「愛の不時着」だけじゃない! 韓国の非地上波テレビドラマ史上最高視聴率をたたき出した「夫婦の世界」や常軌を逸したヒロインの「サイコだけど大丈夫」など注目作品が目白押しだ。“巣ごもり”夏休みに見るべきドラマを一挙紹介する。



*  *  *
 日本に「愛の不時着」ブームが到来する傍ら、韓国の今年上半期ドラマで話題沸騰していたのが、「夫婦の世界」。不倫された妻の復讐が描かれる。「韓国TVドラマガイド」の高橋尚子編集チーフはこう話す。

「演技賞の常連であるキム・ヒエが妻役。離婚した夫への復讐がウェットで、とにかく強烈です。見ている人は、怖いもの見たさでつい見入ってしまう作品です」

 英国BBCのドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイク版で、韓国の非地上波テレビドラマ史上歴代最高視聴率28.4%を記録。日本でも7月から放送中だ。

 次のおすすめは、ここ最近、ネットフリックスの総合トップ10にランクインする「サイコだけど大丈夫」。主人公(キム・スヒョン)は精神病棟で働く保護士。自閉スペクトラム症の兄を持ち、自分を抑えて生きてきた。だが、愛を知らない童話作家のヒロイン(ソ・イェジ)と出会い、突拍子もない言動に振り回されていく。

「『梨泰院クラス』のヒロイン(キム・ダミ)もサイコパス役で言葉にトゲがあり、周囲を困惑させるキャラクター。昔は男性のツンデレが流行(はや)っていたのですが、最近は、女性がツンデレで強めの設定が、単純なヒロインよりも多いです。男性は口数が少なく、いざという時にヒロインを守る役」(高橋チーフ)

 主演のキム・スヒョンは、「愛の不時着」の脚本家による大ヒット作「星から来たあなた」(2013〜14年)で人気を得て、本作が除隊後の復帰作となる。

「私の国」(19年)は、高麗末期から朝鮮時代に移り変わる激動の時代を生き抜く若者にスポットを当てた時代劇。ヤン・セジョン演じる主人公ソ・フィは罪人の息子として育ち、病弱な妹を守るために懸命に生きる青年。ウ・ドファン演じる親友に裏切られるも、友情を貫く。ヤン・セジョンを取材したことがある高橋チーフは語る。

「ヤン・セジョンは、甘い雰囲気の愛され弟キャラだったのですが、『私の国』では、激しいアクションでワイルドに熱演しています。役によって全く違う姿を見せてくれるのも魅力的です」

「キム秘書はいったい、なぜ?」(18年)はパク・ソジュン主演。「梨泰院クラス」でのイガグリ頭が印象深いが、本作ではオデコを出して、自分大好きなナルシシストの副会長に。9年間付き添っていたキム秘書(パク・ミニョン)が突然仕事を辞めようとするのを、あの手この手で引き留めようとするラブコメ。「韓流ぴあ」露木恵美子編集長のイチオシ作品だ。

「『梨泰院クラス』と同様、『キム秘書はいったい、なぜ?』もウェブ漫画原作。『キム秘書〜』でのパク・ソジュンは、原作キャラクターとのシンクロ率が200%と好評で、原作ファンからも認められた作品です。歯に衣着せぬナルシシストな名言に、見ているほうが恥ずかしくなり、いつの間にか、パク・ソジュンが素敵に見えてきます」

 キム秘書役のパク・ミニョンは、若い女性のファッションアイコンとして人気の女優。放送・配信間近のドラマ「彼女の私生活」(19年)では、美術館のキュレーターとして完璧(かんぺき)に仕事をこなす傍ら、アイドルの追っかけをするオタクを演じる。

「ヒロインのような追っかけと韓国で遭遇しましたが、カメラに長い望遠レンズを装着してアイドルを撮ってました。現実を垣間見るようで興味深いです」(露木編集長)

 パク・ボゴム主演の最新作「青春の記録」は、9月に配信開始予定。パク・ボゴムは8月31日に入隊が決まっており、入隊前最後のドラマとなる。

「大ヒット作『雲が描いた月明り』でブレークしたパク・ボゴムは、ペ・ヨンジュンの再来と呼ばれ、老若男女から愛される存在」(高橋チーフ)

 今年6月、日本でも提供を始めた動画配信サービス「ディズニープラス」の話題作「マンダロリアン」は、スター・ウォーズの実写ドラマシリーズ。7月28日(米国時間)、第72回エミー賞の作品賞や視覚効果賞など15部門にノミネートされた。映画ライターの村山章さんが解説する。

「今年のアカデミー賞で脚色賞を受賞した『ジョジョ・ラビット』の監督など、第一線で活躍する一流の人たちが『マンダロリアン』を手掛けています。スター・ウォーズへの評価は毎回ファンの愛憎が渦巻くのですが、異例の高評価です」

 第2次世界大戦中の海戦を描いた「グレイハウンド」は、トム・ハンクス主演・脚本の新作映画。映画館で公開されるはずだったが、新型コロナの影響により、上映を断念。「Apple TV+」で配信となった。

「トム・ハンクスは不本意だったかもしれません。ただ、今年は、大作が軒並み公開延期になっているなかで、最新作を観客に届けられたのは配信サービスのおかげでもあります」(村山さん)

 又吉直樹の恋愛小説が原作の「劇場」は、7月17日に映画館と配信の同時公開という新しい試みに踏み切った。コロナ禍の夏休みが良作に出会う機会となってほしい。(本誌・岩下明日香)

※週刊朝日  2020年8月14日‐21日合併号