出川哲朗といえば、かつては「女性に嫌われる芸人」の代表格だった。雑誌の「嫌いな男」「抱かれたくない男」ランキングでも常に上位をキープ。本人の話によると「砂に埋めたい男」ランキングで1位になったこともあるという。

 そんな出川に異変が起こった。「週刊女性」が主催する「抱かれたくない男」ランキングで、絶対王者である出川が首位から陥落してしまったのだ。出川と1票差で新たに1位に輝いたのはアンガールズの田中卓志だった。ブレークした当初は、「キモカワいい」と言われて女性ファンにも愛されていた田中が、いつのまにか単に「キモい」と言われるキャラクターになってしまった。田中の大躍進の結果、出川は惜しくも敗れてしまった。

 ただ、ここ数年、出川はタレントとして大幅にイメージを向上させている。「世界の果てまでイッテQ!」のロケ企画では、出るたびに大きな話題になっている。また、テレビ東京では4月からゴールデンタイムで「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」という番組をスタートさせた。こちらも新番組でありながら継続的に高い視聴率を記録している。いまやテレビ界では空前の「出川ブーム」が起きていると言っても過言ではない。彼は自ら「抱かれたくない男」の汚名を返上しようとしているのだ。出川のイメージがここまで大きく変わったのはなぜだろうか。

 知らない人も多いかもしれないが、出川はもともと芸人ではなく俳優である。役者を志して横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に入り、そこでウッチャンナンチャンの2人と出会った。卒業後、彼らと共に「劇団SHA.LA.LA」を立ち上げて、自らが座長となって会場の手配などあらゆる雑務をこなしていた。この時点での出川は、同期生をまとめて劇団を運営する兄貴分のような存在だったのだ。

 ウッチャンナンチャンの人気に火がつき、テレビの仕事が増えると、そこに出川も一緒に呼ばれるようになった。そして、あるとき、番組の企画でジェットコースターに乗せられた出川が、本気で怖がっている様子が面白いと評判になった。

 彼は役者を志していただけあって、もともと格好つけているところがある。普段は二枚目を気取っていて、自信満々に振る舞っているのに、ピンチに陥ると人目もはばからず泣き叫ぶ。そのギャップこそが、出川のリアクションが面白がられた最大の要因だと思う。いわば、お笑いで言うところの「フリがきいている」という状態だ。

 その後、出川の運命を変えたのが「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!」という番組だ。大型バスをクレーンで吊るして、その中に芸人たちを閉じ込めてクイズを出題するなど、大掛かりで無謀なロケの数々で伝説を残した番組だ。ここでも、たけし軍団、ダチョウ倶楽部をはじめとする歴戦の猛者たちに囲まれて、芸人ではない出川は最初は肩身が狭い思いをしていた。だが、出川は獅子奮迅の活躍を見せ、番組内でもどんどん評価が上がっていった。そして、司会のビートたけしにふざけて「タケちゃん、よろしくな」と話しかけたところ、芸人たちが出川を取り囲み、袋叩きにする動きを見せた。このとき、出川は芸人たちの手荒い洗礼を受けて、「ああ、やっと仲間に入れてもらえた」と思い、涙が出るほどの喜びを感じたという。

 そして、この番組を通じて、笑いを取るために必死になる芸人たちの裏の苦労を知り、バラエティーの仕事に今まで以上に真剣に向き合うようになった。いわば、ここで出川は「役者」から「芸人」へと生まれ変わったのだ。

 ただ、この時期には一般女性からのイメージは最悪だった。見た目も、声も、芸風も、何もかもが嫌悪感を生む要素となり、「生理的に無理」と一蹴されてしまうような状態だった。当時の出川は「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!」に代表されるようなディープな男性お笑いファン向けの番組にばかり出ていたため、そもそも女性からは敬遠されがちなポジションにいた。

 さらに、当時は世間のお笑いに対する評価も低かった。出川が現場で感じていたような「芸人って本当はすごいんだ」というようなことは、世間一般にはあまり伝わっていなかった。

 2000年代に入り、本格的なお笑いブームの時代が訪れると、少しずつ空気が変わり始めた。バラエティー番組でも、芸人の裏の努力や戦略などが赤裸々に語られるような場面も増えていき、芸人という職業やお笑いという仕事に対するイメージが変わっていった。この段階でようやく「リアクション芸も一つの立派な芸である」ということが理解されるようになったのだ。

 さらに、出川自身にも変化があった。若い頃には、周囲の芸人たちに負けないように食らいつくことに必死で、どこかギラギラしている感じがあった。それが余計に女性を遠ざける原因にもなっていた。だが、出川も年齢を重ねるにつれて、性格的にも体形も丸くなってきた。そして、「キモいオジさん」ではなく「かわいいマスコット」のような性別を超えた存在として認識されるようになってきた。こうして出川はどん底を脱して、女性にも愛される芸人へと上り詰めたのである。彼の芸に対するひたむきな姿勢は、今でも視聴者の心をわしづかみにしている。(文/お笑い評論家・ラリー遠田)