都会の独身アラサー女性たちの、共感と悲鳴の渦を巻き起こし、ドラマ化もされた漫画「東京タラレバ娘」。ヒット作の生みの親、東村アキコさんは、切れ長の目が印象的なセクシー美女。作家・林真理子さんとの対談は漫画に負けず劣らずの切れ味抜群トークで、大興奮の「女子会」となったのでした。

*  *  *
林:東村さんは、結婚しなくたって幸福にはいろんな道があるだろうと思ってたら、周りの女性が「東京オリンピックまでに何とか結婚したい」と言い始めたんですって? これは世の中で言われてるのと違うぞ、みんな結婚したいんだ、というのが描き始めたきっかけだったとか。

東村:そうなんです。特に東京のキャリアウーマンは、「男なんていいわ。私一人で稼いで、女だけで遊んで生きていったほうが楽しい。彼氏ぐらいはつくってもいいけどね」という具合に完結していると思っていたんです。でも、私の周りの編集さんとかライターさんとかが、東京オリンピックが決まった途端に「結婚したい」って言いだしたんです。

林:オリンピックがそんな影響をもたらしたとは。

東村:オリンピックが決まったとき、うちの独身の30代のアシスタントたちに、「7年後にオリンピック決まったじゃん。でもさ、『オリンピックまであと100日』とか『あと50日』とかってカウントダウンが始まったときに、あんたたちスッとその前を素通りするわけ? 一人でオリンピック観戦するわけ?」って冗談で聞いたんです。

林:ええ。

東村:この「7年後」というのが、遠いような近いような絶妙な時間で。みんなリアルに7年後を考えたらしくて、そこからみんな「やっぱり私、結婚したいかも」って言いだしたんです。「ちょっと私の相談を聞いて」と私にどんどん飲みのお誘いが来て、それが増えて面倒くさくなっちゃって、この際、彼女たちをモデルに漫画描こうかなと思って。

林:こんなこと作者に聞くのヤボですけど、モデルはいるんですか。

東村:います。脚本家の主人公とネイリストと居酒屋の子、3人ともモデルがいて、職業もそのまんま描いてます。今回は取材してないです。

林:彼女たちの独白がいちいち刺さるみたいね、アラサー女子に。

東村:私はべつにアラサーの子にお説教しようとか、いろいろ提案するつもりじゃなくて、ただおもしろいなと思って描き始めたんです。

林:漫画ってすごいなって思ったのは、アラサー3人組が恋愛の話でああでもないこうでもないと盛り上がっている姿が目に浮かぶというか。

東村:最初は、こんなこと描いたら怒られちゃうかなと思ってたんですけど、怒ってくる人もあんまりいなかったんです。漫画だとイヤミにならない感じがあったのかな。

林:へえ、そうだったんですか。

東村:私、松苗あけみ先生の「純情クレイジーフルーツ」が大好きで、80年代、90年代あたりってそこそこイケイケのきれいな女の人たちが、トレンディードラマみたいな感じで男の文句をワイワイ言いながら飲んだり食べたりする華やかな漫画がいっぱいあったんです。そういうのをもう一回やりたいなと思ったのと、「セックス・アンド・ザ・シティ」の東京版をやりたいというのが、私の2大テーマだったんです。

林:なるほど。酒井順子さんが書いていて、私もなるほどなと思ったんだけど、80年代は小洒落たイタリアンでワイン飲みながらああいう話をしてたのに、今はそれが居酒屋になってるって。

東村:そうなんですよ。大衆酒場ブームで、私もここ5年ぐらいアシスタントと一緒に「せんべろ」(千円でベロベロに酔える居酒屋)の店に行くようになったんです。そうしたら、OLのきれいなおねえさんが新橋のガード下なんかで飲んでいて、なんだかカッコいいなと思ったんですよ。これって地球上で東京だけなんじゃないかと思って、「東京のOL賛歌」という意味も込めていて。

林:私、切なくなりましたよ。女の子の気持ちって、時代が変わっても変わらないんだなとあらためて思った。私も昔を思い出して、「わかる、わかる」って。

東村:どんなに「私は顔とか見た目とかはカンケイない。ぜんぜんいい男じゃなくていいから」って言ってる人でも、結局「いい男」の要素がある男にみんな引っかかりますもんね。それがつまんない男でも。

林:やっぱり男の人は外見ですよね(笑)。あと、皆さんが必ず言うのは、「どこに行けばいい人がいるのかわからない」。

東村:ああ、言いますね。「出会いがないんですよ」って女性の編集者さんとかに言われると、「じゃ、地球上どこに行ってもねえな!!」って答えます(笑)。「地球上でいちばん人口過密の東京で、毎日何千人もの人とすれ違っていて出会いがないんだったら、もうどこに行ってもないわ!! アハハ」って。

※週刊朝日 2017年7月21日号より抜粋