1969年の公開から50周年となる今年、シリーズ50作目「男はつらいよ お帰り 寅さん」が公開される。当時、車寅次郎のおい・満男の初恋の相手として出演し、本作で24年ぶりに俳優業復帰を果たした後藤久美子。シリーズの魅力、寅さんの存在を語った。

【後藤久美子が吉岡秀隆と“秘密の会話” 「寅さん」出演依頼で】より続く




*  *  *
──50年続いてきた寅さん映画の魅力を改めてお聞かせください。

 ありとあらゆる感情を感じることができる映画です。切ないところもあれば悲しいところもある。うんと悔しい思いもしたり、でも愛にあふれる場面もあったり、優しさを感じたり、笑いがあって。人間の感じうるすべてのこの感情を引き出してくれる映画ではないでしょうか。

──寅さんとはどんな存在ですか。

 それはそれは大きな背中で何者からも守ってくれる温かさを一瞬にして感じさせてくれる人です。こんなにも温かい人間って存在するんだ!というふうに感じるんです。

──シリーズ初期のころって寅さんの暴力性、テキヤのすごみがすごく描かれていました。あの細い目がキラッと光って。このまま死んでも構わないみたいな。ああいうのを見てると男は憧れるんだけど。

 そうね。怖いもの知らずですよね。(相手を)優しくなだめることもできるし、厳しく暴力的に刃向かうこともできるし。

 でもそのあとにはすぐ笑顔が戻る。それが渥美(清)さんなのか寅さんなのか、「のりしろ」がかなりあると思うんですけど。

──1人の俳優が演じた映画シリーズとしては最も長い作品としてギネス世界記録に認定されています。

 一本の道をみんな共に歩いてきた、という感じでしょうか。端っこを歩いているのもいる。飛び出しそうになっている人がいると、誰かが戻してくれたりするのです。

──山田組のチームワークのすごさには改めて感服します。

 試練に耐えてきた同志ですから。

──寅さんのセリフで好きなものを挙げてください。

(第42作「ぼくの伯父さん」で)満男のことを守るじゃないですか。恋人に会うためバイクに乗ってやってきた満男は悪いことをしたと思ってません、むしろ褒めてやりたい、と。よくぞ言ったという感じ。

 あとは、かたせ梨乃さんが出演された作品(94年公開の第47作「拝啓車寅次郎様」)かな。「夫婦になって長い間一緒に暮らしていればそりゃあいろんなことあるけどさ、お互い、相手を好きになろうと一生懸命思っていれば必ず何とかなるもんなんだよな」と満男に言う場面です。

──マドンナではどんな人が好きですか。

 いしだあゆみさんが演じた役(京都の陶芸家のもとで働いていた女性かがり、82年公開の第29作「寅次郎あじさいの恋」)です。マドンナではないかもしれませんが、寅さんの母親(ミヤコ蝶々)も好きです。

──別の作品ですが、寅さんが「女の幸せは男で決まる」みたいなセリフを言ったとき、「あんたそんなこと言ってるから結婚できないのよ」とリリー(浅丘ルリ子)が怒るシーンもありました。

 小樽の波止場のシーンですよね。リリーがプイッとどこかへ行っちゃう。

──75年に公開された第15作「寅次郎相合い傘」ですね。元号でいうと昭和50年。結構、時代を先んじたセリフです。

 アバンギャルド(前衛)ですよ。あの時代、実際にまだ女の幸せは男で決まるみたいな時代でしたもの。

──「女性の自立」とか偉そうに表立って言わないけれど、伏線としてあの映画では描かれています。

 そうですね。虐げられた女性像って描かれてないですよね。

──悲しい運命だけど立ち向かっていくというか。

 私あれも好き。知床……。

──87年公開の第38作「知床慕情」! 三船敏郎さん演じる獣医が女性(淡路恵子)に愛を告白する。

 あのときの淡路さん、ステキでした。かっこよかった。

──他方、寅さん映画には、めそめそしている男も結構出てきます。

 だから、寅さんといれば何が起ころうと大丈夫なんじゃないかと思うのではないでしょうか。安心感があるのです。

 ウドの大木ではなくて本当に行動に移して守ってくれる人、それが寅さんなんですよ。

──でも、最終的にリリーさんとは結婚しませんでした。

 私、リリーさんって「女寅さん」だと思っています。あの2人、前世は双子の兄妹だったのかなとか。

 演じた浅丘ルリ子さん、とってもチャーミング。ほんとにチャーミング。すごいさばさばしてて。でも、何しても可愛らしい。

──男といえば、リチャード・ギアさんが寅さんを演じた、炭酸飲料のCMが日本では流れました。

 私も出ていました。とても素敵な方です。360度どこから見てもリチャード・ギアなんです。立ち姿も美しかった。渥美さんも同じ。360度どこから見ても渥美さんなんですよ。

 私が一番好きなのは、遠目のロングショットのちょっと斜め後ろ姿の渥美さん。本当に素敵。足が長くてすらっとしてて。でも肩、背中が大きくて、もちろんあのニカッとした笑顔。上品なあの笑顔も大好きでした。

──その渥美さんについてあまり語りたがらない人もいます。その思いが私も分かるようになりました。

 そうですねえ。語ることによって渥美さんがこの世にいないということを再確認するみたいな、そういうつらさがあるのではないでしょうか。私は今回、50作目の新作を改めて見て感動して涙しました。

 そして「あ〜、もう本当に渥美さんはいないんだ」と再確認して涙しました。ラストシーン。たくさんのマドンナが出てきますが、そこにポッと出てくる渥美さんの笑顔を見てまた涙がこみあげてきたのです。

──ところで、久しぶりに女優業に復帰され、日本に来る機会が増えました。

 温泉行きたいなあ。どんなところ?って……。うーん、草津温泉とかまだ行ったことがないので行きたいですね。

 東京・六本木スタジオでのインタビュー。「私の人生、すべてプライベートですから。好きに私生活歩んでますよ」と言っていた。

 人生を前向きに肯定する力強さこそが、ゴクミのゴクミたるゆえんだろう。ゲーテ「ファウスト」の終幕のことばが重なる。

「永遠なる女性的なもの、われらを高みへ導く」

 寅さんも美しいマドンナとの恋を通じ、世の中を学んできた。「青年、行け!」。そんな声が聞こえてきそうである。

 50作目の新作。12月27日の公開まであと少しだ。(朝日新聞編集委員・小泉信一)

※週刊朝日  2019年12月27日号より抜粋