7月1日に「NEWSポストセブン」で女優・綾瀬はるか(35)との熱愛が報じられた韓国人俳優ノ・ミヌ(34)。昨年7月に本人にインタビューした韓国在住のライター成川彩さんが、本誌に彼の素顔を語った。



「線が細いきゃしゃな方で、男性的にかっこいいというよりは、美しいという印象」

 成川さんは、ノ・ミヌと会ったときにそう思ったという。

 ノ・ミヌの韓国芸能界でのデビューは2004年。ミュージシャンとして活躍していたが、所属事務所とのトラブルで、韓国国内では活動がしにくくなり、日本を含む海外で音楽活動をすることに。その後、俳優として活躍するも、兵役で一時、芸能界からは離れた。

「(現在は)韓国内では俳優として主に活動しており、知名度も高い。兵役を終え、昨年は4年ぶりのドラマ復帰だったので、話題になっていました」(成川さん)

 その復帰作となったドラマ「ジャスティス2─検法男女─」では、ノ・ミヌがアドリブでやったとされる、前歯にのりを貼り付けて子どもを笑わせるシーンがある。以前からファンの前でも、よくふざけて前歯にのりを付けて見せていたネタでもあり、ファンたちは「ドラマでもやった」と喜んだとか。見た目とは裏腹にサービス精神旺盛な一面もあるようだ。

 一方で、ドラマでは二重人格という難しい役どころを演じるために、ストイックに役作りをしていたことがうかがえたと成川さんはいう。

「SNSなどでは明るい様子も見えますが、ドラマの撮影中は役に入り込みすぎてか、不眠症になったり、体重が3キロ減ったりしたと話していました。俳優として役に忠実で、真面目な人だという印象を持ちました」

 昨年のインタビューで成川さんは、事前にマネジャーから、日本語でも問題ない、と言われたという。ノ・ミヌは、

「高校生のときに、2年半くらい日本で暮らしていた」

 と話したという。その後の日本での活動などもあり、日本語でコミュニケーションを取ることに不自由はないのだろう。

 今回の綾瀬はるかとの熱愛報道だが、もちろんインタビューではそういった恋愛話については触れられていない。

 報道では、交際は2年間に及ぶとされる。だが、双方の所属事務所は即座に報道内容を否定し、火消しに走った。

 綾瀬はるかの所属するホリプロの担当者は本誌に対し、こう回答した。

「過去に友人としての関係性があったというのは間違いないのですが、それ以上の関係はありません。少なくとも1年半くらい前から会っていません。報道されている関係性は事実無根です」

 友人としては、個別に会う関係ではなく、「複数で会うような間柄」だったとの説明だった。

 成川さんによると、韓国でも「ノ・ミヌの相手の綾瀬はるかって誰だ」と話題になったようだ。

「蒼井優さんやオダギリジョーさんは韓国でも知名度がありますが、綾瀬はるかさんはそれほどでもないのです。ノ・ミヌさんが日本でも活動していることは韓国でも知られていますけど、綾瀬さんは韓国とそれほど接点がないのでは?」

 韓国メディアも、ノ・ミヌ側が交際を否定したと報道している。

 ノ・ミヌが兵役を終えたのは、18年7月とされ、復帰を祝う「カムバックコンサート」を9月に東京で行っている。

 報道では「2年間」の交際期間とされているため、そのとおりだとすれば、ノ・ミヌの除隊後に交際を始めたことになる。

 双方とも交際を否定はしているが、2人の関係から目が離せない。
(本誌・岩下明日香)

※週刊朝日2020年7月17日号