「エイベックス」グループが何かと話題を振りまいている。

 昨年11月には女優・沢尻エリカが合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕されると、昨年の大みそかには同年4月に深夜のコンビニエンスストアで酒に酔った勢いで女性に対し暴行を加えたとして逮捕され、芸能活動を自粛していた「AAA」のリーダーの浦田直也のグループ脱退およびソロ活動が発表され、「AAA」は年内で活動休止となった。

 さらに、1月には歌手・浜崎あゆみが突如昨年11月に極秘出産していたことを発表して世間を驚かせた。

「浜崎さんの出産に関しては、父親は“年下の一般男性”とのことですが、昨年8月に発売された自伝的小説『M 愛すべき人がいて』の中で松浦勝人会長との過去の交際を告白していること、その松浦会長が16年に離婚していた事実が今月になって明らかになったことから、芸能界でもさまざまな憶測が囁かれています。20代のバックダンサーが本命とされていますが真実はやぶの中で、今後も注目を集めるのは間違いないでしょう」とは他の大手芸能事務所のマネジャー。

 他方、沢尻に関してはこんな話も。

「沢尻さん、浦田さんとも今後も会社の方で芸能活動をサポートしていくようです。沢尻さんに関しては保釈後そのまま慶応大学病院に入院しましたが、すでにある程度の診断結果は出ているようで、事務所の幹部が高級寿司を差し入れしたなんて話も聞こえてきます。事務所サイドは沢尻さんの女優としての才能や価値はいまだに高く評価しており、見捨てるよりも今後もサポートを続け、薬物依存から脱却して更生し、女優として芸能界で輝きを放つロールモデルになってほしいと思っているようです」(民放テレビ局情報番組スタッフ)

 もっとも、「保釈の際、周りのスタッフの勧めを拒んで集まった報道陣の前に姿を現わして謝罪することなく、裏口から用意された車に乗り込み、雲隠れするかのようにそのまま入院するなどエリカ様らしいマイペースぶりは相変わらずですからね。事務所の思惑どおりいくのかは分かりませんけどね」(同テレビ局の番組スタッフ)

 また、浦田についてはグループからの脱退ばかりが強調されているが、同社のスタッフはその内実をこう語る。

「近年はドームツアーも成功させるなど、『AAA』は今やウチの看板アーティストとも言える存在。それだけにグループの人気を維持するため、不祥事を起こした浦田の脱退はやむなしといったところ。AAAは年内で活動停止となりますが、会社としては今後も浦田の音楽活動をサポートしていく方針です。元々、『AAA』はデビュー当時から松浦勝人会長自らがプロデュースを手掛けており、グループはもちろん、メンバーそれぞれに対する思い入れも強い。松浦会長としてはグループを離れても浦田のことを見捨てるつもりは毛頭ないでしょうし、その意向が強く反映されている格好です」

 実際、松浦会長は先述の発表があった昨年大みそか、自身のSNSで浦田本人からもらったという謝罪の手紙をアップして見せるなどのアクションも起こしている。

 トップの意向もあってか、沢尻にしろ、浦田にしろ、不祥事を起こしたタレントに対しても見捨てることなく、救いの手を差し伸べる傾向が見て取れる同グループだが、例外とも言える存在が90年代に数々のヒット曲を世に放ち、名プロデューサーとして名をはせた小室哲哉氏だ。

 小室氏といえば、一昨年1月に看護師女性との不倫疑惑が「週刊文春」で報じられたことを受けて記者会見を行い、不倫関係を不定する一方で、音楽活動からの引退を表明。

 最近では妻のKEIKOと離婚調停中であることが明らかとなり、小室氏が別居中の生活費などの婚姻費用としてKEIKOサイドに掲示した額が「月額8万円」であることなどが物議を醸している。

 そうした中、2019年12月28日、松浦会長が突如自身のツイッターで、
<>あの人を助けるためにお金を貸したけど、その人は返す気もないという。意味がわからん。2023年に一括返済の予定だけど、あなたの得意なあれを差し押さえでもする以外方法はないなぁ。本当にあの時、全てはあなたがいたおかげだと言ったことを真に受けているならそろそろ夢から目覚めろと言いたいね>とツイート。

 さらに、<あの人はいつも暖簾に腕押しだったな。いい加減に目覚めて欲しかったけど無理ですね。ならばすることをするだけ。あー、Twitterってつぶやきですよね。何を呟こうと僕の自由でしょ>など意味深なツイートが続く。

 フォロワーから小室氏についてのツイートなのかツッコまれると、<そういう人だと思ってたけどね,ぼくはお金はいらない。だけどね。。KEIKOをほっておいて、挙げ句の果てに僕にまでそんなこというって、どういうことなのかなぁ>とKEIKOの名前も出したうえで、<小室さんにまた名曲をかいてもらきたいけど無理なのかな。何年もヒット曲ないもんね。ほんと頑張ってもらいたいけど、松浦くんとはもう10年も付き合いづらい関係なんだ、とか言われちゃうと俺も萎えちゃうわ>と苦言を呈した。

 その後、同月30日には<さっき成田空港で小室さんから電話がありました。来月2人で話すことにしました。僕が妥協するわけですかね。もうこれ以上は小室さんについては書くのは辞めると言いました。だからそれは守りますが、会談が決裂したら知りません。そりゃそーでしょ>とツイッターで明かした。

 松浦会長のツイートからは小室氏に対する怒りの感情が伝わって来る。これに対して、インターネット上では<エイベックスも小室さんのおかげでかなり稼いだわけだし、さすがに言い過ぎでは?>、<松浦さんは5億円詐欺事件の時、ポケットマネーで解決金を建て替えたわけだから、今の小室に対して色々と言いたい気持ちも分かる>など、さまざまな意見が飛び交っているが…。

前出の同社のスタッフはこう語る。

「小室さんの引退会見についてはウチの会社の方で仕切りましたが、その後は一般人になるということで講演会の仕事などは独自にオファーを受けているようです。それでいて、借金の返済は遅々として進まず、その意思すら曖昧な感じですからね。それでいて、いまだにウチに所属しているKEIKOさんを泥沼の離婚訴訟で切り捨てようとする一方で、一部報道では看護師の女性とはいまだに親密な関係を続けているようですし、松浦会長が怒るのも当然でしょう。確かに小室さんは会社の功労者ではありますが、会社の経営が厳しくなった時にもそれ相応の破格の扱いはずっとしてきましたし、世間に物議を醸す過激な言動も多い松浦会長ですが、今回ばかりは社内でも肯定的な見方が大半です」

 松浦会長と小室氏による直接会談、その結果が何とも気になるところである。(立花茂)
※週刊朝日オンライン限定記事