テレビ界は10月を前に最後のクールに突入しようとしているが、お笑いコンビ・千鳥の快進撃はとどまるところを知らない。



 2000年に結成された大悟(39)とノブ(39)は現在、レギュラー番組が不定期や単独出演も合わせると計14本に。そして10月からは「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)が始まる。千鳥としては久々の、ゴールデン帯のレギュラー番組だ。制作会社のディレクターは次のように語る。

「いま、テレビ局に持ち込まれる企画書に最も名前が書かれているのが千鳥のふたり。吉本の闇営業騒動で、本来なら吉本芸人をMCとした新番組は立ち上げづらいところを、千鳥だけは別格扱い。実際、吉本も千鳥のふたりの過去を相当スクリーニングしたそうですが、反社との付き合いも含め何も出てこなかったのでゴーサインを出した。今後、吉本が得意とするゴリ押しがもっと行われると思います。思えば10年前、M−1グランプリでブレイクしたブラックマヨネーズも同じように“企画書に最も名前を書かれる芸人”でしたが、結局爆発的に売れるタイミングを逃してしまった。“第二のダウンタウン”を生み出すのは吉本の悲願であり、今それに最も近いのは千鳥でしょう」

 しかし、今回の新番組は博多華丸・大吉とのダブル冠番組。なぜ千鳥単独にはならなかったのだろうか。民放バラエティプロデューサーは裏事情をこう語る。

「現在、『あさイチ』でキャスターを務めている華丸・大吉は、“朝の顔”として安定の人気を誇っています。まだ千鳥はコンビとしてゴールデンでは成功していませんから、ここはNHKの顔となっている華丸・大吉の知名度を借りて、どうしても番組を成功させたいというフジテレビの思惑があるんでしょう。また、華丸・大吉も新番組のメインにすることで、番組がすべった場合の責任を千鳥だけに負担させたくない、という忖度が働いたとも言われています。実際、千鳥は『世界の村のどエライさん』(フジテレビ系)が視聴率5%以下のまま推移し、1年も持たずして打ち切りになった過去があります。今回はより安全策をとったのだと思います。千鳥は深夜番組のイメージが強いですが、すでにノブは『ぐるナイ』の看板企画である『ゴチになります!』にレギュラー出演中。コンビとしてもゴールデンでの笑いの獲り方をすでに熟知しています。追い風も上々なので、きっと今回の新番組は当たると思います」

■評価が高い「テレビ千鳥」「相席食堂」

 新番組への期待は高まるばかりだが、4月から始まった深夜の冠番組「テレビ千鳥」(テレビ朝日系)もすでに高評価を得ているという。前出のディレクターは言う。

「もともと深夜番組は千鳥の得意とする枠なので誰も心配はしてなかったのですが、スタート半年でここまで世界観を確立できるとは思いませんでした。大悟の強烈なボケとノブの嘆きツッコミがさく裂し、深夜2時台なのに業界視聴率は相当高く、今夏のテレビ朝日の夏祭りでも深夜番組ながらイベントブースを出すほど。現在、宮迫さん不在の『アメトーーク!』が視聴率的に苦戦しているため、『テレビ千鳥』が同枠に昇格するのも時間の問題とも言われています。今回のフジの新番組で高視聴率を獲れば、来年4月のタイミングで昇格はありえると思いますよ。また、関西ローカルの深夜番組ではありますが『相席食堂』の評価もすこぶる高い。民放公式テレビポータルTVerのランキングでは常に上位に食い込み、東京のバラエティスタッフがこぞって面白いと言ってる。ロケができなそうなタレントにロケをさせ、千鳥がツッコむだけというかなり“ローカロリー”な番組なのですが、いまの千鳥ならこれをそのままゴールデンに持っていってもウケると思います」

 TVウオッチャーの中村裕一氏は、快進撃を続ける千鳥の今後を次のように分析する。

「安定した面白さを誇るレギュラー番組はもちろん、それぞれピンでゲスト出演する番組でも笑いをしっかり取っています。大悟は先日NHKで『大悟道』という異例とも言える個人の冠番組枠をもらい、生放送で芝居に挑戦するなど、多忙に関わらず新しいことにも挑戦している。まさに絶好調のコンビと言っても良いでしょう。どんなシチュエーションでもどんな相手でも必ず笑える変幻自在なツッコミを繰り出すノブと、大御所である志村けんにの寵愛を受け“天性の人たらし”である大悟のコンビネーションは最強です。しかも2人には『漫才』という最も強力な武器があります。10月から始まる単独ライブ『千鳥の大漫才』のチケットは当然のように即日完売で、関係者すらまったく手に入らないほどの大人気。そんな彼らのスキルをもってすれば、テレビでブレイクすることはある意味たやすいことでしょう。不謹慎かもしれませんが、よっぽどのスキャンダルでも起こさない限り、この勢いはまだまだ続くでしょう。今の千鳥にウィークポイントはまったく見当たりませんね」

 まさに死角なしの千鳥。来年は結成20周年を控え、“第2のダウンタウン”としての地位を盤石なものにできるのか。期待して見続けたい。(藤原三星)