ユッキーナの愛称で知られるタレントの木下優樹菜(32)が6日、芸能界からの引退を電撃発表した。芸能界復帰を発表したのが7月1日、それからわずか5日足らずでの出来事だけに、芸能界では様々な憶測が駆け巡った。いったい何があったのか。



「まだタピオカ問題が解決してないから、芸能活動を再開したがる彼女を周囲では、『もう少し待ったら』と制していた意見もあったんだけど、本人の強い意向で、早期に芸能活動を再開したんです」(芸能事務所関係者)

  昨年10月、木下が実の姉が働くタピオカ店でトラブルを起こし、「事務所総出でやりますね」と恫喝まがいのメールを送ったことなどが問題化し、SNSで炎上。それがきっかけで、活動を自粛した。それから8カ月がたち、芸能活動を再開したものの、本人の意向とは真逆に事態が動いたという。

「木下優樹菜の交友関係でトラブルがあったと聞いています。事務所が先に『引退』という2文字を発表して、先手を打ったんです」と先の芸能事務所関係者。

  所属事務所のプラチナムは「今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」と説明している。

「たとえば多目的トイレ問題のスキャンダルが発覚しそうになった時、アンジャッシュの渡部建と所属事務所は、テレビ局、ラジオ局、スポンサーなど、自分のレギュラー番組に先に挨拶をし、自粛という形で自ら説明して、ことを和らげようとした。それと似たようなケースなのではとささやかれています。要するに、ユッキーナの引退というのは、苦肉の策で事務所がかばいきれない案件を抱えている可能性が高い」(同前)

   木下は昨年12月、フジモンことFUJIWARAの藤本敏史(49)と離婚。シングルマザーとして、新たにママドル市場に乗り出そうとしていた。ただ、今年1月には一部報道で、他の男性との交際が報じられてもいた。

 芸能ジャーナリストがこう言う。

「ユッキーナは子育てを第一にしていた。男性との交際報道もあったが、今後、ユッキーナを支えるのは元夫のフジモンしかいないんですよ。ユッキーナは今まで自由奔放にやってきたけど、今回はフジモンがかばってます。彼女は芸能界を引退した後、まずは子どもと元夫と向き合って生きていくみたいです」

  木下はインスタグラムの女王。350万人のインスタのフォロワーがいるインフルエンサーだった。だが、引退発表から閲覧できない状態になった。

「ジャニーズを退所した手越祐也のように、芸能事務所を辞めても、YouTubeなどいろんな情報発信やビジネスに挑戦するタレントも現れるようになった。しばらくしたら、ユッキーナも芸能界とは別の活動の準備を始めるかもしれないね」(芸能ジャーナリスト)

***

■ FUJIWARAの藤本敏史が吉本興業のニュース「ラフ&ピースニュースマガジン」に6日、出したコメント。

<藤本敏史から皆さんへ

木下優樹菜さん引退について
木下優樹菜さんが引退を発表されました。
私、藤本敏史は、今後も子供たちを含めて支えてまいります。
マスコミのみなさまにお願いです。彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします>

■ 木下の所属事務所のプラチナムが6日午後4時過ぎ、「木下優樹菜引退のご報告」として発表したメッセージ。

<平素は格別のご高配を賜わり厚く御礼申し上げます。
弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました。

木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております。

長年にわたり、木下優樹菜を応援していていただいたファンの皆様、関係者の皆様には、このようなご報告となってしまい大変申し訳ございません。どうかご理解いただければと存じます。何卒宜しくお願い申し上げます>

(本誌 上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事