1554>

価格/3106円 売買単位/10口 信託報酬/0.264% 分配金利回り/1.32%

→日本を除く世界中の株(先進国株+新興国株)に投資できる。日本株は個別株で持っている、もしくは日本株に期待していない人に向く。世界中の株と書いたが、組み入れ上位は米国株で、全体の60%以上を占めている。2位は英国株で約4%、3位は中国株で3%台後半。

◆5位 MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信<1550>

価格/3650円 売買単位/10口 信託報酬/0.165% 分配金利回り/1.40%

→日本を除く先進国株に投資できる。できるだけ広い地域に投資したいが新興国の株は避けたい人に。新興国株が入っていない分、米国株の比率が約70%と高め。その点を好んで買う人も多い。

◆4位 iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF<1657>

価格/3290円 売買単位/1口 信託報酬/0.209% 分配金利回り/1.24%

→5位の「MAXIS 海外株式」と同じく日本以外の先進国株に投資できる。こちらは信託報酬が先進国株のETFにしては高めだが、1口3000円台前半で買える手軽さがいい。毎月こまめに買い増せる水準だろう。

◆3位 MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信<2559>

価格/1万3675円 売買単位/1口 信託報酬/0.0858% 分配金利回り/1.41%

→先進国と新興国で合計47カ国の株に分散投資できる。「オルカン」という愛称で呼ばれ、人気上昇中。国別の比率は米国株が60%弱、続いて日本株約5%、英国株3%半ば。米国株一辺倒の投資を懸念する層に支持されている。

◆2位 iシェアーズ S&P500 米国株 ETF<1655>

価格/382.4円 売買単位/10口 信託報酬/0.0825% 分配金利回り/0.71%

→米国の人気指数、S&P500に連動。米国の中でもメジャーな500社の株に投資ができる。メインで投資したいETFの一つだ。価格382.4円×10口単位、つまり4000円弱から買えて、信託報酬も安い。

◆1位 MAXIS米国株式(S&P500)上場投信<2558>

価格/1万5230円 売買単位/1口 信託報酬/0.077% 分配金利回り/0.87%

→2位の「iシェアーズS&P500」と同じくS&P500採用の500社を丸ごと買えるが、信託報酬はこちらが安い。分配金利回りが一般的な米国ETFに比べて低めなのは、新規の資金流入が続いている影響(難しい言葉だが「分配金の希薄化」という現象が起きている)。ゆくゆくは本来の水準に近づく方向なので、心配せずに長期保有を。

 以上、11本の東証ETFを紹介したが、トップ2は、やはり「米国株式(S&P500)」を選んだ。理由は、米国が経済や最先端技術の面で覇権を握っているからだ。最強の国の中で厳選された、いわば<超エリートの500社>をまとめて買えるのは、ありがたい。

 S&P500採用の500社は年に4回、見直されることになっている。いったん採用されたらずっと……というわけではなく、経営不振になれば振り落とされる。甘さは無い。既得権益じみたものも、忖度もない。そこがいい。

 極端かもしれないが、S&P500のETF1本だけでも十分な分散投資ができる。値上がりを期待しながらコツコツ買い増してみよう。現在の分配金利回りは低くても問題ない。安値で買っていくことで「自分の買値に対する分配金利回り」は上がっていくケースが多いからだ。

 なお、今回は日本株の東証ETFをあえて除外した。お金を増やすなら、米国株や海外の資産に重点を置いたほうがいいと考えているからだ。

 円で給与をもらい、円で貯金をしているなら、投資ではドルベースの資産に分散したほうがバランスはいい。インフレ対策にもなり、一石二鳥である。

◎桶井 道(おけいどん)/関西在住。47歳で資産1億円とともに約25年勤務した会社を退職、アーリーリタイアを達成。国内外の高配当株および増配株、米国ETFを駆使して資産運用を行う個人投資家(投資歴20年以上)。「60歳で株とETFからの配当金(分配金)年間240万円、資産目標2億円」を公言。ブロガーでもある

(文・桶井 道、編集・中島晶子)