私が所属していた吉本新喜劇には、独自のルールがある。

<毎日がミニコント>

芸人たるものは常に笑いを取るというのが、最重要課題であるため、舞台以外でもミニコントや大喜利などが頻繁に行われている。

 例えば先輩に、「今日、三回目の舞台が終わるまで、一日中タメ口で喋ってな」と言われた瞬間から、ミニコントがスタートするわけだ。そのお題に対し、「わかりました」と言ったらアウト。「わかった」が正解である。

 これは笑いを鍛えるには大変有り難い話だが、心配なのは、最初はいいのだが、そのうちにその先輩がミニコントの事を忘れてしまっていないかどうかである。

「そういえばさぁ」と話しかけた時に、「はっ?」みたいな顔をされたりすると、わざとなのかミニコントが終了したのかがわからず、「すみません」と謝ってしまうのが、大半である。

 もちろん舞台中は、セリフ通りに喋るが、舞台後は再開する。一回目の舞台後に昼御飯を食べに行く際も、その先輩にはずっとタメ口だ。ミニコントを知らない先輩が同席していると、不思議な顔をされたりもするので、随時説明も必要である。しかし、そこでも心折れず、タメ口で喋り続けた者が強靭な心臓の持ち主になれるというわけだ。

有名な話では、ダウンタウンの浜田雅功さんは、ミニコントでなく、後輩にはタメ口で喋らせているという話を聞いた。テレビでそれを聞かれた際に、本人は「おもろいやん」みたいな事を言っていたが、それは本人だけである。

 後輩からしたら、もしノリを間違えて、浜田さんの機嫌の悪い時に普段の癖でタメ口で喋ったものなら、間違いなくド突かれるだろう。ゆえに芸人は、空気を読む力が非常に必要になる。

 ちなみに、私自身が受けた最大のミッションは、バットボーイズの佐田正樹さん(福岡最大の暴走族元総長)に、ケンカを売って来いというものだったが、面識のない私がいきなりミニコントを仕掛けたところで相手に理解されるわけもなく、元総長にコテンパにされることが想像できたため、即座にお断りした。

 先輩の言うことは絶対であり、全ては笑いのための世界ではあるが、この世界で長生きするには断る勇気も必要だと学んだ瞬間である。
<ピンチをチャンスに変えられる遅刻>

 一般社会ではあり得ないが、芸人の世界では遅刻しても、その理由で笑いを取ると許される風潮がある。

 吉本新喜劇の話をすれば、全体でやる台本読みに遅れてきた某芸人さんが、遅刻の理由を聞かれ、頑なに「言えません」と拒み続けけた結果、笑いが起こり、「もうええわ」と座長に許されることもあった。

 一般社会なら、遅刻した上に、理由も言わないなんてあり得ないが、芸人ではその場の空気次第では、笑いになり立場が一転することも珍しくない。
 
ただ、注意したいのはこの理由で下手に滑ってしまうと、しばらくは口をきいてもらえないこともあるので、ある意味バクチみたいなものである。



 テレビ局なら、楽屋の準備はスタッフがやるかもしれないが、吉本新喜劇では後輩芸人が担当する。そのため、一番下の若手芸人は新喜劇が開演する1時間前位には楽屋入りする。
 余談ではあるが、ほんこんさんの新喜劇は開演の1時間30分前には楽屋入りするらしい。
 
 楽屋入りすると、まず机や鏡を拭きごみ箱の中を空にする。冬には加湿器のタンクに水を入れたりもする。そして、イスの下にはスリッパもおいて置く。

 この位は、大した事ではないかもしれないが、先輩によっては楽屋入りするとすぐにイソジンでうがいをする人もいるので、イソジンをコップに入れて、机の上に置いておかなければならない。さらに、厄介なのが、そのあと麦茶も飲む人だと、イソジンの横に麦茶も置くのだ。

 これも大した事ないかと思うかもしれないが、イソジンは水に薄めるので、見た目は麦茶とあまり変わらない。そのため、置く場所を間違えると大変なことになる。ある方は、左がイソジンで右が麦茶と決まっているので、きちんと把握していれば問題ないのだが、たまに度忘れして、逆に置いてしまうと大変なことになる。

 一度、逆においてしまい、麦茶でうがいをし、イソジンを飲んでしまうという事故が起きたが、案の上、その若手は3日ほど、口をきいてもらえなかったらしい。

 麦茶でうがいをした時点で気づいて欲しかったのが本音だろう。芸人は至る所で試されており、それゆえに空気を読む力が長けてくるのである。

(文/元吉本芸人・新津勇樹)