女優の長澤まさみ(30)が、7月18日に公開されたスポーツアパレル「UNDER ARMOUR」の新PVでスイムウェア姿になり、健康的な美ボディーを披露している。

 この動画は銭湯でくつろぐ長澤が、音楽が流れると同時にキレキレの不思議なダンスを踊り始め、浴槽に飛び込み、さらに水中で踊り続けるという内容。脱衣所のロッカーの上を四つん這いで移動したり、すりガラス越しにセクシーなしぐさで着替えを始めたりと、インパクトは絶大だ。

 そんな長澤だが、気付けばもう30歳。10代の頃は映画『世界の中心で、愛を叫ぶ』(2004年公開)や『タッチ』(05年公開)などで透明感のある清楚なヒロインを好演。清純派女優として活躍してきたが、アラサーに突入したここ1〜2年は、このCMのように清純派の枠にとらわれない役柄も数々演じている。

「16年に放送されていた『キンチョー 虫コナーズ』のCMは衝撃でした。設定は高畑淳子(62)演じるオバサンの家に、長澤演じる近所の女性が遊びに行き、虫コナーズの効果について関西弁で説明するというもの。このCMで長澤は髪の毛を後ろに縛り、白のノースリーブに緑のスカートという地味な格好で、『日が経つとブワーっと効き目が下がるんは嫌やんね。だださがり!』と関西弁でまくしたて、眉間にしわを寄せながら変顔まで披露。しかも、さすがプロというか、関西弁のイントネーションが完璧だった。いかにもな関西のオバサンとしか見えず、とにかく強烈でしたね」(女性週刊誌の記者)

 一方、今年の1月に上演された主演ミュージカル『キャバレー』では露出度の高いエロチックな姿を披露し、こちらも大きな話題になったことは記憶に新しい。

「内容は1929年、ナチスドイツが台頭し始めたベルリンを舞台に、キャバレー『キット・カット・クラブ』のショーと長澤演じる歌姫サリーの恋物語を描いたミュージカルです。長澤は大胆に露出した胸元にガーターベルトという過激な衣装を着て、谷間を見せつけるシーンもありましたね。それどころか、相手役の歌に興奮し、自ら胸を揉みしだいたり、股間を弄ったりするシーンもあり、まさに体当たりの演技でした。ミュージカルは初挑戦だったそうですが、妖艶さはもちろん歌もダンスも素晴らしく、この舞台以降、業界内で彼女の評価も相当あがったと聞いています」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 アラサーを迎え、関西のオバサンという三枚目から妖艶な歌姫まで役の幅が広がっている長澤。さらに、16年に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」ではまた違ったタイプの役を演じていた。

「ドラマ前半での自分勝手でうっとうしいヒロインが、後半、信念を貫く大人の女性へと変わるまでをしっかり演じ切りましたよね。最近、インタビューで自身の人生観を語っていたことがあったのですが、長い人生、失敗してもいいので良いことも悪いことも全部受け止め、穏やかに生きていきたいそうです。しかも、仕事もプライベートも毎日の積み重ねで、それを楽しみたいとか。そんな発言から思うに、長澤の場合は役の幅が広がったというより、さまざまな役を受け入れる懐が徐々に広くなっていったような気がします。急激に変わるのではなく、視聴者の知らないうちに一皮剥けていたみたいな。この長澤のキャリアの重ね方は、意外と若い女優たちの指標となるかもしれません」(前出の記者)

 いつの間にか清純派から大人の女優に成長していた長澤。今後、どのような役に挑戦していくのか興味深いところだ。(ライター・丸山ひろし)