ジャニーズ事務所との専属契約を終了した「NEWS」の元メンバー手越祐也(32)。退所会見(6月23日)から約1カ月半が経ち、どんな活動をしているのか。

 手越と親しい知人はこう話す。

「手越くんには、バックアップしてくれる複数の大物がついていて、『手越プロジェクト』なるものが組まれています。まずはファンクラブのサイトを発表し、年間のベーシックなところではそれで食べていけるように計画しています。少し前には、280平方メートルもある広々とした部屋に引っ越しましたよ。古巣時代よりも広くて家賃が高いようですね。2千万円もするランボルギーニも購入しました」

 手越は退所後、新会社を設立。地上波テレビでレギュラーを務めていた「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)やラジオ番組「手越祐也&城彰二の『サッカーアース』」は事実上の降板となったが、32歳になって、彼いわく「遅咲きのSNS」を開始した。

 退所後に始めたYoutubeの登録者数、投稿した動画の再生数、ツイッターのフォロワー数は、いずれも100万を超えている。

「彼はSNSを軸に何かやれないか、国境を超えて世界ナンバー1になれないかと挑戦することを探しています。人柄もきさくで明るいので、人が集まってきますね」(知人)

 手越が取り組んでいるひとつに、困窮するひとり親家庭に弁当を無償で配達するボランティア活動「INGプロジェクト2020」がある。彼自身、シングルマザーの家庭環境で育っており、スペシャルサポーターとして参加した。弁当を配るボランティアを企画する団体の星野大地副代表はこう話す。

「弁当を配る地域と家庭はランダムに選んで、手越さんがアポなしで届けに行きます。みなさん、ビックリされることが多いですね。キャーと喜びの声を上げるケースも見られます。中にはテレビもない家庭もありますので、手越さんのことをご存じないこともあります」

 弁当には手越しのメッセージが添えられているという。

「毎回、配達ごとにメッセージの内容は変えています。みなさんから、こちらの事務所に写真入りの感謝のメッセージが届いたり、お手紙をいただいたりしています。手越さんも喜んでますよ。当初、プロジェクトは8月末までの予定でしたが、みなさんからより延長して欲しいというご要望をいただいておりまして、新たに資金を集め、期間を延長できる見通しです」(星野副代表)

 一方、手越がボランティアで弁当を配るシーンを撮影しようと、テレビなどの報道陣の「追っかけ班」なるものが出ている。手越が乗る自転車を、追っかけ班も自転車で一斉に追いかけていた。

「手越くんの自転車は、輸入したものを日本向けに改良したらしく、2、3回軽くペダルを踏んだだけで、スーッと前へ進んで行く。報道陣は普通の自転車なのでペダルも重く、追っかけるのも、汗びっしょりで、疲れるようです」(報道陣の一人)

 手越は、これとは別のボランティアとして、7月25日に東京都江戸川区で開かれた中高生のサッカー教室で、ゲスト講師として招かれ、指導した。

「手越自身、学生時代はサッカーに明け暮れていたそうで、今では自分のフットサルチームを持つほど情熱をかたむけているスポーツ。これからもサッカーには関わりを持っていきたいと話してました」(報道関係者)

 今後の活動について前出の知人が語る。

「人気YouTuberのヒカルさんやホリエモンこと堀江貴文さんとのコラボの企画も出ているようです。8月5日には自身の半生やNEWSのメンバーとのことを綴り、ベッドでのヌード写真も収録したフォトエッセイを刊行します。年末にはディナーショーも開きたいと言っている。古巣のジャニーズも昔のように、所属タレントが退所したからと言って、目の敵にするようなことはなくなりつつある。もはや、手越くんはジャニーズを気にすることなく、イケイケドンドンですよ」

 手越の天真らんまんな面白さを、新たな世界で楽しみたい。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日 2020年8月14‐21日号に加筆