歯に衣着せぬ物言いでテレビで見ない日はないほど人気の夫、梅沢富美男さん。彼を支える妻の池田明子さんは、家族の健康にも役立てたいと、植物療法士の仕事に打ち込んでいる。役者とその女房のリアルな夫婦像とは……。

*  *  *
夫:夫婦げんかはほとんどしたことがないですね。

妻:そうですね。日常のささいな言い合いはありますけど……。もうだめだ、みたいなことはないですね。

夫:最近の大げんかはあれだ、娘の婚約の件で。

妻:もう1年以上前ですよ。

夫:朝の7時半に人のこと起こして、いきなり「長女が結婚したいって」って。

妻:だって、あなた、全然家にいないんだもの。帰ってきても話をする時間もないぐらい忙しくて。

夫:それにしたってお前ね、そういうことはちゃんと、夜にでも夫婦二人きりで話し合うべきことじゃないの? それを起き抜けの出し抜けで。

妻:はいはい。

夫:それともなにか、どさくさの寝ぼけまなこで「うん、わかった」って認めさせようって作戦か?

妻:あははは。まさか。

――出会いのきっかけは美容院で見かけた雑誌

妻:私の母が美容院の雑誌で、この人が載っていた記事を見たんです。

夫:大衆演劇の世界では売れてましたけど、ようやく一般の方にも知られるようになったころでしたね。

妻:祖母がね、大衆演劇が好きだったらしいんです。戦後すぐの、まだテレビも普及していないころ、三軒茶屋に芝居小屋があって。幼かった母も、連れていってもらった記憶があるらしいんですよ。

夫:あれは「アサヒグラフ」だったか?

妻:たぶんそうね。それで「まだあるのねー」って家族で話題になって。私もその雑誌、見たんです。銀行で(笑)。

夫:それで、見に来てくれたんだよな。

妻:面白くて楽しくて。それに、彼がいろんな役を演じ分けるんだけど、あまりの変身ぶりに、同じ人がやってるとは思えなかった。

夫:それから家族みんなで見に来てくれるようになったんです。

――妻の実家は建設会社を経営。一人っ子の妻は大学卒業後、臨床検査技師として病院で働いていたが、父の会社が人手不足になったため、職を辞して入社した。経理や総務など経営に携わるようになっていた。

妻:父が副業で、いくつか飲食店を経営していたんです。彼はそこにもよく顔を出してくれてね。

夫:歌がヒットしたり、ドラマに出たりし始めたころでしたが、舞台を応援してくださるお客さまは何より大事ですからね。

妻:ファンのほうも家族ぐるみで見に来ている人が多くて、家同士のお付き合いも広がって。

夫:いろんなご家族がいたなあ。税理士さん、薬屋さん……。

妻:急に売れ始めたものの、彼はあくまで劇団の一員。まだ事務所がなかったんです。それで急きょ、税理士さんのご家族などと一緒にマネジメントや経理を担当する体制を整えたんです。

夫:それが、個人的に話をするようになったきっかけだったかな。

妻:そうね。

夫:そのうち、彼女のお父さんから「うちの娘をもらってくれないか」と。

妻:もちろん、お付き合いも始まってましたけど。

夫:お父さんが言ったよね。「富美男は芸能人だよ。付き合いもあるし、ちょっと女遊びしたからって、浮気だと騒ぐようなら、結婚はうまくいかないから、やめておきなさい」って。

妻:そうそう。そのくせ、結婚したとたんに……。

夫:そう! 「富美男、女はダメだぞ。いいか!」なんて(笑)。でもそれが親ってもんですよ。ありがたいよね。それはそうと、結婚しようと思ったのは、彼女は僕にないものを持ってるな、と思ったからですよ。

妻:一番のきっかけは、あの、海外ロケじゃない?

夫:ああ、そうだ!

妻:テレビの仕事で、ヨーロッパへ行ったんですよ。この人、外国が嫌いでね。

夫 とはいえ仕事だし、仕方がない。で、彼女に付き人がわりに来てもらって。

妻:無事収録が終わって帰国することになったんですが、帰りは皆さんバラバラだったんです。私たちだけ、スタッフに見送られて飛行機に乗ったんだけど……。

夫:直行便だとばかり思ってたら違っていて。

妻:フランクフルト経由、モスクワ経由……。何の説明もなかったもんだから、乗り継ぎであたふた。

夫:僕は英語なんて読むことも話すこともできない。

妻:私があれこれ人に尋ねたりしてなんとか無事に乗り継いで帰国できた。それで、こいつは頼りになるって思ったんじゃない?

――正義感の強い夫芸能記者を追い回した?

妻:彼の実家はお芝居を家業として、世間から見れば変わった家ってことになるんでしょうけど、明治生まれの私の父はかなり破天荒な人でしたから。私からすれば、彼の家族のほうがよっぽど真面目でしたよ。

夫:芝居と言うと、特殊なしきたりだらけの世界みたいに思われてるけど、実際にはそんなことないですよ。歌舞伎界も「梨園の妻」と特別視されるけど、何なら三田(寛子)さんに聞いてごらんなさいよ(笑)。

妻:そうねえ。

夫:ただ、歌舞伎の世界ではね、役者の女房は劇場のロビーでごひいきさんにあいさつをする。そういう作法はありますよ。でも、私ら大衆演劇は、奥さんが劇場で顔を出すのはご法度。

妻:お客さまに夢を見ていただくのが仕事ですから。だから舞台役者の妻って言ったって、特別変わったことはないんですよ。

夫:こういうことを言うと、また梅沢が歌舞伎の悪口言ってるとか書かれるわけですけど、違うんですって。そもそも、うちは市川團十郎の流れなんですよ。

妻:お父さんのお師匠さんがね。

夫:市川梅昇という方で。だから、弟子の系譜をたどれば、すみっこに僕の名前もあるんです。でも、そんなこと言ったって意味がない。テレビじゃエキセントリックなところばかりつまんで編集する。それがエンターテインメントならいいんです。面白ければ、ね。

妻:それはいつも言ってますね。

夫:テレビに出していただけることは本当にありがたいことだと思ってます。けど、僕はあくまで、舞台俳優ですからね。テレビ番組に対して、好きか嫌いかっていう価値観やこだわりは持っていない。

妻:でも、いくらエンターテインメントでも、うそは大っ嫌い、ね。

夫:昔、芸能リポーターの梨元(勝)さんを、テレビ局で追いかけまわしたこともありましたよ。梅沢富美男の体には刺青(いれずみ)が入ってる、なんて書かれましてね。

妻:どこに入ってるんだ、よく見ろ!って記者会見で裸になっちゃったの。

夫:局で「あ、てめー、このやろう!」って追いかけたんだけど。まあ、逃げ足の速かったこと(笑)。

※「梅沢富美男の浮気性は本当? 家庭での意外な素顔」につづく

※週刊朝日 2017年8月11日号 より抜粋