女優で歌手の原田知世(49)がデビュー35周年目を迎え、セルフリメイクした「ロマンス」(原曲は1997年発表)のシングルや7インチ・アナログ、さらにニューアルバム『音楽と私』を発売した。約20年ぶりに音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日)にも登場し、久しぶりに彼女の姿をみたファンから「アラフィフとは思えない!」とその美貌が絶賛されている。

「音楽メディアでの露出が久しぶりだったこともあり、今回は特別注目を集めていますが、原田さん自身は女優としてコンスタントに出演を重ねてきていました。デビュー当初は、『時をかける少女』など清楚なイメージでしたが、30歳を超えたあたりから徐々にほのかな色気を感じさせる女優として成長していき、人気は衰えていない。また歌手活動でも、アイドル歌手から徐々に、スウェーデンのプロデューサー、トーレ・ヨハンソンのプロデュースを受けたり、高橋幸宏ら本格派のアーティストとユニットを組んだりと、アイドル歌手にとどまらない活躍を見せ、デビュー当時の彼女を知らない世代にもその存在が知られているようですね」(音楽誌の編集者)

 最近では、石田ゆり子(47)のように美しいアラフォー・アラフィフ女優に注目が集まっているが、原田のように、昔と変わらぬ美貌をもちながら、ミュージシャンとしての活動を重ねているシンガーたちも多い。

 例えば、40歳を超えても「かわいすぎる」と評判のYUKIも今年で45歳。人気ロックバンド・JUDY AND MARYが解散して以降、ソロでの活動は変わらず順調で、若い女性からの人気も高い。また、バンド時代から彼女の持ち味であった、セクシーな世界を表現するパフォーマンスには、今なお若い男性からも注目が集まっている。

「アルバムのアートワークや、MVでのセクシーなパフォーマンスは、ちょくちょくSNSや掲示板でもネタにされてきました。ソロ活動開始前後から着用していた、胸が半分あらわになったものや、下半身がショーツだけといったセクシーな衣装は、さすがに最近では見られなくなりつつあります。ただ、彼女が表現する耽美な世界観は健在で、アーティスティックなセクシー表現は、ここのところ、さらに磨きがかかっているようです」(同)

 一方、近年は作品のリリースしていないが、森高千里も今年で48歳だ。

 1999年に俳優・江口洋介(49)と結婚した森高は、子育てが一段落した2010年頃から音楽番組やテレビCMに出演して活動を増やしており、今年5月には歌手デビュー30周年を迎えている。夫・江口との仲むつまじさがたびたび写真週刊誌でとりあげられるほか、その美しさは衰え知らずで、彼女のヒット曲の歌詞にひっかけ「オバサンになってもかわいい」などという声もあがっている。

「若い頃から活躍しているアラフォー・アラフィフ世代のアイドルたちは、音楽番組がもっとも賑やかだった時代にデビューしているので、とにかく忙しく歌手活動も活発だった。小泉今日子(51)や渡辺満里奈(46)も今年、ベストアルバムやセレクトアルバムなどをそれぞれ発表しますが、母親役などを務める女優業と違って、シンガーとしての活動は、年齢不詳なほどに美しくみられるようです」(女性週刊誌の記者)

 小泉はデビュー35周年、渡辺も30周年と、偶然、今年は“節目の年”ラッシュで、過去の業績と比較される機会も増えており、そうした中で、シンガーとしても活動する彼女たちの美貌にあらためて注目が集まっているのかもしれない。

「歳を重ねても美貌を保っている女優は昔からいました。ただ最近は、女性系のウェブメディアやSNSで、年齢を重ねた女優たちのルックスを指摘して貶める記事や投稿が多い。ネット社会では、簡単に過去の写真との比較ができるようになったこともあり、そういう記事は注目が集まりやすい。だからこそ、その中でもまったく衰えない美貌を持つ彼女たちに称賛が集まるのでしょう」(同)

 アラフィフも何のその、いつまでも美しく、活発に、活動を続けてほしい。(ライター・黒崎ひろし)