女優の小池栄子(37)が12月17日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演し、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)の不倫騒動を一刀両断した。番組冒頭、宮迫の不倫騒動が話題になるとMCの東野幸治(50)が小池に、「あの『オフホワイト騒動』どのように見てたんですか?」と質問。これに小池は、「しょうもないコメントをしてるなと思いながら見てましたよ」とバッサリ。宮迫が「うるさいな、おい」と突っ込むも、小池は「だって期待するじゃないですか、どういう弁明するんだろうって」と反論した。さらに、宮迫を見ながら「お前、クソつまんなかったな!」と辛辣な言葉を浴びせると、スタジオは笑いに包まれた。



 過去にコントを中心としたバラエティー番組「ワンナイR&R」(フジテレビ系)で2人が共演していたという縁もあるが、そんな小池と宮迫のやりとりについて、ネット上では「さすが小池栄子」「仕事するよね」など、称賛の声が多数寄せられた。

 最近の小池に関して、テレビ情報誌の編集者は「女優業が多忙なため、グラドルだった頃に比べてバラエティー番組への出演は少ないですが、いざ番組に出ると今でもしっかり爪痕を残しています」と話す。

「小池は映画『八日目の蝉』(2011年公開)で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞(優秀賞)を受賞している。2017年は連続ドラマ『母になる』(日本テレビ系)に出演し、独特の存在感を放つなど、演技派女優としての評価が高い。一方、1月に放送された『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)では、キモうまグルメロケのお土産としてスタジオに持ち込まれた『乾燥ミミズ』を『ちょっといってみるか』と噛みちぎっていました。その後、小池は『うわ! 気持ち悪い』とミミズを食べた感想を述べてましたが、その姿を見たMCの有吉弘行(43)は『この人は凄い』と感心していましたよ」

 女優として成功した今、そこまで体を張らなくてもと思ってしまうが……。さらに過去にはある女優との“関係”を語り、番組を盛り上げたこともある。


「4月に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、当時、ドラマで共演していた沢尻エリカ(31)と一緒に出演したのですが、MCの上田晋也(47)から2人の歯切れの悪さを指摘されると、小池は『仲……良くはないっていうか』と正直に打ち明けて、しゃべくりメンバーが大爆笑する場面があった。さらに、沢尻について『夏のフェスで楽しんでいるというイメージがあるけど、私はフェスが苦手で……』と言い、上田から『仲良くする気はあるのか!』と突っ込まれ、笑いを誘っていましたね」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 もちろんサービストークで、本当に沢尻と仲が悪いわけではないと思うが、言いにくいことをサラッと言って笑いにする力は確かに凄い。

「2015年に放送された『ヨルタモリ』(フジテレビ系)では、過去に酔った勢いでタモリ(72)を叱ったことがあると告白していました。さらに、タモリの頬をつまんで『いい大人なんだからしっかりしなさいよ!』と当時の場面を再現したほど。そんな感じで、たとえドラマの番宣でバラエティーへ出演しても、小池の場合は持ち前のサービス精神で今でも番組を盛り上げてくれるんですよ。バラエティーでは物静かに振る舞う役者もいる中、小池は番組スタッフだけでなく、ドラマのスタッフにとってもありがたい存在だと思います」(前出の編集者)

 確かな演技力でドラマや映画、舞台と引っ張りだこの小池。今後も女優として重宝されると思うがバラエティーで活躍する姿も、もう少し見てみたいところだ。(ライター・丸山ひろし)