19日よりスタートするNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。安土桃山時代の武将・明智光秀を主人公にした戦国時代劇で、光秀役を長谷川博己が演じるが、注目は麻薬取締法違反の容疑で逮捕された沢尻エリカの代役を務める川口春奈(24)だろう。



 川口といえば、長崎・五島列島出身の離島で育った美少女。大河ドラマでは斎藤道三の娘で織田信長の正妻となる帰蝶役を演じ、SNS上では急遽代役を引き受けたこともあって、「応援してる!」「頑張ってほしい!」とエールが殺到。また、プライベートでは昨年11月にメジャー格闘団体・RIZINで活躍する総合格闘家の矢地祐介との熱愛が報じられ話題に。大河ドラマの放送前にもかかわらず、知名度も好感度も爆上がりしているが、こうした状況に女性週刊誌の芸能担当記者は「意外と本人の性格は一風変わったところがある」と話す。

「時々、バラエティ番組で川口の奇行が明かされることがあるんです。例えば、親交のある女優の佐藤仁美に『見ず知らずのおばあちゃんの写真』や『白目フェイスの自撮り写真』を送り付けるとか。しかも理由は『ヒマだから』。佐藤と2人で食事に行った際は、奢ろうとする佐藤に『それだけはダメです!』と言い、佐藤のポケットにぐちゃぐちゃの1万円札を突っ込んでくるそうです。また、別のバラエティ番組で、入浴中に1人でしゃべって、それに自ら返事をしているということが明かされたこともあります」

 どれもかなり奇妙な行動だが、ある意味、天真爛漫とも言えるだろう。「怒られ履歴書」(フジテレビ系、2019年10月9日放送)に出演した際は、友達との約束を半分以上キャンセルすることがあると告白。それどころか、旅行のチケットを取っているにもかかわらず、当日の朝「やっぱり行きたくない」と断ることも多いそうだ。川口曰く、仕事は別だが、自分の気持ちに素直に生きたいのだとか。

「昨年末、交際が報じられた格闘家・矢地祐介の試合を観戦していました。試合前にはカメラで映し出され、勝利すると涙を流していましたよね。そんな、隠さずに堂々としているところも自分の気持ちに素直だからなのでしょう。また、昨年の大晦日には自身のインスタグラムで『職業柄、日々いろんな声が聞こえてきますが、全く私には刺さりません』『私にしか出来ないこと、私にしかないストロングポイント。大切な人の言葉に耳を傾けて自分を信じてやるのみです』と綴るなど、芯の強さも感じます」(テレビ情報誌の編集者)

■学生時代はまったくモテず?

 こうした性格に加えて、川口は子供の頃は可愛いというよりも面白い人間だったようだ。

「以前、バラエティ番組で小学校の同級生が明かしていたのですが、当時の川口は、お笑いコンビ・FUJIWARAの原西孝幸を真似して変な動きばかりしていたとか。当然、異性には全くモテなかったそうで、数々のユニークな行動は今に始まったわけではないのかもしれません。現在の好感度の高さは『沢尻の代役を引き受けた』ところが大きく、正直、話題先行の感が否めませんが、外見と中身のギャップは魅力です。それがよりお茶の間に伝われば、本当の熱いファンが増えると思います」(同)

 ドラマウォッチャーの中村裕一氏は、彼女の女優としての将来性についてこう分析する。

「新年に放送され話題を呼んだ木村拓哉主演のスペシャルドラマ『教場』では、自らの美しさに自信過剰な生徒役を演じ、とても印象的でした。しかしながら、彼女にとってゴールデン枠の連続ドラマ初主演となった2013年放送の『夫のカノジョ』は視聴率3%台を連発、1話短縮して打ち切られるという非常に残念な結果に終わった苦い過去があります。今回の大河ドラマ出演は直接的に関係ないですが、今回の代役出演については彼女なりに心に期するものがあるのではないでしょうか。いずれにせよ、またとないチャンスであることは間違いありません。世間の関心は明らかに高いですし、初登場シーンはドラマや映画関係者を含め、きっと多くの人たちから注目を集めるでしょう」

 プレッシャーはあると思うが、大河での演技には期待したい。重圧をものともせず、ぜひともここで強烈な印象を残し、女優として大きく羽ばたいてほしいものだ。(丸山ひろし)