12月17日放送の『THE MANZAI』(フジテレビ系)でウーマンラッシュアワーが演じた漫才が大反響を巻き起こしている。彼らが披露したのは、社会問題をテーマにした漫才。村本大輔が早口でまくし立てるようにしゃべりまくり、中川パラダイスが合いの手を入れていく。取り上げる話題は、原発問題、沖縄の米軍基地問題など、多岐にわたっていた。

 芸人が社会問題や時事ネタを漫才で扱うこと自体は、それほど珍しいことではない。爆笑問題やナイツもそういうネタをやっている。ただ、今回のウーマンラッシュアワーの漫才がそれらと違うのは、ネタの端々にメッセージ性が感じられたことだ。単に漫才の素材として社会問題を取り上げているだけではなく、それについて自分たちがどう考えているのか、受け手にどう感じてほしいのか、ということがはっきり伝わってくる内容だったのだ。

 ウーマンラッシュアワーでネタ作りを担当している村本は、かつて『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)に出演したときにも、自身のレギュラー番組『ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT』(AbemaTV)でも、社会問題について自由に意見を発信してきた。この漫才もそんな彼の活動の延長線上にある。


 ただ、ここで注目すべきは、彼らがメッセージ性の強い漫才を演じて、観客から拍手混じりの大きな笑いを取った、ということだ。安易な政治風刺ネタは、感心されることはあっても、笑いにつながることはない。日本人の国民性には馴染まないような政治色の強いネタで、若い世代の観客をきちんと満足させたのが何よりも評価すべきことだ。

 中でも圧巻だったのは、漫才の結末部分。被災地の復興問題、沖縄の基地問題、北朝鮮のミサイル問題など、大事な問題はたくさんあるのに、ニュースで取り上げられるのは芸能人の不倫ネタばかり。本当に危機感を持つべきなのは「国民の意識の低さ」である、とビシッと言い切った。そして、村本は「お前たちのことだ!」と捨て台詞を残して舞台を去っていった。このオチの部分からは、村本が常日頃から人々に対して抱いている苛立ちのようなものがダイレクトに伝わってくる。

 村本は、漫才や漫談において、自分の言いたいことを言って笑いを取ることを信条としている。自分の頭で考え、自分の体で感じたことでなければ、他人の心を動かすことはできないからだ。


 ところが、そのような芸風を続けていると、業界内では反感を買うことも多い。同業者から「アイツはトガっている」「大人げない」などと陰口を叩かれたり、テレビ制作者からは「扱いづらい」「めんどくさい」などと思われたりする。村本はそんな現状への不満を募らせている。

 社会問題について、タレントがテレビで何らかの主義主張を口にしたりすることは、基本的にタブー視されている。ただ、それは明らかにメディア側の自主規制である。余分なトラブルが起こることを避けたいだけなのだ。

 村本が仕事で沖縄を訪れた際に、基地問題をネタにした漫才を披露したところ、大いに盛り上がった上に、ネタが終わった後で観客からの拍手が鳴り止まなくなったという。この経験から村本が学んだのは、社会的な問題の当事者こそが、それをネタにして笑い飛ばしてくれることを誰よりも望んでいる、ということだった。

 それは、なぜアメリカではコメディアンが政治風刺ネタをやるのか、ということにも関係している。多くのアメリカ人にとっては、政治、人種、宗教が身近で切実な問題なのだ。だから、それを笑いのネタにすることが求められている。


 しかし、日本人の多くは、人前で政治的な主張をしたり、議論を交わしたりすることを好まない。政治風刺ネタにニーズがないので、ほとんどの芸人はそれに取り組もうとしないのだ。

 だが、村本はあえてそこに切り込んだ。ニーズがないなら、作ればいい。笑いという武器を使って、自分の言いたいことを全力で言う、というのが彼の本当の狙いだ。いわば、観客のレベルに合わせるのではなく、観客を自分の求めるレベルまで高めようとしているのだ。こんなにも壮大な野望を抱えて漫才をやっている芸人はほかにいないはずだ。

 ウーマンラッシュアワーの漫才は、単に題材として社会問題を扱っているだけの「社会派漫才」ではない。それは、事なかれ主義の日本人の意識を根底から変えようとする、前代未聞の「啓蒙漫才」なのだ。(文・ラリー遠田)