木村拓哉(47)266.2万人、工藤静香(50)75.3万人、Cocomi(19)183.6万人、Koki,(17)327.4万人、全員をあわせるとキムタク一家のインスタグラムのフォロワー数は実に852.5万人にものぼる(7月14日時点)。



 ネット上でも、誰かがインスタグラムを更新するたびにニュースが流れ、一家のニュースを見ない日はないほどだ。

「特に娘2人がデビューしてからは、木村家の露出がかなり増加しました。それまで封印していたファミリー感も全開になりましたからね」

 こう話すのはスポーツ紙記者だ。

 2018年に次女・Koki,が『エル・ジャポン』で華々しくモデルデビューし、今年3月には長女・Cocomiも『VOGUE JAPAN』の表紙でモデルデビューした。

 その後Kokiは日本人初&最年少の「ブルガリ(BVLGARI)」アンバサダーに就任、続いて「シャネル(CHANEL)」のビューティーアンバサダーにも起用されて話題になったが、一方のCocomiはといえば、こちらも『ディオール』のジャパンアンバサダーに就任している。

「娘たちはどちらも海外のハイブランドと契約しましたが、これは静香さんの強い意向だったと聞いています。彼女は姉妹がまだ小さいころから、二人とも海外でも通用するアーティストに育てたいと考えていたそうで、インターナショナルスクールへ通わせたのもその一環。デビューの舞台を『エル・ジャポン』や『VOGUE JAPAN』という世界的ファッション誌に選んだのも静香さんの戦略です」(ファッション誌エディター)

 だが、工藤のターゲットはさらにその先にあるという。

「ここ数年でハイブランドはSNSでの発信に力を入れて展開していますが、その中でも増えつつあるのがインフルエンサーによるマーケティングとコラボレーションです。たとえばショーなどに人気インスタグラマーを招待して、その様子を全世界に発信してもらう。またエンタメ界で活躍するインフルエンサーをアンバサダーに起用して拡散してもらう。静香さんはそうした世界的なインフルエンサーとして影響力のあるポジションを意識しているのかもしれません」(同前)

 世界的インフルエンサーのロールモデルといえば、歌手でモデルのリアーナだろう。インスタグラムのフォロワーは8483万人。リアーナは昨年、自身がプロデュースするファッションラインをルイヴィトンやクリスチャン・ディオールなどのブランドを擁する「LVMHグループ」の傘下に入れ、新たにハイブランドとして立ち上げた。

「工藤の狙いはまさにそこ。もともと彼女自身、自分でアクセサリーやジュエリーをデザインしますから、いずれはハイブランドと組んで新ブランドを立ち上げたいというビッグビジネスも視野に入れているようです」(代理店関係者)

 芸能リポーターの石川敏男さんもこう話す。

「2人の娘を世界へ羽ばたかせるためなら、どんなこともいとわないという強い意志を感じますね。娘たちへの思いの強さは桁外れ。宇多田ヒカルがデビューする前の藤圭子さんを思い出しました」

 石川さんは、藤さんが自分の新曲プロモーションで石川さんの出演するラジオ番組にゲスト出演した時のことを、今の工藤の姿に重ね合わせる。

「その時、藤さんが『私の曲はかけなくてもいいので、娘のこのテープを流して』と懇願されましてね。あまりに強く言うので、そのテープを流したんですが、その時の藤さんの喜びようは今でも覚えています。それから程なくして、あの『Automatic』で宇多田がデビューしました。工藤さんも木村さんも、今は娘たちのためにできることはすべてバックアップしていく、ただの2世タレントでは終わらせないという思いが強いのだと思います」

 とかく工藤の剛腕ぶりがクローズアップされがちだが、その先にあるのは木村家がグローバルに活躍する「家族戦略」のようだ。(宮本エミ)