昨年8月17日の札幌競馬で落馬、肋骨(ろっこつ)を9本、骨盤を5箇所骨折するなど、重傷を負って休養中の三浦皇成騎手(27)がトレーニングを再開し、29日に開幕する因縁の札幌競馬で実戦復帰を目指すことを明らかにした。

 大怪我を負って長期離脱し、「もうダメかも」と絶望視された。競馬だけでなく、妻でタレントのほ しのあきとの不仲説まで取りざたされていたが、実際はどうなのか。 ある芸能記者はいう。

「ほしのと競馬番組で出会った(ほしの命名の『ハシッテホシーノ』への騎乗が縁だった)三浦騎手は、デビュー年に91勝し、武豊の再来(武を超えた)と騒がれた。ところがほしのとの入籍翌日に、三浦騎手の師匠が詐欺事件で調教師免許はく奪、結婚翌年に三浦騎手は女子大生とのキス現場をスクープされ、一方のほしのは詐欺事件で2013年から芸能界休止。三浦騎手の成績も低迷する中の大怪我で、ふたりの仲は難しい……と記者仲間でも噂されていました」

 三浦騎手の怪我は酷いが、アスリート生命は大丈夫なのだろうか。整形外科医の牧野耕文さん(神奈川県・まきの整形外科)に聞いてみた。

「怪我の病名から判断すると、当初は出血性ショックで、輸血と 骨盤骨折 の創外固定をし、また、 肋骨骨折、肺挫傷、血気胸のために トロッカー(胸腔の血腫を除去する管)を必要としたと思われます。頭部・腹部の病名がないのが幸いして助かったのかもしれませんが、命の危険もあった状態ですね。この怪我であれば、ふつうは(復帰まで)受傷後2年は必要かと考えます。課題は下肢筋力。馬に乗るだけなら今年中に乗れるでしょうが、プロの選手であるなら、復帰したら勝たなければならないし、かなりの精神力も必要と思われます」

 ところが、だ。このピンチをはねのけ、果敢にも落馬した札幌競馬場のレースで復活する という 。しかも、騎手の体をサポートしていたのは、意外な人物だった。それは、カーヴィダンスで知られるボディメイクトレーナーの樫木裕実さんだ。神田うのや小倉優子など芸能人にも頼られているカリスマだ。樫木さんが、自身のブログで初めて三浦騎手に触れたのは今年5月9日。

<私がリハビリアプローチを実際に任された2月はまだ杖をついて家では車いすでした。絶望と言われた復帰 皇成の復帰したい思いとアスリート魂、身体能力 私も絶対復帰させる !その時は怪我する前より乗りやすい身体にしてみせる!(一部抜粋)> と力強く宣言。6月30日には、<皇成の身体の反応は抜群です。身体を研ぎ澄ませる感性も怪我をしたからこそ更に磨かれていったのだと思っています(一部抜粋)>と明るい展望を記し、7月12日のブログでは、<ずっと一緒に闘ってきた皇成がいよいよ復帰 馬に乗る前の最後のトレーニングになった七夕の日。嬉し、寂しい気持ちにもなりました。心はファミリーみたいなものです(一部抜粋)>と騎手の復帰を我がことのように喜んだ。樫木さんはアスリートのボディも指導するとはいえ、三浦騎手との関係は一瞬遠いように感じる。

 だが、ここに“夫婦仲”のヒントが隠されていた。

 先の芸能記者がいう。

「考えてみれば、ほしのは結婚前から樫木さんの指導を受け、『ほしのボディ』という本を作り、結婚式にも樫木さんを招いている。まさに彼女のファミリーなんですね。出産後のウエストの“くびれ”も樫木さん頼みでした。夫のピンチ時、絶大な信頼を置く樫木さんに、姉さんの女房として一肌脱いだ(相談した)ことは想像に難くない。さげまんと言われたほしのですが、夫を陰で支え続けたことで“女としての株”は、あがった!我々の予想を裏切り、夫婦仲もずっと良かったんでしょう」

 その言葉を裏付けるように、あるスポーツ関係者が、「 7月に先輩の田辺裕信騎手宅で開かれ素麺パーティに“三浦一家”が仲良く参加していた 」と話している。

 8月のレースまであと数週間。競馬記者の有吉正徳さんはいう。

「勝負勘が実践で戻るか不安かもしれないが、競馬を客観的に見たのはプラスに作用する。テニスのフェデラー選手のように、長期休養でしっかり休んで見事に復帰した例もあるし、完璧な体調で臨んでほしい。武豊の新人記録を超えたようにセンスはあるのだから、焦らず自信を持って」

 無事に走って勝ってほしーの。そう願うのは、妻もファンも同じだ。(藤村かおり)