個性派俳優・佐藤二朗さんが日々の生活や仕事で感じているジローイズムをお届けします。実は今年、俳優デビュー20年周年を迎えた佐藤さん。出演作品の思い出を振り返ります。



*    *  *
 いま気づきました。

 僕、ドラマや映画に出るようになったのが31歳からなのですが、現在、僕の年齢は51歳。

 そう。僕、今年、デビュー20周年なのです。

 それを記念して、「佐藤二朗全国リサイタルツアー」を敢行したいと思うわけないだろう馬鹿野郎。

 おっとごめんなさい突如として汚い言葉が。大体、「デビュー」という言葉がこれほど似つかわしくない人もいないでしょうし、「リサイタル」という言葉に至っては意味も分からず雰囲気で使ってしまいましたごめんなさい。

 20周年を誰も祝ってくれないので、ちなみに先ほど妻に「お!すごいこと気づいちゃった!俺、今年、俳優20周年だ!」と言ったら「ふーん」と言われました。そもそも当の本人さえ今年も8月になってようやく気づいたんです。7分ほど前にようやく気づいたんです。だからせめて、このコラムで少しだけ、20年を振り返ろうと思います。

 暑さに弱く寒さに弱いという面倒体質で名を馳せた僕ですから、まず、この20年で一番暑かった作品から。

 それは、映画「幸福のアリバイ〜Picture〜」です。撮影は真夏の古い日本家屋で行われました。空調なし。繰り返します。空調なし。そして、設定は、お葬式。喪服。繰り返します。喪服。さらに撮影は日中に行われたのですが、設定は夜なので、窓という窓に暗幕を張り、風通しナッシング。(あ、4年前の作品ですからね。もちろん新型コロナの前ですからね。)

 もう暑いなんてもんじゃない。ただでさえ汗っかきの僕は、もはや人というよりはほぼ汗。人が台詞しゃべってるんじゃなくて汗が台詞しゃべってる感じ。どんな感じだ。「役者だけに暑い思いをさせるわけにはいかない!」と颯爽とジャケットを羽織った監督の陣内孝則さんも開始12分後にはジャケットを脱いでおりました。とにかく暑かった。

 次は一番寒かった作品。それは映画「大洗にも星は降るなり」。

 撮影は、真冬の大洗海岸。しかし設定は夏。繰り返します。設定は夏。僕の衣装、アロハに短パン。繰り返、いや繰り返すと泣きそうになるのでやめますがやはり繰り返します。アロハに短パン。さらに、いいですか、驚かないでください。なんと…雨ふらし(ドラマや映画で人工的に雨を降らせること)。

 もうね、死ぬかと思いました。精神的にはほぼ死んでました。やっと撮影が終わり暖まろうと思ったら監督の福田雄一から「二朗さんのヨリがあとワンカットあります!」と言われ、あのですね、ヨリを撮ってもらうのは役者としてはありがたいことなんです。僕なんかヨリを撮ってもらうのに数年掛かったんです。その僕が初めてその時叫びました。「ヨリはいらねえ!」

 最後に、最も役のハードルが高かった作品。これは2作品挙げさせてください。1つはドラマ「レガッタ」、もう1つはドラマ「夜王」。

「レガッタ」の撮影当時、僕は37歳。で、その僕の役、大学生。大丈夫ですか?気を失ってませんか?気を失った人のためにもう一度言いますね。37歳の僕の役、大学生。

 確か、8回浪人して、7回留年して……みたいな設定だったと思います。親泣かせです。てか僕泣かせです。プロデューサー中込卓也の「佐藤二朗に年齢は関係ない」という言葉を今も覚えています。

 そして「夜王」。僕の役、ホスト。大丈夫ですか?吐いてませんか?ちょっ、なんでそこまで卑下しなきゃいけないんだ。でも少なくとも俺は吐きそう。あまりの役のハードルの高さを思い出し、吐きそう。

 この時はホストの役のために、僕史上、最も髪を長く伸ばしたんです。で、襟足をメークさんにクリンクリンにしてもらったりしたんです。なのに世間様から「あれ、カツラじゃね?」って言われたんです。なんなら妻からも「あぁ、それ地毛だったのか」と言われたんです。ごめん、泣きそう。吐く前に泣きそう。

 かように少し振り返っただけでも、本当にいろんな作品や役をやらせてもらいました。まだまだこれからも皆さんを笑わせたり驚かせたり唸らせたりして心動かしたい。デビュー20年以降も、ひとつよろしく。

■佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける。原作・脚本・監督の映画「はるヲうるひと」(主演・山田孝之)が近日公開予定