今年上半期で芸能界に最も“悪影響”を与えた男といえば、俳優の小出恵介(33)。17歳の女性との飲酒や淫行が発覚し、大騒動となった。所属事務所のアミューズは無期限の活動停止を発表した。あれから2カ月たつが影響は今も続いている。

 森永乳業では、コーヒー飲料「マウントレーニア」のCMで、女優の多部未華子と共演しシリーズ化するほどの人気だったが、中止となった。

「テレビCMのほか、いっさいの広告を止めました。屋外の広告の看板なども引き揚げました。賠償金についてはどのくらいの額になるのか、現在交渉中です」(森永乳業の広報担当者)

 NHKでは6月10日から放送予定だった小出が主演のドラマ「神様からひと言〜なにわお客様相談室物語〜」(全6回)を中止。急きょ、別番組に変更した。ドラマはお蔵入りなのか、制作の被害額はどうなるのか質問すると、

「現時点では放送は考えていません。番組が受信料で作られていることを重く受け止めています。事務所側と協議をしています」(NHK広報局)

 このほか、日本テレビ系のドラマ「愛してたって、秘密はある。」を降板。動画配信大手のネットフリックスのドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」は撮り直しとなった。

 被害額は合計で5億円とも15億円とも指摘され、かつてない規模まで膨らんでいる。大阪府警の捜査も終わっていない。事務所側としては、被害額がはっきりして小出側と交渉できるようになるまでは、契約解除をしたくてもできない状況だとみられる。

 アミューズの畠中達郎社長は6月の株主総会で、「創業39年の中で最大の不祥事。申し訳ございませんでした」と謝罪した。アミューズの担当者はこう説明する。

「違約金については、こちらからコメントはありません。記者会見は未定です。警察の捜査もあるので、取材には答えられない」

 小出は慶応ボーイで、さわやかな役どころが多かった。川崎市の実家近くの商店街の店主がこう語る。

「ちやほやされて、ちょっとてんぐになっていたんだろうね。ご両親は『今度出るドラマや映画はこうなのよ』と、自慢の息子のようでした」

 実家に電話すると女性が、

「家族みんな心労で倒れてしまっているので申し訳ないんですけど」

 と、切れた。

 芸能界を揺るがす問題を引き起こした本人は、いまは身を潜めることしかできないのかもしれない。

※週刊朝日 2017年8月18−25日号