NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が6月7日の放送を最後に、いったん休止される。コロナ禍による収録のストック切れが原因だから、やむをえないとはいえ残念だ。



 ただ、不幸中の幸いはテイストの似た旧作が日曜朝のアーカイブ枠(NHKBSプレミアム)で再放送中であること。1991年に同じ池端俊策の脚本で制作された「太平記」だ。

「麒麟」の舞台が室町時代の末期なのに対し「太平記」はその始まりを描く。今回、29年ぶりに大河を手がけるにあたり、池端はこう語っていた。

「以前に(室町幕府初代将軍の)足利尊氏を主人公にした『太平記』を書いたので、室町幕府の終わりを描いてみたいとかねがね思っていました。室町幕府最後の将軍、足利義昭と関係性が深いのが織田信長で、そこから明智光秀へといきました。信長と義昭をつなげたのが光秀だという説もあります」(マイナビニュース)

 しかも「太平記」は大河史上有数の傑作とも呼ばれる作品だ。その深い理由については後述するとして、まずは俗っぽい見どころから紹介するとしよう。

 それはズバリ、キャストの豪華さだ。再放送中といえば、朝ドラのBSプレミアムアーカイブ枠「はね駒」における、斉藤由貴、渡辺謙、樹木希林、沢田研二というのもなかなかのものだが、こちらもひけをとらない。

 真田広之、緒形拳、片岡孝夫(仁左衛門)、沢口靖子、武田鉄矢、柄本明、近藤正臣、児玉清……。「麒麟」同様、代役騒動も起きたが、病気で降板した萩原健一の穴は根津甚八が埋めた。

 また、鎌倉幕府最後の執権・北条高時役の片岡鶴太郎の不気味な怪演も話題になったし、バサラ大名・佐々木道誉役の陣内孝則のユニークな個性も注目された。バサラというのは、派手で豪快で実力主義的なあり方を指し、戦国から江戸初期にかけてのカブキ者の源流でもある。これは90年代初期に隆慶一郎の時代小説から始まった前田慶次のブームともシンクロしており、現在大人気のアニメ「鬼滅の刃」などの世界観を先取りしていたともいえる。

  さらに、被支配者階層のキャラも充実している。「麒麟」では堺正章や岡村隆史、門脇麦、尾野真千子らの役回りだが、ここでは柳葉敏郎や樋口可南子、そして宮沢りえが務めた。

 宮沢はまだ17歳で、女優としては覚醒前といえるが、尊氏の子を身ごもる白拍子の役を初々しく演じた。その後、彼女はスキャンダルもあって悲劇の似合う女優となり、今見るとこの役もしっくりくる。5月17日放送の第7回「悲恋」は彼女がメインで、当時の視聴率は33.1%。これは全49回中3番目に高い数字だった。

 そんな宮沢とともに80年代後半の美少女ブームで世に出た後藤久美子も登場する。演じたのは、北畠顕家。そう、国民的美少女・ゴクミを男役にし、悲運の武将として起用したわけだ。

 この荒業を実行したのは、製作総指揮の高橋康夫。当時、妻の三田佳子が「紅白」の司会を務めたり、芸能人長者番付1位になるなど絶頂を極めていたから、夫もイケイケの勢いだったということだろうか。この年は途中でバブルがはじけたというのもあって、芸能界や世の中の華やかさとはかなさに思いをはせさせられる作品でもある。

 とまあ、俗っぽい話はこれくらいにして、前述した「深い理由」を語るとしよう。「太平記」を傑作にした最大のポイントは、脚本家と時代のマッチングだ。

 ちなみに「麒麟」で主役を演じる長谷川博己は池端の脚本について、こんな話をしている。

「本当に繊細で、なかなか一筋縄ではいかないというか。白黒はっきりしているというよりは、淡い色合いが流れていて、行間で多様な意味合いに変わっていくという印象です」(サライ.jp)

 これは白と黒、すなわち善悪や正邪といった二元論にとらわれない脚本ということでもある。実際、池端は80年代にビートたけし主演の「昭和四十六年 大久保清の犯罪」や「イエスの方舟」を書き、殺人や宗教の本質に迫って注目を浴びた。また、浅丘ルリ子をヒロインにして「魔性」「危険な年ごろ」を手がけ、悪女のエロスを浮かび上がらせている。要は社会派的視点で白でも黒でもない人間の業を表現することにたけた脚本家なのだ。

  そして「麒麟」や「太平記」の舞台である中世は、そんな人間の業がむき出しになる時代だった。源平の合戦に始まって、将軍の相次ぐ暗殺、南北朝では天皇家すら分裂し、やがて応仁の乱から戦国の下克上へ……。秩序は乱れ、個人が欲望のままに動き、危険だが自由もあって、生々しい人間性が垣間見える時代でもある。

 池端は「太平記」で中世のど真ん中を描いたあと、今回、その終わりに着目した。泰平の世に現れるという架空の動物・麒麟は、その象徴だ。ただ、麒麟がきたあとの近世、すなわち江戸時代は平和だが、大河ドラマ向きではない。せいぜい、映える題材は忠臣蔵くらいだろう。

 というのも、人気や実力、個性を持つ役者たちが一年にわたって競演する大河はそれこそ、人間の業がむきだしになって劇的にぶつかりあう時代に最もふさわしいからだ。ヒット作の多くが中世、それも爛熟期というべき戦国時代に集中しているのはそのためである。

 では、戦国と並んでとりあげられがちな幕末はどうかというと、数字的にはやや弱い。これはおそらく、現代的イデオロギーという問題の影響を受けやすいからだろう。舞台が今に近い分、たとえば世界における日本のかじ取りはどうすべきかといった問題を扱わなくてはならず、理屈っぽくなりがちだ。そこが非日常的な娯楽としての純度をうすめることにもつながってしまう。

 昨年、宮藤官九郎が脚本を手がけた「いだてん〜東京オリムピック噺〜」が一部の熱狂にとどまったのも、世界平和や人種差別、女子のスポーツ参加といった現代的なテーマに寄りすぎたことが一因だ。86年に『日本テレビドラマ史』(映人社)を著した鳥山拡は大河の変化について「『お説教』が現代性と錯覚された作り方になった時は、興味をなくした」と書いたが、現代的イデオロギー、すなわちポリコレ感覚を持ち込みすぎると、視聴者の好悪が分かれることになる。

 そこへいくと、同じ劇団系の脚本家でも、三谷幸喜はさすがだった。理屈っぽくなりがちな幕末モノの「新選組!」も、登場人物のキャラを際立たせて痛快娯楽大作にしてみせたし、戦国モノの「真田丸」においては大河的コメディーの限界に挑戦して、さまざまな層を喜ばせることに成功した。

  もっとも、戦国より幕末、あるいは近現代モノがいいという人もなかにはいるだろう。ただ「麒麟」ファンによりしっくりくるのはやはり中世を描いた作品ではなかろうか。戦国モノはもとより、北条政子が主人公の「草燃える」や時代的に「太平記」と「麒麟」のあいだに位置する「花の乱」も面白かった。また、中世の扉をこじあけようとして挫折した平将門が主人公の「風と雲と虹と」も評価したい。これは全話が残存していてソフト化されている最古かつ幸運な大河でもある。

 光秀が重要な役割を果たしたという意味では「国盗り物語」や「秀吉」と見比べてみるのも一興。ただし、前者はソフト化されていない。
 というわけで、大河の肝は中世にあり、なのである。 

 なお、不安が混沌を生み、ともすれば個々の感情も対立するという点で、コロナ禍に見舞われた今の状況は当時と似ていなくもない。それゆえ、中世の人々が泰平の世を待ちわびた気持ちも理解しやすいといえる。

 また、ヨーロッパの中世ではペストが大流行し、それを避けるため別荘に集まった男女が物語をするという設定で「デカメロン」(ボッカチオ)という名作が生まれた。コロナ禍によって巣ごもりを強いられるような日々はまだまだ続くし「麒麟」の休止期間も1、2カ月が見込まれている。そのあいだは再放送の「太平記」やソフト化された過去の大河で日本の中世に思いをはせるのもよいのではないか。

 そのほうが、再び「麒麟」がくるのを楽しみに待てるし、再開後の「麒麟」をいっそう楽しめるはずだ。

●宝泉薫(ほうせん・かおる)/1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など