iDeCoは投資信託や定期預金をつみたてて、60歳以降に一時金または年金として受け取る国の制度だ。iDeCo専用の口座開設が必要だが、ポイントは? 「AERA Money 2022秋冬号」(2022年11月11日発売)から抜粋してお届けする。

*  *  *

 iDeCoの口座開設は「余計な手数料」の有無、商品ラインアップの充実を基準に決める。

「iDeCoはネット証券ならどこでもいいんでしょ? 手数料も安いんでしょ?」と適当に決めると、後から「しまった……」と思うかもしれない。

 iDeCoはネット証券によって買える投信に偏りがある。だからこそ、金融機関選びが重要になるというわけ。

 iDeCoの金融機関はいつでも変更できる。ただし、手続きは書類中心で面倒。完了まで数カ月かかることもある。

 その「面倒ぶり」について書いておこう。iDeCo口座を移換する際は元の口座で運用していた投信がいったん現金化される。利益に課税される心配はないが、手続きの間の数カ月は運用が止まることに。

 変更前の金融機関から4400円の移換手数料を取られるケースも多い。要するにiDeCoの金融機関変更は、手間とお金がかかるのである。

 さて、失敗しないために、どんな金融機関にiDeCo口座を開設すべきか。インデックス投資アドバイザーのカン・チュンドさんに聞いた。

「余計な手数料を取っていない金融機関を見分けるには『初回2829円』『iDeCoの毎月の手数料171円(国民年金基金連合会に105円+信託銀行などに66円)』、これ以上の金額が書かれている金融機関はパスしましょう。

 そのうえで信託報酬0.3%以下の低コスト投信を取り扱っているかどうかをチェックします」

「余計な手数料」を取っておらず、本誌がおすすめできるのは主要ネット証券(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)SMBC日興証券、三井住友銀行の「みらいプロジェクト」だ。

面倒でも変更を検討

「これら以外の金融機関の窓口ですすめられて、なんとなくiDeCo口座を開設してしまった人は、面倒ですが変更しましょう」

 素人目には、投信の取扱本数は多ければ多いほどいいように思う。しかし、低コストのインデックス型投信がそろっていれば、必ずしもたくさんある必要はない。

「たとえば『eMAXIS Slim』シリーズ。iDeCoをいち早くスタートさせた金融機関より後発組のほうが充実しています。このシリーズが登場したのは2017年2月ですが、2016年9月にiDeCoをスタートさせた楽天証券では『eMAXIS Slim』シリーズが買えないのです。

 SBI証券は2005年にiDeCoを開始しましたが、当初の『オリジナルプラン』(2021年1月から新規受け付け停止)に、2018年11月より『セレクトプラン』を追加するという荒業(笑)で当時最新だった投信を追加しました。

 早くスタートさせた金融機関ほど、その後に登場した低コストのインデックス型投信を取り扱えないという皮肉な状態になっています」

 せっかく個人投資家のためにいち早くサービスをスタートさせたSBI証券、楽天証券は微妙な気分だろう。自由に入れ替え、追加ができればよいのに。

 ただ、自由にしすぎると瞬く間に100本以上の投資信託がiDeCo対象になり、初心者にはハードルが高くなる。現状でちょうどいいのかもしれない。

 対面の金融機関ではSMBC日興証券と三井住友銀行の「みらいプロジェクト」が良心的。手数料は最低限で、確定拠出年金専用の「SMBC DCインデックスファンド」シリーズ(信託報酬0.1%前後)の投信を用意している。S&P500の投資信託は0.0968%(税込み)、先進国株式(MSCIコクサイ)の投資信託は0.1023%と、eMAXIS Slim並みの低コストだ。

◯カン・チュンド/インデックス投資アドバイザー。創業22年の投資信託クリニック代表。「投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブザイヤー」の運営委員を務めるなど良質な投資信託の普及に尽力

(構成/編集部・中島晶子、伊藤忍)

※「AERA Money 2022秋冬号」から抜粋