「ビジネスの拠点をアメリカに移したい。アメリカで人生の勝負をしたい」

 松居一代は、ブログや動画で語ってきた。最近はYouTubeにも、全編英語での動画をアップ。夫で俳優の船越英一郎に対する告発動画の背景をニューヨークの街並みにするなど、思いは強いようだ。

 だが、彼女は日本では有名でも、米国ではまったくの無名。どの分野に進出するのだろうか。日本でも経験のある、テレビショッピング業界というのが最も有力な説だ。放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏にその可能性を聞いた。

「米国では最初から有名でなくても、ぜんぜんかまいません。行かないでクヨクヨ後悔するよりは行ったほうが、絶対いい。成功する可能性が十分あります」

 と太鼓判を押す。というのも、松居には商品開発の実績があるからだ。

「ゼロからの出発ではない。テレビの紹介映像で『日本で女優として有名』『日本の開発の名人』というカットが30秒くらい流れれば、いいと思います」

 松居はこれまで、掃除グッズの「マツイ棒」、圧力鍋の「マツイ鍋」、包丁、キッチンナイフ、靴、せっけんなど22品目もの商品を企業と組んでプロデュースしてきた。

「米国ではたぶん『マツイ棒』は『マツイ・スティック』になる(笑)。視聴者は90%が女性です。値段が高すぎたり、すでにある商品と似ていたりするものはダメ。松居さんはオリジナルのアイデア商品で勝負するので、基本的に歓迎されると思いますよ。包丁をはじめ日本製の商品はとても評判がよく、それだけでも有利」

 テレビショッピング発祥の地である米国では、QVC(クオリティ・バリュー・コンビニエンス)、HSN(ホーム・ショッピング・ネットワーク)など多数の企業が競う。中でも最大手のQVCは、日本、ドイツ、イギリス、フランス、中国など世界各地で展開する。

「みんなQVCをめざしている。24時間生放送でやっていますので、絶えず、新しい商品あるいはクリエーターが必要とされています。無名でも、キャラがいいとか、熱心、あるいははしゃぎっぷりがおもしろいとかで、途中から人気が出てくる人もいます。QVCで成功すれば、各国のメディアの取材だって殺到することが予想されます」

 ぶっとんだ松居のキャラクターは意外と人気者になれるかもしれない。ただ、問題は英語だ。

「松居さんの発音はまあまあいいんですけれど、一方的にしゃべるのではなく、トークになったときがどうか。生放送で英語が母国語でないラテン系などの人たちなどにも、商品の魅力が伝わらないといけないですから」

 それでもデーブ氏は、松居にエールを送る。

「松居さんは騒動に関係なくちょっと行き詰まっている感じを受けていました。最近はテレビにそんなにしょっちゅう出ているわけではなかった。米国でチャレンジする気持ちがあるなら、最後のチャンスだと思うんですよ。もし、テレビショッピングのジャンルで米国で成功したら、日本初。先駆者になる。鉄板焼きのロッキー青木みたいにね」

 最後にデーブ氏は、こうアドバイス。

「船越さんとの騒動は、米国人にはピンとこないし、これ以上エスカレートすると、米国側で要注意と警戒されるかもしれないので、このあたりで終わりにしといたほうがいいのでは。それより、船越さんを米国に連れていけばいいじゃないですか。仲直りしてね。ダメだったら、帰ってくればいいだけ。誰も悪く思わないですよ」

(本誌・上田耕司)

※週刊朝日 2017年8月11日号