岩崎宏美と今拓哉の出会いは、1998年の「レ・ミゼラブル」の舞台だった。妻は10歳年上であり芸能界の大先輩。二人は公演中の3年間はプライベートなことを話すことはなかったという。しかし縁に導かれ、下町生まれで自然体な妻と苦労人の夫はウマが合ったと二人は話す。

*  *  *
妻:今ちゃんの第一印象は、すごく真面目そうでした。稽古でも常にフルボイスで歌ってたものね。

夫:実は宏美さんとはあまりしゃべったことなかったんです。ところが、出演予定だったキャストがけがをして急遽僕が代役をやったとき、突然、楽屋まで来てくれて。

妻:「今ちゃん、すごくよかったよー!」って。でも全然、恋愛対象じゃなかった。

夫:らしいね。宏美さんがレミゼを離れたあと仲間の芝居を見にいったら、たまたま席が隣だったり、僕の地方公演と宏美さんの全国ツアーの宿泊先が偶然同じホテルだったり。

妻:そのとき初めて一緒にご飯食べたんだよね。そしたら、今ちゃんは私と同じ11月12日が誕生日だとわかって。私の長男も平成元年の11月12日だから3人一緒。でも私は戌(いぬ)年、今ちゃんは申(さる)年。犬猿の仲なのよ(笑)。

夫:ハイハイ。

妻:そのころ、犬と「二人暮らし」だったから、ちょくちょく遊ぶようになったのよね。でも最初、私のこと怖がってなかった?

夫:公演中はね。歌や芸に厳しかったから。下手なことして敵に回しちゃいけないなと(笑)。でも仕事を離れて話してみると底抜けに面白かった。竹を割ったみたいに気っ風のいい下町の姉さん。

妻:そうそう。私、根っからの下町気質なの(笑)。なにせ生まれも育ちも江東区深川ですからね。

夫:それに明るいのが良いところ。

妻:それからしばらくして、私が言ったのよね。「よかったら一緒に住まない?」って。(犬の)ベリーと二人暮らしだったし、なんか気が合うし、いいかなと思って。

夫:僕は「え? いいんですか。わかりました」と。

妻:あのころは、離婚して小さかった息子たちと離ればなれになった後で、ものすごく大変だったんです。ちょっとうつっぽくて、睡眠薬がないと眠れないような状態で、今より10キロ痩せていて。でも今ちゃんと一緒に暮らし始めたら、この人、私が寝るまで寝ないから、先に寝るようになっちゃって。睡眠薬がいらなくなったんですよ。

夫:らしいです(笑)。

妻:甲状腺の持病もあって具合が悪くて、朝起き上がれず目しか開かないような状態のときに、「寝ていてください」って言うから、「え、いいの?」って。それまでは私が朝ご飯の支度をしてたんですが、今ちゃんは、私が恥ずかしくなるぐらい料理上手でびっくりして。「これから毎日お願いします」って(笑)。

夫:ハハハハハ。

妻:スッポンとか買ってきてうちで食べたときもびっくりした。スッポンって普通、お店で食べるもんじゃない?って思ったもの。

夫:宏美さんが元気になれるものをなんとか食べさせたくて、市場を見て回ったらスッポン見つけちゃったんです。

――さお竹売りから家具の組み立てまで、夫が経験してきたアルバイトは数え切れない。一方、歌姫として育った世間知らずの妻。その妻にとって夫は、一般常識を知るきっかけを与えてくれた恩人でもある。

妻:この人、何でも知ってるんですよ。本当にいろんな経験をしてるの。私の周りに苦労人はいるけれど、今ちゃんほどいろんな経験をしてきた人はいないと思う。今まで住んだ一番安いアパートはいくらだっけ?

夫:家賃1万5千円、くみ取り共同便所。大学在学中にオーディションを受けて合格したので退学したら、おやじに、「お前の人生だから好きにしろ。でも俺の人生からは出ていってくれ」と言われて家を飛び出したんです。

妻:しかも、東京理科大ですからね。

夫:それからはずっとガテン系日雇いバイトを転々と。

妻:過酷なバイトはほとんどやってるよね。だから、私が何もできなくてびっくりしたと思います。洗濯もののたたみ方も干し方も、今ちゃんに教えてもらいました。

※「初対面の義父を呼び捨て! 岩崎宏美が見せた下町パワー」へつづく

※週刊朝日 2017年8月4日号より抜粋