1月17日、映画「ラストレター」(岩井俊二監督)の初日舞台挨拶に登壇した、福山雅治さんと松たか子さん。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。



*  *  *
 かつては結婚したいタイプの好感度で知られたおふたり。今も変わらず人気者だけどさ。周囲の人はもちろん本人たちも、40代や50代になった自分をどう表現したらいいのか、内心戸惑ってるんじゃないのかね。ファッションに混乱が見えるもの。

 まず、最近の松たか子ちゃんのファッションテーマはやさしさとやわらかさのフェミニンスタイル。ふんわりしたドレープやギャザーなど、今どきのボリュームたっぷりのワンピースだよね。でもさ、この手が一番似合うのは、実は菜々緒ちゃんみたいな、シュッとして若々しいモデル系。彼女みたいな良家の子女タイプには無理があるよね。

 一方、福山くんは、80年代調の広い肩幅とか、深いVゾーンとか、上着の裾のスクエアカットなんかが特徴のとんがったモード系のスーツで登場だよ。狙いはわかるけど、このチャラさがみんなに愛される気さくな美男子っていう彼のイメージに、これまた合ってない。キャラとファッションのギャップの妙を楽しめるのは20代まで。2人のスタイリストさん、王道の装いもご検討いただければ。

■評価は……?
3DON! 「着る人が着れば満点ですが」 ※満点は5DONです。

(構成/福光恵)

※週刊朝日  2020年2月14日号