23日、プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで急逝した。出演していた人気番組「テラスハウス」(フジテレビ系、ネットフリックス配信)内での言動がきっかけで、3月末の配信以降、木村さんのSNSには誹謗中傷が続いていた。自宅マンションから遺書が見つかっていたとの報道もあり、SNS上での誹謗中傷が命を絶った原因だったのではとの見方も強い。

「テラスハウス」はシェアハウスで暮らす男女6人の恋愛模様を描いた「リアリティー番組」として人気を博している。登場人物の心理が巧みに描かれるリアリティー番組では、放送後、出演者のSNSやブログに感情移入した視聴者から批判が書き込まれるケースも散見される。テレビ離れが叫ばれているなかで、なぜ視聴者はそこまでリアリティー番組に感情移入し、他人を攻撃するまでになるのか。『ソーシャルメディアの何が気持ち悪いのか』の著者で、SNSでの人間心理に詳しい精神科医の香山リカ氏に聞いた。



*  *  *
――昨今のリアリティー番組では、視聴者が出演者のSNSにコメントを寄せるケースが増えているように思います。その視聴者の心理はどういったものなのでしょうか。

香山氏 SNSの発達により、ネットでの発言が名も知らぬ誰かを退職に追い込むなど、その現実を変えることが可能になってしまいました。

 リアリティー番組も、SNSの登場以降は「参加型」になりつつあります。SNSで意見を言うことで、「自分の書き込みによって、今後の出演者の態度が変わるかもしれない」と、自分も番組に参加しているような感覚が得られるのです。

 著名人とつながった感覚、自分の言葉によって他人の人生や現実を変えることができる期待感が持てるようになりました。そういう意味でSNSは、自分が大きな力を手にしたかのような全能感に浸ることができる「魔法のツール」だとも言えるのです。

 SNSは、今日は何を食べた、どこにデートに行ったという私生活を発信者が自ら不特定多数に披露する、というこれまでになかったツールです。フォロワーはもっとその人の日常を見てみたい、恋愛模様をのぞき見したいといった欲望がかき立てられます。そういう意味で、リアリティー番組は「その人の日常をのぞき見ている感覚」という点で、SNSそのものの機能とも類似しています。リアリティー番組はその「のぞき見たい」という欲求に応え、映像も含めて見せてくれるものです。その共通点が、両者の結びつきをより強くしているのではないでしょうか。

 特に今はコロナ禍によって、仕事が減ったり、就職活動がうまくいかなくなったりと、現実がうまくいかない人が増えています。家にいる時間も長いため、さらにストレスがたまります。そんな時、SNSで得られる万能感で他者の人生に影響を与えてやろうという気持ちが高まり、さらに不満を晴らすために他者を攻撃する行動に走ってしまいやすい。暗い欲望が増幅しやすい時期に、今回の木村さんへの誹謗中傷が集中してしまったのだと思います。

――以前であれば、テレビ番組に演出はつきものだという「暗黙の了解」が視聴者にあったように思います。今回の事件は、テレビの演出と現実が混同されているように感じますが、なぜリアリティー番組に視聴者はそこまで感情移入してしまうのでしょうか。

香山氏 インスタやツイッターの利用によって、誰もが自分の私生活を他人に見せるのが当たり前の感覚になりました。SNSの普及を機に「自分の私生活を知ってもらうこと」も「他人の私生活をのぞき見すること」も抵抗がなくなってきた。「他人の恋愛模様をのぞき見する」リアリティー番組はその延長にあると思います。SNSに公開する内容は「盛ってる」とみんな知りながらも、「完全なウソはダメ」という暗黙の了解があります。リアリティー番組も同じです。完全に自然な現実ではないにせよ、過剰なやらせやウソではないだろう、と思いながら見ているわけです。

――こうしたSNSの投稿には「アンチ」に近い発言も多くみられます。彼らの行動はどういった心理に基づくものなのでしょうか。

香山氏 本人なりに社会的な正義に基づいた行動だという正当化があるのではないでしょうか。憂さ晴らしではなく、みんなが怒っていることに自分も加わって、間違っている人を成敗している、世の中を良くすることに役立っているんだという意識があるのだと思います。とはいえ、彼らは誹謗中傷をしている対象と建設的な議論がしたいわけではありません。強い言葉でその人の存在自体をおとしめたり、数の力で黙らせたりすることが「議論の勝利」だと思ってしまっている。また、住所や家族の情報など、相手が困るような情報をさらすことでも、勝利を収めた感覚を得ているのだと思います。

――韓国でも、SNSでの誹謗中傷による芸能人の自殺が相次いでいますが、こうした事象は世界共通なのでしょうか。

香山氏 欧米だと、「個」の意見を確立することが大事であり、必要なときには議論をすべきだ、という教育を幼い頃から受けているため、たとえ誹謗中傷を受けても自分の頭で考え、相手が正しくないと判断すれば、きちんと言葉で応酬する土壌があります。

 一方、日本や韓国をはじめとしたアジア圏では、長い歴史の中で、個を確立することよりも、集団の中で期待されている役割を演じること、わかりやすく言えば「みんなに好かれる自分になること」が良しとみなされてきた。結果、集団から攻撃を受ければ、「自分は存在価値がない」と落ち込みやすい。アンチにとっても「自分の発言で対象者を追い込める」という感覚は、欧米よりも強く得られるのだと思います。

――「テラスハウス」は台本のないリアリティー番組をうたっていますが、香山さん自身、テレビ出演の際に「演出」の強要や同調圧力を感じたことはありますか。

香山氏 これまでコメンテーターとして出演した際に、強く発言を指示されたことはありません。

 しかし、たとえば制作側から「これは本当に仮なのですが」といった前置きで遠慮がちに台本を手渡されたり、「視聴者はこういうことを求めています」という説明があったりしたことはありました。

 こちらも出演しているんだからというサービス精神のようなものが働いて、求められることを無意識のうちに演じてしまうことはありました。終わってから制作サイドに「よかったですよ!」などとほめられると、「次も期待される役割を演じよう」とそのキャラクターが強化されます。特に、まだ若くて素直な人だと、「期待に応えなきゃ」「作り手や視聴者を喜ばせ、好かれるようにならなきゃ」という心理は働きやすいでしょう。

 木村さんがそうした番組側の意向に自分でも知らないうちに応えようとした結果、あるキャラクターを作り上げていき、それが攻撃の対象となって今回の悲劇につながったのだとしたら、本当にいたたまれません。(構成=AERA dot.編集部・飯塚大和)