「結局、彼女のほうが男にほれていたのでしょう。報道の直後は『ちょっと精神的に無理かもしれない。仕事を少し休みたい』と意気消沈していましたから」

 そう語るのは、今年2月に週刊文春に「不倫愛」を報じられた女優・鈴木杏樹(50)に近い芸能関係者だ。宝塚の元トップスター・貴城けい(45)を妻に持つ劇団新派の俳優・喜多村緑郎(51)と深い関係になった杏樹だが、同誌5月7・14日号ではベールに包まれた私生活の一端が明らかになった。



「杏樹の“恋愛人数”です。その数は、7年前に死別した元夫を含めて2人。なんと喜多村は3番目の男だったというのです。喜多村は杏樹からそんな秘密を告白され『あの子はビックリするほど純粋だった』と周囲に話していたそう。杏樹は過去に芸能人に交際を申し込まれたことはあったようですが、すべて拒否。喜多村は杏樹の身持ちの堅さにひかれていったのでしょう。とはいえ、相手のプライベートをそこまでペラペラ話してしまう喜多村に首をかしげる人も少なくありません」(スポーツ紙記者)

 あれだけの美貌を持つ杏樹だけに、にわかには信じがたいが、別の芸能関係者は「たしかに杏樹の男性遍歴は謎に包まれている」と話す。杏樹は1993年、ドラマ「あすなろ白書」でブレークを果たしているが、初ロマンスは同ドラマの共演者だった。

「共演した俳優・西島秀俊とのデートが写真週刊誌に報じられたのです。ふたりの仲は芸能界でもうわさになり、当時は明石家さんまが『あいつらは見ていて恥ずかしくなるくらいや』と嫉妬していた。ところが、報道後、両事務所が否定することで、そのうわさは立ち消えになってしまった。実はおととし、『あすなろ』の同窓会が都内の飲食店で行われ、杏樹、西島、そして木村拓哉など、当時の主要キャストが全員集合したことがあったのですが、西島は当時杏樹とうわさになったことを一笑に付していたそうです」(同前)

 杏樹の知人は彼女の性格を「過剰なほどの警戒心がある」と評し、次のように証言する。

「彼女は、異性の芸能人を基本的に信用していないのです。心を開いているのは、ドラマ『相棒』で共演していた俳優の成宮寛貴さんくらいでしょう。現在、彼女は元夫と一緒に住んでいた沿岸部の高層マンションで暮らしていますが、『家には絶対に男性を入れない』と話していました」(杏樹の知人)

  そんな杏樹は、なぜ無名俳優の喜多村にほれたのか。

「名も無き職人タイプだからでしょう。喜多村さんが有名人だったらなびかなかったはず。10代でデビューしてから長らく芸能界の水につかってきた彼女は、普通の20代が経験するようなことに憧れていました。今回、文春の報道で『海岸デート』『ラブホテル』というキーワードが出てきたとき、彼女らしいと思ってしまった」(同前)

 杏樹の喜多村への心酔ぶりは相当だったという。冒頭の芸能関係者が言葉を続ける。

「不倫が発覚後、事務所が彼女に聞き取り調査をしたのですが、『(喜多村に)奥さんと別れるように言った』とか『別れたら結婚する予定だった』とか、危ない発言が多々あったそうです。彼女の恋心は行き着くところまで行ってしまっていた。そうじゃないと、みずから運転する車で千葉県内のラブホテルまで行きませんよ」

 不倫発覚後、杏樹は次のようなコメントを公表している。

<今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました>

 図らずもその一文が「燃料」となり、瞬く間に大炎上。喜多村の妻である貴城は杏樹の身勝手な言動に激怒した。

「報道直後はショックのあまり入院していましたが、その病床で相手方(杏樹)を訴えたいと息巻いていたそう。現在も夫婦関係には亀裂が入ったままです。さらに4月に予定していた公演が新型コロナの影響で中止に追い込まれたこともあり、いまだ精神的に不安定な状態が続いています」(貴城の知人)

 あだとなってしまったのは、杏樹の“経験値”の乏しさだったのかもしれない。(後藤武彦)