2020年がまさかこんな年になるとは誰も想像していなかったことだろう。新型コロナウイルスによる国内初の感染者が明らかになったのは今年の1月16日のことだ。それからまもなく、ウイルスの脅威が認識され始め、同24日からの中国の春節に備え水際対策がなされた。武漢市を含む湖北省の感染症危険情報レベルを3に引き上げ、渡航中止勧告が発表された。それ以降、感染拡大に歯止めがかからず4月にはついに緊急事態宣言が出され、テレビのニュースやワイドショー、新聞なども新型コロナウイルス一色となった。芸能ニュースの扱いは少なくなり、SNSなどでは「不倫ニュースとかで騒いでいた頃は、いかに平和だったか」「当たり前に生活していたことがすごく昔のことのよう」といった声すら見受けられたが、それでもプライベートが騒がれた芸能人は少なくない。この上半期の芸能スキャンダルを振り返ってみたい。




*  *  *
「ビフォーコロナ」ともいうべき時期に連日のように報じられたのは東出昌大(32)と杏(33)の別居、さらに唐田えりか(22)と東出の3年に及ぶ不倫騒動だった。1月23日発売の「週刊文春」がこの不倫を報じると、東出と唐田の生々しい不倫の様子やイクメンと言われていた東出の真逆の私生活が次々と暴露された。

「東出が3月17日に行った謝罪会見も消化不良に終わり、現在は杏の方が弁護士を立てて離婚に向けて話し合っているといいます。しかし、新型コロナの影響もあり、なかなか進捗していないようです」(スポーツ紙記者)

 1月末には米倉涼子(44)とアルゼンチン人ダンサーとの熱愛を「女性自身」(1月28日発売)が報じた。

 記事によると米倉のお相手は、ジョニー・デップ似のアルゼンチン人ダンサーで、都内のアルゼンチンタンゴ教室で講師を務めているという。米倉は男性が講師を務める教室に通っており、昨年4月に放送されたテレビ番組で共演し情熱的なダンスを披露していた。

 「米倉がダンスを習い始めたのは2年ほど前から。最初はもちろん、先生と生徒でしたがプライベートレッスンを重ねるうちに、かけがえのないパートナーになっていったようです。彼は2月末に故郷のアルゼンチンに帰国し、そのままロックダウンにより出国できずにいるといわれていましたが、その直前に再来日していたそうです」(女性誌記者)

 どうやら現在も交際は順調のようだ。

 2月になると今度は鈴木杏樹(50)の熟年不倫が発覚した。お相手は元宝塚トップスターで女優の貴城けい(45)を妻に持つ「劇団新派」の俳優・喜多村緑郎(51)だ。

 2人の不倫を写真付きで報じた「週刊文春」(2月6日発売)によれば、昨年10月に行われた舞台共演をきっかけに出会い、昨年暮れに“深い仲”に発展。今年1月の海岸デートでは人目もはばからずキスやハグを繰り返し、その後、高級外車に乗り込みラブホテルへと消えていったという。

「鈴木はそれまでの清純派のイメージが一気に崩壊。さらに発表したコメントの一文『お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました』も物議を醸しました。貴城は『私と同じ地獄を見せたい』と話しているそうですが、一番悪いのは喜多村です」(芸能リポーター・川内天子さん)

 鈴木と同じようにこちらもイメージが崩壊したのは小倉優子(36)だろう。2年前に交際約半年で歯科医の夫と再婚したが、その1年後には別居状態にあることが明らかになり、現在妊娠中であるにもかかわらず、夫は離婚を望んでいるという。

「昨年暮れに別居してから、夫とは弁護士を通じてしか連絡を取れないそうです。小倉が妊娠中なので話し合いも思うように進んでいないようです」(女性誌記者)

 川内さんは「双方の言い分がまったく逆な上に、一般人である夫がワイドショーの取材に答えているということは、何か根深い問題があるのだと思います」と話す。

「こりん星人」というキャラからようやく脱して、今度は最強のママタレという座を手に入れたかのように見えたが、それも今や崩壊寸前。今度はどこへ向かっていくのか。

  コロナ禍で自粛ムードが漂う中で熱愛が報じられたのはNHKの桑子真帆アナウンサー(32)と俳優の小澤征悦(45)。4月23日発売の「女性セブン」によれば、2人は昨年から交際をスタートさせ、4月中旬には小澤の自宅での“お泊まりデート”を楽しんでいたという。

「2人の熱愛以上に注目されたのはセブンに掲載された写真で桑子アナがマスクをしていなかったことです。この時期に、しかも報道機関で仕事をする人間としていかがなものかとSNSなどで批判されました」(スポーツ紙記者)

 小澤といえば、世界的指揮者の小澤征爾氏を父に持つセレブで、これまでも杏や滝川クリステルらと華麗なる恋愛遍歴を重ねてきた独身貴族だ。一方の桑子アナは『ブラタモリ』のアシスタントとしてタモリからも高く評価され、現在は『NHKニュース おはよう日本』のメインキャスターも務めている。

「桑子アナはバツイチですが、小澤に対してはかなり押しの一手だそうです。結婚も視野に入れてフリー転身を考えているといううわさもあります」(スポーツ紙記者)

 川内さんは「ゴールインは桑子アナ次第」だと話す。

「滝川とも何度も“結婚間近”と言われてきましたが、自分ではなかなか決断できないようで破局。桑子アナが結婚を意識して攻めていけばゴールインもあると思います」

 桑子アナが “世界の小澤”家の嫁という立場になる日も意外と早いかもしれない。(宮本エミ)