浅田美代子さんが最初に出演したドラマには、本番前にリハーサルではなく“稽古”があった。1970年代に大人気だったドラマ「時間ですよ」。向田邦子さんが書いた脚本を、久世光彦さんが演出し、ベテランから若手まで、錚々たる役者が出演していた。台本だけでも十分面白いのに、稽古を通すことで、話がさらに面白くなっていく。「当時のドラマは、半年続くのが普通で、収録中は、家族より一緒にいる時間が長かった。だから、この世界に入ってすぐ『お芝居っていいなぁ』って思ったし、これからも続けていきたい気持ちも生まれていたんです。それが、思いもかけないところでドラマの挿入歌が売れちゃって……(苦笑)。歌番組に行くと、同世代は多いんだけど、ドラマの現場のようなアットホームな感じとは程遠くて、『なんだか、あんまり好きじゃないな、ここ』って(笑)」

 デビューから40年以上が経つが、いまだに“女優”という肩書にはなじめない。どこか、自分にはきらびやかすぎる気がするからだ。

「ストイックに役者一本でやっている方には叱られるかもしれませんが、職業を聞かれたら、“役者”と答えるのが、自分的にはしっくりきます」

 そんな浅田さんが、18年ぶりに舞台に挑戦する。「ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜」は、現在放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本を手がける岡田惠和さんのオリジナル戯曲である。

「30年ぐらい前、離婚したばかりのとき、私にとって初めての舞台出演が『喜劇・離婚』という作品でした(笑)。それが上演されたのが現在のシアタークリエで。こうしてまた同じステージに立てるなんてすごい偶然だと思いました。初心に戻る感じだなって」

 普段声を張るような芝居はしないので、舞台は向いていないのではないかという不安があった。そのとき共演した赤木春恵さんに、「うがいは毎日したほうがいい」とアドバイスされたものの、浅田さんは大のうがい嫌い。

「どうしてもうがいができなかったので、結局一切しないまま、2カ月乗り切りました(笑)。赤木さんには、『本当に喉が強いのね』と言われました。とはいえ今回は、さすがに体力的に不安なので、トレーニングに通い始めたところです」

 仕事のときは、緊張感を楽しむようにしている。一昨年、河瀬直美監督の「あん」に出演したときも、クランクイン前日になって、まったく眠れないぐらいに緊張した。

「でも、そういうのも終わると気持ちがいいし、いくつになっても緊張できるのは、この仕事ならではなのかなと思います。年齢を重ねて良かったこと? 本当の友達が見つかるのは、大人になってからですよね。とくに人間関係は、余分なものがどんどん削られてシンプルになっていくのが気持ちよかったりします」

※週刊朝日 2017年7月28日号