アメリカ音楽の最高の栄誉であるグラミー賞。第60回という節目の年の候補作品には、“グラミー賞らしい”ものが多数選ばれた。音楽ライターの大友博さんが解説する。

* * *
 Grammy Awards Ceremony、グラミー賞授賞式まであと約1カ月となった。

 すでに各賞の候補者や概要も発表され、さまざまな形で報道されているようだが、あらためて紹介しておくと、第60回という大きな節目の開催となる今回の授賞式は、1月28日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれ、現地時間午後7時30分から生放送される(日本ではWOWOWで29日午前8時30分から)。

 ちなみに、グラミーの会場は「ロサンゼルスのステイプルズ・センター」というのがほぼ定着したパターンとなっていて、ニューヨークでの開催は、ノラ・ジョーンズが大きくクローズアップされることとなった2003年の第45回以来、15年ぶりとなる。また、例年よりも1週間ほど開催時期が早くなっているのだが、これは「冬季オリンピックを考慮して」ということのようだ。

 ロサンゼルスでのグラミーは何度か観たことがある。もっとも寒い時期の日本をまさに脱出するような気分で飛行機に乗り、LA国際空港に降り立って外に出ると、もう半袖の気分。正直に告白すると、グラミー本体よりもあの感触が楽しみで行っていたようでもあった。

 ところが、2003年のニューヨークは、一面の雪景色で、マディソンの西側を流れるハドソン・リヴァーからの風が言葉ではうまく表現できないほど冷たかった。いや、痛かった。たしか、生まれてはじめてニット帽などというものを買った記憶がある。いわゆる裏事情はよくわからないが、寒さに加えて、この政治状況下では当然のことながらテロへの警戒も厳重になるはずであり、NY開催を心から歓迎し、喜んでいるなどという人はほとんどいないのではないだろうか。

 さて、思い出話はともかくとして、グラミー賞は、1950年代後半に音楽界で高まった「我々の業界にも映画界のオスカーのような表彰のシステムを」という声をきっかけに組織されたレコーディング・アカデミー(正式には、National Academy of Recording Arts and Sciences=NARAS)によって、運営されてきた。つまり、ノーベルやオスカーと同じように主体はあくまでもアカデミー=学会であり、原則的に、候補者や授賞者の選定にあたって人気や売上が重視されることはない。審査基準は、あくまでも、作品としての芸術性、革新性、社会性といったことなのだ。

 また対象作品は、第60回に関していえば、2016年10月1日から17年9月30日まであいだに公式な形で発表されたものとなっている。一般のメディアでは開催年に合わせて「何年のグラミー」と表記することが多いが、オフィシャル・サイトなどでは対象年度を重視する姿勢が貫かれてきた。つまり第60回グラミーは、「2017年度のグラミー」なのである。

 レコーディング・アカデミーは、シンガー、ソングライター、ミュージシャン、プロデューサー、エンジニアなど、音楽界で働く幅広い層の人たちによって構成されていて(参加した作品の数などいくつかの条件がある)、投票権を持つ会員は現在1万5千人前後だという。

 こういったメンバー構成が背景にあるのかもしれないが、音楽制作に関わるさまざまな分野の人たちを対象に、等しくその功績を称えることがグラミー賞の大きな特色となっていて、84のカテゴリーのなかにはパッケージのデザイナーやライナーノーツ執筆者に与えられる賞もある。ポップ、ロック、R&B、ヒップホップ、ジャズ、カントリー、ルーツ・ミュージック、ワールド・ミュージック、クラシックなどに細分化されたジャンルの幅広さはいうまでもないが、 朗読アルバムに与えられる賞まであり、今回はブルース・スプリングスティーンが自著のオーディオ版でノミネートされている。ちなみに、過去にはバラク・オバマ、ビル・クリントン、ジミー・カーターも受賞していて、どうやらこの分野は民主党が圧倒的に優勢のようだ。

 候補者、候補作品の発表後に注目されるのは、NARASのメンバー全員の投票で決まるジェネラル・フィールド4つの賞の顔ぶれだろう。「2017年の一枚」ということになるRecord of the Year年間最優秀レコードには、チャイルディッシュ・ガンビーノの「レッドボーン」、ジェイZの「ザ・ストーリー・オブO.J.」など5枚、Album of the Year年間最優秀アルバムには、ケンドリック・ラマーの『ダム』、ブルーノ・マーズの『24Kマジック』など5作品、ソングライターを対象にしたSong of the Year年間最優秀楽曲には、ロジックらの「1-800-273-8255」、ジュリア・マイケルズらの「イシューズ」など5曲、Best New Artist最優秀新人にはジュリア・マイケルズ、SZAなど5人がそれぞれノミネートさている。また複数部門候補者は、ジェイZが8つでダントツ。ケンドリック・ラマーが7つ、ブルーノ・マーズが6つでそれにつづいている。

 興味を持たれた方はオフィシャル・サイトなどで詳しくチェックしていただくとして、個人的にとくに気になっているのは、自殺防止ライフラインの無料電話番号をそのままタイトルにした「1-800-273-8255」。シンプルな言葉に込められた強いメッセージをそのまま映像化したミュージック・ビデオも制作されていて、こちらは映像部門賞の候補にもなっている。また、ソングライターとして働いたあと自身のレコードでも注目を集めるようになったジュリア・マイケルズからは、21世紀版キャロル・キングといった印象を受けた。こういう曲やアーティストがきちんとクローズアップされるあたりが、「グラミーらしさ」といえるのではないだろうか。

 主要4つの賞に関していうと、候補作品のなかには近年の「分断」を意識したと思われるものが少なくない。これもまた「グラミーらしさ」だ。顔ぶれがやや地味な印象を与えるかもしれないが、アメリカの音楽界が目指す道、さらなる可能性を模索する姿を知るという意味でも、応援とか人気投票といった視点からではなく、注目してみてはいかがだろう。その他の賞に関しても、それぞれの候補者リストを細かくチェックしていくと、新たな出会いや意外な発見がきっとあるはずだ。(音楽ライター・大友博)