とんねるずの石橋貴明が、自身のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を開設したことが話題になっている。いまや芸人がYouTubeを始めるのは珍しいことではなくなった。雨上がり決死隊の宮迫博之やTKOの木下隆行のように、何らかのトラブルを起こした芸人がYouTubeという新天地で再起をはかる例もある。



 ただ、芸人YouTuberが増えたとはいえ、極端に上の世代の芸人はめったにいない。具体的には、石橋と同世代かそれ以上のキャリアで本格的にYouTubeをやっている芸人はほとんどいないのが現状だ。タモリ、ビートたけし、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンなどはいずれもYouTubeには手を出していない。

 数少ない例外として、ヒロミは『Hiromi factory チャンネル』というYouTubeチャンネルを持っている。ただ、そこで行われているのは、DIYや自動車・バイクいじりなどの個人的な趣味に関することばかりで、笑いやエンターテインメント性を重視した内容ではない。本格的に芸人としてYouTubeに根を下ろして活動する人は、ベテラン層ではまだ前例がない。

 そんな中で、文句なしの大物芸人である石橋のYouTube進出は大きな話題になった。始めた途端に登録者数は急増し、7月2日現在で52万人を突破している。

 制作を手がけているのは『とんねるずのみなさんのおかげでした』でも演出を務めたマッコイ斉藤だ。テレビバラエティ史に残る数々の過激な企画で知られる伝説のテレビマンである。そんなマッコイと石橋ががっぷり四つに組み、満を持してYouTube進出を果たしたのだから注目されるのも当然だ。しかも、石橋は「1年やってダメだったら引退する」とまで宣言している。背水の陣で挑む覚悟なのだ。

 彼がYouTubeを始めた背景には、テレビに代わる新しい表現の場を切実に求めているという事情があるのではないか。2018年に『とんねるずのおかげでした』が終了して、とんねるずのコンビとしてのレギュラー番組はゼロになった。その後、石橋だけは同じフジテレビの深夜枠で冠トーク番組を持っているが、現在のレギュラー番組はその1本だけだ。YouTubeで公開された動画の中でも、自分が暇だということを自虐的に語ったりしている。

『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』など、スポーツ関連の番組や企画を多数手がけていることからもわかるように、石橋は大のスポーツ愛好家である。特に野球に関する興味は尋常ではないレベルだ。高校野球の名門校である帝京高校の野球部出身の石橋は、プロ野球から高校野球、MLBまでカバーする幅広い知識を持っている。

 現在までYouTubeで公開されている動画でも、野球関連の企画が目立つ。遅めの開幕を迎えたプロ野球の結果を振り返りながら解説する動画が人気だ。その中で石橋は、バラエティ番組での共演経験もあり、帝京高校の後輩でもある日本ハムファイターズの杉谷拳士選手を応援しており、何かと話題にしてエールを送っている。

 YouTubeでこのような趣味に関する企画をやるときには、本当に心からその対象を好きでないと面白くならない。その点、石橋の野球好きは紛れもない本物だ。語り口から好きだというのが伝わってくるし、知識量も伝え方の上手さも常人離れしている。

 石橋は多くのアスリートとプライベートでも交流があるため、そういう人たちを今後ゲストとして呼ぶこともできるかもしれない。YouTuberとしての可能性は無限に開かれている。

 とんねるずはデビュー当時、「帝京高校出身の低学歴の素人」であることを売りにして、コンプレックス丸出しで芸能界に殴り込みをかけてきた。当時のとんねるずはルール無用の暴れっぷりで若者に熱狂的な支持を受けていた。

 今の時代に、当時のとんねるずに近い形で若者に支持されていると言えるのは、テレビに出ている若手芸人ではなく、YouTuberのラファエル、ヒカル、レペゼン地球などの方だろう。制約の多いテレビでせせこましく活動する芸人やタレントは、刺激を求める若者には見放されている。それよりも、タブーを破り、自由にやっているYouTuberの方が魅力的に見える。

 そう考えると、石橋がこのタイミングでYouTubeに乗り出すのは、とんねるずとして活動を始めた頃の原点に回帰するようなものだ。往年の「ワンフー(とんねるずファンの総称)」が石橋のYouTube活動に期待を寄せるのはそのためだ。YouTuberとしての石橋は、あの頃のようにまた新しい伝説を作っていくのかもしれない。(お笑い評論家・ラリー遠田)