米バッグブランド「LESPORTSAC(レスポートサック)」は、モデルの梨花(44)がプロデュースするブランド「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」とのコラボグッズを8月末に日本で限定販売することを発表し、注目が集まっている。

 モデルとして一世を風靡し、バラエティー番組へも引っ張りだこだったモデルの梨花。一時期は「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のレギュラーをはじめ、「週末シンデレラ 世界! 弾丸トラベラー」(日本テレビ系)でのMCや、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)などタレント活動をかなり活発にこなしていた。とくに「ロンドンハーツ」では、MCのロンドンブーツ1号2号・田村淳からいじられたり、恋愛ざたもたびたび報じられるなど、モデルよりもテレビでの活躍が印象的だった。

 だが、2008年からモデル活動を本格的に再開させるためにバラエティー出演を控え、10年には結婚、翌年に出産したことなどもあり、テレビへの出演は激減する。そうした実情を知らない一部のネットユーザーからは、「干された芸能人」「消えた芸能人」などと取り扱われることもしばしばとなっていた。

「梨花は結婚後に生活の拠点をハワイに移しました。彼女のSNSなどをフォローしている女性ファンには周知の事実でしたが、17年4月に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、家族でハワイに移住した経緯について語ったことで、一般にも知られるところとなったのです」(女性週刊誌の編集者)

 そう、テレビバラエティーに出演する彼女を見ていた視聴者にとっては「最近見なくなった」存在だったかもしれないが、梨花はテレビ出演が減少した後もモデルとして活躍し、雑誌の表紙を飾ることも多い。さらに、12年には、ライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR」を東京・代官山にオープン。このプロデュースブランドが大当たりし、全国展開やコスメラインを立ち上げるほどとなっているのだ。

「15年には、『MAISON DE REEFUR』よりもさらに品質にこだわった高額設定の新ブランドや、雑貨だけを中心に扱った『MAISON DE REEFUR KIOSQUE(メゾン ド リーファー キオスク)』を立ち上げるなどブランドの拡大にも精力的です。運営するアパレル企業のJUNも積極的になっており、17年に入ってからは名古屋や博多にも進出しています。カフェが併設された店舗など、ファッションブランドという枠を超えて、ライフスタイルそのものを提案するブランドとして、お土産品的にスマホケースなども買われているようです」(女性ファッション誌の編集者)

 こうした状況が追い風となって、いま彼女の活動そのものにも再び注目が集まっているという。
 
「インスタグラムのフォロワーが120万人を突破し、その投稿がネットニュースで度々取り上げられています。ファンも多いので、アップされるたびにネットメディアを賑わせます。インスタの投稿では、ハワイでのしっとりした生活風景や、モデルとしてヨガなどにいそしむ姿やお子さんを溺愛する様子など、ネタには事欠かない。最近も、アラフォーとは思えないほどのセクシーショットをいくつかアップしていました。影響力も相当あるので、テレビ業界の人間もみな、早くバラエティーに復帰してくれないかと思っていますよ。テレビ離れが進んで、若い女性の視聴率はどこも喉から手が出るほどほしいですからね」(民放バラエティー番組制作スタッフ)

 テレビで“お騒がせタレント”として炎上していた頃は遠い昔。現在は実業家として成功し、悠々自適な幸せ生活を送っている梨花の注目度は、衰えを知らないようだ。そんな彼女がバラエティーの現場に戻ってくることはあるのか。(ライター・黒崎さとし)