AKB48グループメンバーがプロレスラーに扮し戦う「豆腐プロレス」が人気だ。女性アイドルも続々プロレスに参戦し、賞をとる選手もあらわれた。プロレスとアイドル、一見遠そうなジャンルを股にかける女子が増えているのは、なぜなのか。

 プロレスラーだった父の急死を機に、普通の女子高生(宮脇咲良)が父を裏切った元弟子率いる道場に立ち向かうためプロレスデビュー──今年1月から放送されているドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系、毎週土曜深夜0時5分〜)は、宮脇さんやライバル役の松井珠理奈さんら総選挙上位メンバーを含め、AKB48グループのメンバーが多数出演している。試合シーンはスタントを立てずアイドル本人が打撃技や組み技をあわせて撮影。月に2回、リングでロープに飛んだり受け身を取るなどの練習を重ねてきた。

 本格的トレーニングが必要なため、番組出演の意思があるメンバーが手をあげる方式。出演を躊躇するメンバーもいる中、宮脇さんは「新しい世界を一から学べて成長できる」と真っ先に立候補した。

 今年1月に東京ドームのプロレス興行を初めて生で観覧して「アイドルとプロレスは似ている」と実感した。

●喜怒哀楽ぶつかり合う

「倒れそうになっても、声援を力に変えて選手が立ち上がっていた。私たちもファンの方たちに支えられてばかり。どちらもファンがいなければ成立しないジャンルなんだと感じました」

 プロレスは場外乱闘や2人がかりの攻撃が一定程度認められるなどルールの幅が広く、選手や技の個性も多様。選手の喜怒哀楽さまざまな感情がぶつかり合い、そこにファンが感情移入する競技でもある。宮脇さんはそこにもアイドル、特にAKB48グループとの共通点があるという。

「私たちは夢の世界の住人ではない。きれいなところだけ見せるのではなく、悲しんだり落ち込んだりしたことをそのまま言うほうがファンの方は支持してくれます。そこもプロレスとすごく似ているなと」

 試合部分のトレーナーのプロレスOBからは、悔しい時にリングを叩くなど大きな動きで感情を表現することも学んだ。

「今は、頑張ったり熱くなることがかっこ悪いと思われる時代。そんな時代に私たちアイドルもプロレスも自分の感情をむき出しに、ダメなところも見せたくないところも見せている。そこが私は好きです」(宮脇さん)

●人形から人間になった

 ドラマにとどまらずアイドル、特に女性アイドルが実際にプロレスラーになるケースがここ数年急増している。その先駆者が2010年にプロレスデビューしたグラビアアイドルの愛川ゆず季さん(34)だ。彼女にとってプロレスは、自分を「人形から人間にしてくれた」存在だった。

 プロレス入り直前はブログのアクセス数を稼げなければ引退といった企画をやるなど「崖っぷちアイドル」といわれていた。

「デビューしてすぐ、雑誌の表紙に出たいという目標を何の努力もせず実現してしまった。その後は、仕事をもらっても出たとこ勝負。がんばれ、と言われるけど、何をがんばればいいのと思っていました」

 そんな時、事務所からプロレス入りを勧められ、初めて「打ち込める目標」を手にした気がした。デビュー後は女子プロレス団体「スターダム」に所属。アイドルだからと思われたくなくて「明日のことを考えない、捨て身のプロレス」を心掛けた。体はきつく、家に帰ってコスチュームのまま寝てしまうことも。ベテランのダンプ松本に試合で「ボコボコ」にやられ、実家に帰ってしまったこともあった。

●もがいてる姿隠すなと

「技術では他の選手に簡単に追いつけないので、わかりやすい努力をしようと思いました。練習も全部参加して移動も他の選手と一緒のバスに乗って、会場の椅子出しもしたし、仕事も両立して、空き時間は一切ないようにしてました」

 そのファイトスタイルはファンの心をつかみ、プロレス界では最も権威のある「プロレス大賞」女子部門を2年連続で獲得した。愛川さんも、プロレスは「人間の根本にある喜怒哀楽すべての感情を出して勝負したい人たちの集まり」と表現する。

「どこかコンプレックスがある人が、何かに勝ちたいと思ってやる競技がプロレス。私もたくさん挫折したけど、そのすべてをさらけ出して観客に響かせることが快感でした」

 心身の限界から13年に引退した愛川さんと入れ替わるようにデビューしたのが、人気プロレス団体「DDTプロレスリング」に所属するモデル、タレントの赤井沙希さん(30)。昨年に先輩レスラーとの一騎打ちで敗れた後、リング上で「なんでもがいてる姿を隠そうとするの」「(負けて泣いている)その汚い面をカメラに見せなさいって言ってんの」と公開説教を受けた。

「それまではきれいなところだけを見せるのがプロレスと思っていたので、衝撃でした」

 長身のプロポーションに加え、父はプロボクサーとしても活躍したタレントの赤井英和という話題性もある。だが、彼女がファンを引き付けるのは追い込まれた時に出た「本性」だ。初めて他団体に出場したときはその団体のファンからツイッターで罵声を浴びせられノイローゼ寸前になったが、試合が始まり相手選手にたくさんセコンドがついているのを見て気が楽になり、顔面を張り合う大熱戦を見せた。

「こっちはセコンド1人なんだからあんたも1人で来いや、と思いましたね。人は簡単に死なないな、と思って戦っています」

 DDT傘下の女子プロレス団体には「沙希様」という「よく似た選手」が登場し、相手選手を「白ブタ」「ペリカン」「汚い格好でリングにあがらないで」と罵ってファンのブーイングを浴びる。セリフは事前に作ったものではなく、「思ったことをそのまま言っている」という。

「リング上は学校じゃない、みんな横並びじゃないんだから、もっと人をねため、恨めとほかの選手に言いたいですね」

 女性アイドルの「旬」は男性以上に短い。きれいな一面だけを見せる仕事に飽き足らなくなった時、彼女たちは全人格と感情をかけて戦えるプロレスのリングを目指すのかもしれない。

(編集部・福井洋平)

※AERA 2017年6月26日号